ブログ記事を早く書くにはどうすればいい?作業の効率化を図る7つの事

どうも。izuruです。

 

今回は、サイト運営などで切っても切れないブログ記事の執筆について見解していきたいと思います。特にトレンドアフィリエイトなどのビジネスに置いて記事の執筆は収益に直結する大事な要素になりますから、記事を書くスピードが早ければ早いほどコンテンツを量産でき、大きく稼いでいくことも可能になります。

 

従って、記事を書くスピードが逆に遅ければコンテンツの量を増やして行くのに時間が掛かってしまいその分本来獲得できるアクセスも取り逃がしてしまうと言う事になるため、記事執筆の作業スピードを上げる事は最終的に自分の収益にも直結してくる非常に大事な事になります。

 

今回は、記事執筆がどうしても苦手な方や大きく時間が掛かってしまう初心者の方の為に効率よく記事作成が出来てスピードアップする要素を解説していきたいと思います。

まずは文章に慣れる


僕も、初心者の頃は1記事書くのに4~5時間は軽く掛かっていたほうで、やっと書き終えた頃にはかなり体力的にもしんどかったのを鮮明に覚えています(笑)

 

ただ、そんな中でも一番最初に着目したのがなんせ記事なんて書いた事がなかった超初心者だったのでまずは文章に慣れると言う事を徹底しました。要は記事執筆に時間が掛かる原因としてそもそも文章事態に慣れていないと言う事が挙げられます。なので、慣れるまではとにかく文章に触れる回数を増やし「記事全体の構造」や「表現の仕方」などに触れて行くといいでしょう。


最初は完璧を求めない


記事執筆のスピードアップにはこの項目は非常に重要な要素となります。ほとんどの方が最初から完璧を求め過ぎて作業の手が止まってしまうと言う事が挙げられます。

 

これは、性格的な部分が出ると思いますが僕も最初は完璧を求め過ぎて、「書いては見直し書いては見直し」と言う事を永遠とやってしまいかなり時間をロスした経験があります。

 

記事を早く書くには一旦書き始めたら途中で止まらず、下手でも最後まで書ききり全部書き終わった後で見直しをして行った方が圧倒的に時間短縮出来ますので、最初の慣れていない段階では1つの記事に完璧を求め過ぎず取りあえずたくさんの記事を書いて行って経験を積む方が大事ですね。


情報を集めて過ぎたら余計に迷走します


よく、トレンドアフィリエイトなどの記事を書く時もそうですが1つのネタに対して色んな情報源から情報を拾ってきては「どれがいいかな?」と悩んだり、ユーザーに色んな情報を提供して上げたいが為に色んな情報を片っ端から探し回るのはかなり時間をロスする最大の原因になります。

そして、人間と言うものはその情報を探している時に自分に興味があるものにネットサーフィンしてしまったり、動画を見てしまったりして本来の情報集めと言う事からずれた事をやってしまう傾向もあり、過剰な情報集めは余計に混乱したり迷走する原因になってしまいますので無駄なコンテンツ接種には十分気を付ける必要があります。

 

スピードアップの秘訣は、1つのタイトル記事に対して見出し分の情報だけを必要最低限に集めて来ればかなりの時間短縮を図れます。


記事内容の構造をあらかじめ決めておく


タイトルやキーワードを決めていきなり記事執筆と言うのはセオリーではありません。何故なら記事全体の構造を把握してない状態でコンテンツを作ってしまったらかなり時間が掛かってしまうからです。

 

最初に記事の全体像と言うものを計算しておく事によって、最後の「まとめ」まで持っていきやすくなり執筆中の脱線を防ぐ事ができスラスラと書いて行くことが可能になります。スピードアップに繋がる記事構造は「冒頭」「本文」「まとめ」と言う事をしっかりと最初に理解して執筆する事が時間短縮に繋がります。

 

記事と言うのは、結局何回見直しても最後には最終チェックをしますのでまずは内容の構造を把握して取りあえず一気に書き終える事が大事です。


見出しを上手く使う


記事の構造は「冒頭」「本文」「まとめ」と言う流れが基本ですが「本文」中に「見出し」を上手く活用すれば時間短縮に繋がります。時間が掛かってしまうのは「ネタ選定」「キーワード選定」「タイトル選定」「記事執筆」と言う流れで来ていてこの中に「見出し」と言う項目が入っていないケースが多いです。

 

見出しなし=時間ロス 「ネタ選定」「キーワード選定」「タイトル選定」「記事執筆」
見出しあり=時間短縮 「ネタ選定」「キーワード選定」「タイトル選定」「見出し」「記事執筆」

要は、「記事執筆」の前に「見出し」を決めれば後はその見出しに沿って書いて行けばいい話なのでスラスラ書いて行くことが出来ます。見出しを決めずに書いて行くと執筆中に見出しが出て来て、又その見出しについて考えなくてはならないですし長い文章になってしまう傾向もあります。見出しを上手く活用して出来るだけ短い文章でたくさんの見出しを重ねて行くようにすれば時間短縮に繋がります。


見直しは必ず最後に行う


これは僕も慣れていない時によくやっていた事なんですが、記事執筆中に気になる箇所があればその場ですぐに修正してしまう事です。

 

冒頭でもお話しましたが、記事を書き初めたら下手でもいいので取りあえず一気に最後まで書いてしまいましょう。何故ならその都度その場で修正していたらいつまでたっても記事が完成しません。

要は途中で見直しをしていたら、かなりの時間ロスになり一向に進まないんですね。記事執筆には集中力が必要ですので書くと決めたら一気に書いてしまい最後に見直しをした方が圧倒的に時間短縮になります。


1日の目標記事数を決める


1日に執筆する記事数の目標を明確に決める事によって、それを達成するためにはスピードを意識して取り組まないと行けないと言う強制力が生まれ早く書けるようになる訓練が出来ます。

 

コンテンツを量産できるようになるのは、とにかく最初は記事を下手でもいいので書きまくり慣れる事が重要です。なので、自分で決めた1日の記事数を絶対に達成すると言う強いマインドを持ち取り組む事が大事です。


最後に


記事を早く書くコツはその他にも「運動」とか適度な「休憩」などがありますが、どれも一見執筆とは関係ない要素かと思われますが、意外とこの2つも重要な部分になり体を動かすことによって脳への働きが活性化され記事を書く効率が上がります。

 

僕も一気に作業をやりがちだったのですが、休憩すべきところは休憩して脳に空白を与える事も継続していく部分に大事な事になりますので是非記事執筆に時間が掛かる方や効率化を図りたい方は参考にしてみて下さい。

 

今ならネットビジネス初心者さんが稼げる様になるまでのルートを示したパスポートを完全無料でメルマガ読者さん限定で絶賛プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です