【アドセンス】ショートレンジなネタとロングネタを交互に狙えば最強になる!

どうも。中卒で元社畜美容師のizuruです!

 

今回はアドセンスなどのトレンドアフィリエイトを実践している方が、中々アクセスが集まらず稼げないと言われるお悩み解決法としまして、「ショートレンジなネタ」と「ロングレンジのネタ」の効率的な使い方に関してお話しして行きたいと思います。

 

この2種類のネタを上手く効率的に狙いこなせるようになれば、SEOパワーが弱いサイトを立ち上げたばかりの初期段階でも早期に渡って結果を出すことができます。

 

基本的な考え方として、ネタを選ぶポイントは検索ユーザーが「なぜそのネタで検索を掛けてくるのか?」と言う事を前提として考えて我々はネタ選定やキーワード選定をしないといけません。

 

リアルビジネスで例えるなら、お客さん(ターゲット)がどんな人で、普段何をしている人なのか?そしてその人は今現在どんな悩みや問題を抱えている人なのか?、何を欲している人なのか?

 

と言う事をイメージする感じです。

 

トレンドアフィリエイトのようなアクセスを集めるだけで稼げる手法ではここまで考える必要はありませんが、まあ、こんなイメージだと解釈して頂ければOKです。

 

では、そのショートレンジネタとロングレンジネタを1つのサイトに集約されていくとどのような事が生まれるのか見て行きたいと思います。

SEOパワーが弱い初期段階のサイトでSEOを強くしていくにはショートレンジネタが効率的


基本的には僕のコンサルなどでも長期的な視点で稼ぎ続けて頂くのをコンセプトとしていますので、あまりショートレンジだけを狙ったネタ選定やキーワード選定はオススメしていません。

 

ただ、SEOパワーが弱いサイト立ち上げ時は、ロングレンジなどのネタやキーワードばかりを狙っていてもアクセスを集めるには時間がどうしてもかかってしまうので、早くSEOを強くして自分の記事が上位表示できるようになるための戦略として考えれば逆に効率的なのです。

 

トレンドアフィリエイトでよくアクセスの爆発が起きるショートレンジネタとして「速報ニュース」などがありますが、初期段階の弱い時期にこのようなショートレンジを狙い、これで一気にSEOパワーを上げていく訳です。

 

それで、自分のサイトはアクセスの流入によってSEOが底上げされ他のライバルとも互角に戦えるようになる訳です。

 

一旦ここまで来れば、その後は安定型のロングレンジネタに移行していくと言うようにしていけば、早期に渡って自分のサイトにアクセスが見込めるようになります。

 

もちろんこれは記事の更新を頻繁に行っての話なので、そもそも記事自体を更新していなかったらこの手法は全く効果がありません。

 

つまり、ショートレンジのネタを狙うと言うことはサイト立ち上げ時の「集客活動」と言う位置づけであり、時間短縮のための手法と言うことになります。

 

トレンドアフィリエイトで稼げないでやめていく人達の殆どが、記事を書いても書いてもアクセスが来ないためやめていきます。

 

しかし、始めからこのような戦略をちゃんと頭の中にインプットして実践していけば、自分のサイトにアクセスが来て確実に稼ぐ事ができてきます。


ショートレンジネタばかりを狙っていても安定しないからダメ!


基本的にショートレンジなネタは、瞬発的に大きな需要(アクセス)はありますが、その話題が過ぎれば大きく需要が減りアクセスは低下していきます。

 

なので、SEOパワーを上げる集客手法としてはモッテコイのテクニックなんですが、長期的な視点で稼いで行くにはやはりショートレンジだけに頼っていたらダメと言う事です。

 

自分のサイトにアクセスが安定して、ある程度記事の更新作業をしなくても収益を獲得していくにはやはりショートレンジよりロングレンジのネタを狙って、キーワード選定もロングレンジ(Googleサジェストやヤフー虫眼鏡)のような複合ワードを狙うほうが長期的に稼げるサイトになります。

 

ショートレンジネタとは、基本的に速報ニュースなどからのネタとなりますがどんなものがあるのか見て行きたいと思います。

 

・芸能人の結婚・離婚・子供の誕生ネタ

・芸能人などの死亡ネタ

・芸能人や一般人などの殺人事件ネタ

・天気(大雨・台風・ゲリラ豪雨)ネタ

・災害(地震・津波)ネタ

 

などなど、まだまだその時々でトレンドになるネタはたくさんありますが、基本的に今現在話題になっているネタやニュースなどがショートレンジネタとなってきます。

 

なので、この話題になっている時期がある程度過ぎればそれ以降は話題性が薄れて行くので、アクセスも減ってくると言う仕組みになります。

 

逆に、ロングレンジなネタと言うのは次のようなネタと言えます。

 

・テレビやメディアに出演する芸能人や一般人のネタ

・CMや広告塔になっている芸能人や一般人のネタ

・芸能人や一般人などのノーベル賞などのオメデタネタ

・有名スポットや知名度のあるイベント、大会などのネタ

・新商品のリリースや新サービスなどのリリースネタ

・有名企業の新店舗や新会社設立などのネタ

・Googleサジェストやヤフー虫眼鏡を活用したキーワード選定で上位表示できるネタ

 

このようなネタは検索ユーザーが長期的に検索し続けるので、安定型のネタと言えます。

 

ただ、上記にもお話した通りロングレンジのような安定型のネタばかり狙うのもまた時間がかかってしまいます。

 

なので、ショートレンジのような爆発型のネタとロングレンジのような安定型のネタを効率的に1つのサイトに集約させてどの方向からもアクセスが見込めるように普段から仕掛けておくのが重要です。

 

※関連記事

⇒SEOパワーが弱いサイト立ち上げ時はロングテールキーワードが有効!


爆発型と安定型のネタやキーワードを効率的に仕掛けておくと最強のサイトになる


ショートレンジは爆発型でロングレンジは安定型の浮き沈みが少ないと言うことは大体お判り頂けたと思いますが、ではどのようにして効率的に仕掛けておくのがベストなんでしょうか?

 

一番の理想は、安定型のロングレンジでかつ収益が見込める程のアクセスが毎日流入しているサイト構築です。

 

もうここまで到達すると、記事の更新は殆どしなくても稼げるようになり、まさに「資産サイト」が完成します。

 

もっと細く言えば、「不労片手間放ったらかし状態でも収益になる」と言う事ですね。

 

ただここで注意してほしいのが、ショートレンジばかりを狙っていても爆発的な要素はありますが、資産にはならないと言うことですね。

 

なぜなら、先程も言いましたがショートレンジは話題性が無くなれば検索ボリュームが減りますので、常にトレンドを追っかけないといけなくなり記事の更新をし続けないと安定しないからです。

 

これでは本当の資産サイトとは呼べません。

 

そう考えるとSEOパワーが付いてくれば圧倒的にロングレンジに移行したほうが、後々楽な訳です。

ただ、人間と言うのはみんな同じ事を考えているのでロングレンジなどの資産になりやすいマーケットは非常にライバルも強かったり多かったりもします。

 

なので、ショートレンジとロングレンジの交互で仕組みを作っていくやり方がどんな状況のサイトでも取り組める最強の手法な訳です。

 

まずは、ショートレンジでサイトのパワーを上げる。そこからライバルと戦えるような力が付いて来ればどんどんロングレンジを狙っていく。このような戦略で進めていくと一番効率的です。

 

サイト構築初期段階(記事数:50~100記事)

・サイト立ち上げ時の最初は、ショートレンジネタ(速報系)をメインに。

・テレビ欄からの芸能人ネタ(ロングレンジ)でもレッドオーシャンは狙わない。

 

 

サイト成長期(記事数:100~200記事)

・この辺りから書いた記事が上位表示されやすくなって来る。

・爆発系のショートレンジと安定型のロングレンジを効率的に狙っていく。

 

 

サイト成熟期(記事数:200~300記事)

・この辺から記事更新をある程度落としても収益化している。

・過去記事も当たりだしている。

・さらに効率的に爆発型、安定型をバランスよく狙っていけばさらに稼げるようになる。

 

このように、双方のバランスで記事を入れていくのが将来への布石になり資産となっていきますので、その時に記事を書いてアクセスが来なかったとしても、それが過去記事となってある日突然話題になり、いきなりアクセスの爆発なんて事もめちゃくちゃありますので、将来への投資として考えれば本当にサイトアフィリエイトってやらないほうが損ですね!

 

 

PS,

僕は現在、PC1台で稼げるようになり自由な生活を実現できる様になりましたが、まだまだこの世界は自分で自立して稼いで行く事に対して思いが薄い方が多いので、ちゃんと自分自身の将来やビジョンと言うものを明確にして、これからも自分1人の力でも稼いでいけるスキルや知識を発信して行きたいと思います。

 

もしあなたが、僕の様な自由にストレスなどとは無縁の人生を送りたいと言う考え方を持っていらっしゃるのであれば、今なら無料でインターネットビジネスで稼いで行ける教科書をプレゼントしていますので、ご興味があれば下記をクリックして今すぐ手に取ってみて下さい。

今すぐ画像をクリック!

Related Posts

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください