nofollowタグでリンクのSEOパワー漏れを防ごう!

こんにちは。izuruです。

 

今回は、トレンドアフィリエイトなどのブログ記事を書いていくと他のサイトのリンクを貼る事も多くなってくると思います。他のサイトつまり、外部のサイトにリンクを飛ばすと自分のサイトのSEOパワーが飛ばしたサイト先に受け渡してしまう事になります。

 

引用や出典などを用いて外部のサイトにリンクを飛ばす(発リンク)事が多いと思いますが、これをするたびにあなたのサイトのSEOパワーを相手に与えている事になります。

 

従って、このSEOパワー漏れを防ぐ有効な手段として「nofollow(ノーフォロー)タグ」を使用すれば、Googleの検索エンジンのクローラーに「リンクは貼りますがSEOパワーを持って行かないで!」とリクエストする事が出来ます。

nofollowタグの使い方


基本的に、外部から被リンク(リンクを受ける事)を受けたサイトはGoogleから良質なサイトと言う風に認識され、SEOパワーが上昇し検索エンジンに上位表示されやすくなります。例えば、多くのサイトから被リンクを受けているまとめサイトの「ネイバーまとめ」や「2ちゃんねる」などのサイトはSEOパワーが強いのはそのためです。

つまり、自分のサイトから外部へリンクを飛ばす度に自分のサイトのSEOパワーが弱くなっていくと言う事になり、逆を言えば相手サイトのSEOパワーを強くしてしまっていると言う解釈も出来ます。これを解決してくれるのがnofollowタグと言う事です。

 

使い方は非常に簡単で、貼りたいリンクタグの後ろに「 rel=”nofollow”」と着けたらいいだけです。分かりやすく説明すると例えば、当サイトは「http://izuru-yi.net/」ですから、「http://izuru-yi.net/” rel=”nofollow”」とリンク先の後ろに”nofollow”タグを付けるだけです。

 

これをワードプレスのビジュアルモードからテキストモードに切り替えて、「a href=”http://izuru-yi.net/” target=”_blank” rel=”nofollow”」とすればOKです。(別のウインドで開いている場合「” target=”_blank”」がない場合)はそのままリンク先の後ろにnofollowタグを挿入すればOKです。一回一回、”nofollow”タグをコピーして貼り付けるのはかなり面倒くさい作業になりますので、プラグインの「AddQuicktag」を使えば簡単に挿入する事が出来ます。

 

⇒アドセンス広告をワンタッチで挿入できるAddQuicktagの導入方法を解説

トレンドアフィリエイトなどを実践していると、画像や動画などの出典リンクなどで多くの発リンクを飛ばす事になりますので、必ずやっておきたい対策の一つですね。

 

今ならネットビジネス初心者さんが稼げる様になるまでのルートを示したパスポートを完全無料でメルマガ読者さん限定で絶賛プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です