BLOG

伝えたいことそのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 美容師辞めたい
  4. 美容師は日給月給の日雇い労働者と同じでしょ!?底辺で搾取され続けますか?

美容師は日給月給の日雇い労働者と同じでしょ!?底辺で搾取され続けますか?

どうも。元社畜美容師のizuruです!

 

今回は美容師は日給月給制の日雇い労働者と同じなのか?と言う概念で紐解いていきたいと思います。

 

僕の見解からすると、雇われて給料を貰う立場の美容師であれば間違いなくこの労働条件になるんではないかなと思います。

 

だって、条件的に出勤した分の日給は貰えますが休んだ分の日給は当然加算されないので、結局は日給月給制の日雇い労働者と全く同じではないかなと思います。

 

そもそも、この業界に有給制度なんてほぼないですし、固定給制で休んでも固定で一定額が保証されているシステムを導入しているお店なんか全くと言っていいほどありません。

 

しかもトドメを刺すような事を言いますが、社会保険などの福利厚生も存在していません。

 

今となっては、ごく少数ですがやっと福利厚生などを考えて導入している美容室も中にはありますが、それでも業界全体を見渡せば殆どのお店や会社がこのようなシステムがありません。

 

だって、社会保険や福利厚生などを導入すれば経営者が数パーセント負担しないといけないですからね。

 

それって、経営者側からするとデメリットしかないわけですからね。

 

要は、いつ辞めるかわからないような美容師のためにそこまでのリスクは負えないと言った感じでしょうか?

 

まあ~オーナーの立場であればわからなくもないです。

 

ただ、雇われている側はこんな感じで何の保証もないまま毎月出勤した分だけの労働対価を貰い続けると言う生活を繰り返す事になります。

 

この生き方ってかなりリスキーだと思いませんか?

美容師はそもそも日給月給のポイントを把握しておこう


やはり美容師という立場上毎月低賃金で働くことになりますので、最低限お金の知識や収入の得方のポイントを把握しておいた方がいいと思います。

 

美容師という肩書きは外から見れば綺麗に聞こえるかもしれませんが、出ている収入やお金のシステムというのは日給月給制となんら変わりありません。

 

つまり言い方を変えればその辺の土木作業で日雇い労働者として働いているような給与体系と全く同じであるということです。

 

はっきり言ってこれからの時代は綺麗な肩書きより、最低限お金に困る事のない生活を維持する方が100倍大事だと思います。

 

にもかかわらず多くの美容師はやはり外見の身なりや 見た目の華やかさにつられて、いくら収入が低くてもなぜか情熱を注ぐ人が多いように思います。

 

お金の事は生きていく上で必ず必要なツールになりますのではっきり言えば美容技術を向上している時間があるのであればお金の勉強をした方が10倍も100倍も人生にとって価値があると僕は思っています。

 

特に雇われの場合は日給月給制がほとんどになりますので1日単位として賃金を決め、そこから出勤した分と休んだ分を計算して毎月一回賃金として支払われるシステムとなります。

 

つまりこの仕組みの中で労働をしている限り自分の体が動く時はお金が得れますが、体が年齢とともに動かなくなってきたり体力的に続かなくなることは人間であるがゆえいずれ来てしまいますので、その後にどんな人生や生活が待っているのかを考えて行動しておく事が極めて重要です。

 

もちろん労働日数が少ない月などは、1ヶ月の給料もどんどん減っていくことになりますので自分の体力次第で収入がコントロールされてしまうリスクがあるということです。

 

普通の一般企業のサラリーマンとかであれば有給休暇や固定給などによってある程度休みを取っても1ヶ月の賃金は固定保証される待遇などがありますが美容師の世界でそのようなことは一切ありません。

 

全ては体力勝負になってくる仕事なので相当な健康管理と体調維持というものが自分の収入に直結すると言うことです。


美容師もただの日雇い労働者と同じです


ちょっと前に非正規労働者というようなキーワードがニュースになりましたが、今現在でも厚生労働省の調べでは3500万人以上が非正規労働者として君臨していると言われています。

 

これは美容師の業界でも例外ではなく、この3500万人の中に美容師も含まれているということです。

 

年々非正規労働者は右肩上がりに増加傾向にあり貧困の時代を象徴する時代になってきています。

 

これに対してセーフティネットがうまく機能しているのかといえば全くそうではなく、国もこの問題に直面しては年々対策案が生み出せない事態になっています。

 

結局毎年国が同じことを言っているのはまさにこのことですよね。

 

さらには子供たちの世代にもそのしわ寄せがはっきりと寄せられています。

 

例えば家計の経済的事情が厳しいというわけで子供の通学に対する定期代を少しでも安く上げるために学校までの数十 km を自転車通学をしている家庭なども目につきます。

 

その他にも両親が国民健康保険などを払わず無保険の状態で病院に行くことすらできない子供がいるのも現実として起こっています。

 

このような経済的事情で毎日のライフスタイルを圧迫している家計が多く、特に美容師のような低賃金収入であれば本人だけではなく子供にまでそのしわ寄せがのしかかってきている家庭もかなり多いのです。

 

毎日を必死に働き、 家庭や子供のために 労力を使っているのかといえば果たしてそうではない家計も存在しています。

 

食べていくためには毎日頑張っていると思われますが、一概にもそうでは言えないわけであり中には稼いできたお金をギャンブルに使ったりコンビニで1000円以上の買い物をすることに全く疑問すら思っていない美容師もかなり多いです。

 

ただでさえ収入が低い底辺の職業であるがゆえに仕事でストレスの溜まった感情をタバコやお酒に費やしまくり、今の現状から収入を増やそうとは考えもしません。

 

要は毎日の生活が経済的厳しいがゆえにこのような事態になっているのにも関わらず、給料をもらった途端にひたすら消費に走る美容師があまりにも多いような気がします。

 

目先の1000円や1万円をひたすら追っかけ、 ただ日給月給制の日雇いで食べていくだけの生活をやむを得なく行なっています。

 

これではひたすら給料をもらっては消費に回し、また来月給料もらっては消費に回すというような負のスパイラルが完成し、一向に収入は増えないどころか年齢とともに働けなくなるので今の現状を続けている限り年々右肩下がりに収入は減っていくのです。


どんな業種でも日給月給制のほうが会社にとってメリットで労働者側は搾取される構図


まず、美容師の働き方について「教えてgoo」でこのような質問がありました。

 

息子のことで相談です。今年専門学校を卒業し美容師として就職したのですが、あまりの現実のひどさにただただ驚くばかりというよりは腹がたってきます。会社によって違うのかも知れませんが12時間以上の労働時間に社会保障もつかず体調が悪くて休むと月給がカットされるというのはどういう事でしょうか?また、店舗異動で労働時間が変わっても給与は変わらないとは・・就職の際も何の書類も提出も用意もすることなく・・・いったいこの世界の就業規則はどうなっているんでしょうか?

出典https://oshiete.goo.ne.jp

 

まあ~そりゃ親の立場からすると子供の想う気持ちと、不安になるのは理解できます。

 

なんせ、業界自体が超ブラックでクソにまみれていますからね。

 

結論から言えば前提として日給月給制は会社や企業側である経営者の方が圧倒的有利な一面があると言えるでしょう。

 

逆を言えば雇われている側にデメリットが存在し、一定額の収入システムではないということです。

 

例えば働いてる側が出勤した分にしか賃金が発生しないため、休みや祭日が多い月には基本的に収入が減少するわけです。

 

美容師の場合は土日祭日は基本稼ぎどきなので休むことはできないと思いますが、普通の企業ではこのような構図になってしまいます。

 

つまり経営者側は、無駄な賃金が発生しないためノーリスクで人材を雇うことができるというわけです。

 

会社としては出勤日の日数が明らかに少ない月でも、一定額固定した賃金を支払う必要がないのでリスクがないと言えます。

 

逆を言えばこのシステムは働いている側からすれば非常にリスクで厳しい環境と言えると思います。

 

そしてもう一つ経営者側がメリットなことは、日給月給という名前の通り出勤した分の日給を計算してそのまとまった賃金を1月に1回支払えばいいということです。

 

もちろん日給として1月分の給料を計算しますが、その賃金の支払いが1ヶ月単位となり日払いなどと比べると経費の支出を遅らせるメリットがあるんですね。

 

更にはゴールデンウィークやお盆、年末年始などの国民的休日が多い月には自然に出勤日数が減少しますので経営者にとっても日給月給の場合は多く賃金を支払う必要がなく人件費の削減にもってこいのシステムと言えます。

 

これは美容師でも全く同じことが当てはまりお盆や年末年始で美容室を休むところも非常に多いので、このような月は普段と比べて給料が少なくなってしまいます。

 

考え方は非常にシンプルで、美容師という職業柄日給月給制を導入して人材を雇っているお店が非常に多いですのでやはり雇われている美容師側は 一定のリスクを背負わなければいけないということですよね。

 

どちらにしても特に男性は長く現役として続けられる仕事ではありませんので、どこかで見切りをつけて将来像を明確にし美容師を出来なくなった後のことを今から計画して考えておくことは必須な時代だと思います。

 

 

PS.

僕も13年間いろんな形態の美容室で働いて来ましたが、やはり低賃金や長時間労働に嫌気が差して美容師を辞めました。

 

今の時代は個人でも自分1人で稼げる力を身に付ければ、圧倒的に自由で豊かに生活ができますしストレスとは無縁なライフスタイルを築く事もできます。

 

今現在の僕の生活はまさにそんな感じで、美容師を辞めてからと言うものPC1台で起業して自分の好きな時間に起きて自分の好きな時間に寝ると言った誰にも干渉される事のない生活基盤を築く事ができました。

 

もしあなたが僕のような自分1人でも稼ぐ力を身に付け、自分の好きな事だけをして生きて行きたいと思われるんでしたら、今なら無料でPC1台で稼いで行ける教科書【NEOAffiliate】をプレゼントしていますので、ご興味があれば下記をクリックして今すぐ手に取ってみて下さい。

※ダウンロード者数1000名突破!今すぐ画像をクリック!

Related Posts

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

管理人izuru

元美容師

美容師特有の低賃金長時間労働や人間関係の悪化をキッカケに退職

 

その後PC1台で起業し現在はオンラインコミュニティ運営やブログを使ったWEBマーケティングビジネスを展開し月収300万円達成

 

2018年2月サイトM&A月収300万円達成

 

2018年3月情報発信ビジネス(プロモーション)月収300万円達成

 

2019年2月ブログのみの累計収益1200万円達成

 

コンサルティングなどにも力を入れており、PC1台で副業からでも月収30万円以上の実績者を輩出中!理念は「たった1台のPCからワンランク上の生き方をしよう!」で活動中

 

好きなモノ→「焼き肉、お酒」

嫌いなモノ→「セロリ」

 

⇒詳しいプロフィールはこちらです!

【無料コンテンツ】NeoAffiliate 

PC1台で稼いでいくためのインターネットビジネス初心者向けの教科書です。

 

動画&テキストは優に100を超える圧倒的ボリュームで超有料級のコンテンツだと多くのトップアフィリエイターの方に称賛されています。

 

期間限定でメルマガ登録者だけに今だけ無料でプレゼントしています。お早めに!

 

⇒教科書を受け取りizuruと一緒に頑張る!

実績

2016年8月アドセンスアフィリエイト副業で月収16万円達成

 

2017年2月アドセンスアフィリエイト副業で月収38万円達成

 

2017年6月13年間の美容師人生に終止符を打つ

 

2018年2月サイトM&A月収300万円達成

 

2018年3月情報発信ビジネス(プロモーション)月収300万円達成

 

2018年12月特化型サイトアフィリエイト(自動化)月収60万円達成

 

2019年2月ブログのみの累計収益1200万円達成

BLOG RANKING

 

にほんブログ村 小遣いブログ 不労所得へ

 

 応援ありがとうございます!