SEO対策の重要性はGoogleのビジネスモデルを理解しよう!

こんにちは。izuruです。

 

今回は、SEOのスキルアップの為にGoogleのビジネスモデルをしっかりと意識して理解しておかなければ、ネットビジネスからの収益やあなたのコンテンツが検索結果の圏外に飛ばされてペナルティーと言う事になってしまう可能性もありますので、今一度Googleと言う企業の信念や経営方針と言うビジネスモデルをしっかりと理解する様にしましょう。

Googleのビジネスモデルとは?


トレンドアフィリエイトの様なサイトを運営していくネットビジネスは、とにかく記事を上位表示される為に色んな対策や秘策を打ってライバルより自分のコンテンツが検索結果の上位に来るように考えます。

 

ここで注意しなければいけない事が「どうやってライバルより上位表示させてやろうか!」と鼻息を荒くして上位表示させる事ばかりにフォーカスしてしまう実践者の方が多いのですが、冷静になって考えないといけない事がGoogleのビジネスモデルです。

 

Googleとは、今や世界最大規模の検索エンジンを運営している企業でその他にもクラウドサービスやITを駆使してビジネスを展開している最先端の企業です。

 

そのほとんどの収益母体の8~9割が検索エンジンからの「検索連動型広告」と言われるもので、圧倒的なクオリティーと利便性が検索ユーザーから支持され今日まできたのです。

元々は、検索エンジンの企業として台頭していましたが現在では「Gメール」や「Googleマップ」と言った僕たちの生活に役に立つツールを無料で提供していてアメリカでのシェアは65%にも達し、いかに検索エンジンが世界中の人から利用されているのかがわかります。


ネットビジネスはGoogleのビジネスモデルを理解すれば収益に直結する


ネットビジネスなどの個人がサイトやブログを運営しているビジネスの大半が集客経路として利用している検索エンジンですが、自分の利益だけを優先してサイト運営を行い、検索ユーザーの目線に立ってないコンテンツ作りなどは広告を主な収益源としているGoogleからしてみれば好ましくないと言う事です。

 

つまり、Googleからしてみれば「Google、広告主、検索ユーザー、サイト運営者」と言う順でこれら全てがwin-winの関係にならならなければ行けないと言う事であり、これら一つでも欠けてしまうと検索ユーザーのための検索エンジンでなくなってしまうために僕たちサイト運営者がやるべきことは、検索ユーザーに有益な情報や役に立つコンテンツを作ると言う事に尽きるのです。

 

なので、検索ユーザーのためになる記事を書くと言うごく当たり前の法則が導きだされると言う訳であり、その結果Googleの検索エンジンはユーザーにとって有益な情報がたくさん出てくると言う事になり、広告主もGoogleに広告を出したがる様になるんですね。

 

つまり、僕たちがユーザーの為になる記事やコンテンツを作り続ける事によって検索エンジンはユーザーにとって有益な情報が上位表示されていき、その連鎖反応で広告主も広告をたくさん出しGoogleに収益がもたらされると言う事になるんですね。

 

結果的に「Google、広告主、検索ユーザー、サイト運営者」全ての人達がwin-winの関係になりビジネスが成り立つと言う訳です。

 

なので、SEO対策をして記事を書いて行くときは必ずこのGoogleのビジネスモデルを意識して、ユーザー目線にたったコンテンツ作りをしていきましょう。

 

今ならネットビジネス初心者さんが稼げる様になるまでのルートを示したパスポートを完全無料でメルマガ読者さん限定で絶賛プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です