BLOG

伝えたいことそのままに

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Googleアドセンス
  4. アドセンス広告の単価低下とクリック率が下る原因や対処法を見よう!

アドセンス広告の単価低下とクリック率が下る原因や対処法を見よう!

izuru
izuru
こんにちは元社畜美容師のizuruです!

今回はGoogleアドセンスの広告単価とクリック率が低下する原因や対処法を解説して行きたいと思います。

アドセンスの広告単価(CPC)とクリック率(CTR)が下る原因はいくつかありますが、実際にあなたのサイトが下がったとしても根本的な原因は必ずありますので、まずは冷静になって対処していけば慌てる必要はありません。なので、「なぜ下るのか?」と言う事を突き詰めて解明していけば、答えが見出だせると思いますので今回はその辺を見て行きたいと思います。

アドセンス広告の単価低下の原因をまず見ていきましょう


まず、Googleアドセンスの公式ではこのように公表しています。

クリック率やページ RPM が低下する原因としては、サイトのデザインが最適化されていないことや、ターゲットが正しく設定されていないことが考えられます。サイト訪問者は広告を見たとしても関連性を見い出せずクリックしなかったか、広告をまったく見なかったと思われます。クリック率やページ RPM が低下すると、通常、収益は低下します。

とありますが、まず自分のサイトが何を発信しているサイトなのかをちゃんと意思表示する事です。

要は、特化型サイトのような専門性に優れたサイトであればひと目で何を発信しているサイトなのかが分かりますがトレンドサイトのようないわゆる「ごちゃ混ぜ」で、ジャンルが特定されていないサイトではターゲットが正しく設定されていないとGoogleからみなされてしまい結果的に広告単価が下がる傾向があると言う事です。

他の要因でも、毎月月初めの広告単価は下る傾向があります。逆に、毎月月末は広告単価が上がる傾向があります。

なぜなら、アドセンスの広告から自社の広告を出している企業側が増加して、出稿される起業が増えるために広告単価は上がる傾向があります。このように、アドセンス広告で稼いでいる人であれば一度は広告単価の変動で収益が上がったり下がったりした経験はあると思います。

また、毎年3月にもなれば企業の決算月にもあたるのでそれと連動してアドセンス広告の単価はかなり上がる傾向がある分、4月にもなればまた落ちる傾向が強いのでその反動が大きくなるケースが多いですね。

 

つまりは、これもすべてサイトの属性やジャンル、コンセプトなどにすべて影響されやすく、専門性が高ければ高いほど広告単価も高くなると言う事ですね。僕は特化型サイトを複数運営していますが、やはり専門性が高いと言う事で単価が30~40円台をキープしています。

アドセンスの平均単価が25~30円と言われていますから、平均値より上のレベルを維持していると言う事になります。ちなみに、ごちゃ混ぜサイトのようなトレンド系では20~30円と言われていますから、やはりブログのジャンルに影響されるのは間違いないと思います。

その他にも、ユーザーからの流入経路(アクセス)がパソコンからなのか、スマホからなのかにもよって広告単価が変動することもあります。基本的には、パソコンからの方が単価は高くその理由としては画面が大きいので広告のサイズも大きくなるからと言われています。

これは単価だけではなく、クリック率も変動してきます。レスポンシブ広告などを記事に設置すれば、広告のサイズがかなり大きいので相乗効果が見込めると思います。

誤クリックは単価を下げる傾向がある


「誤クリック」とはユーザーがサイトにアクセスしてきて、広告をクリックしてくれたのはいいんですが、直ぐに広告から離脱して直帰してしまう事を言います。

主な原因は稼ぎたいエゴが出すぎてしまい、いきなり記事の最初の冒頭文から広告を設置したりして明らかに不必要な箇所に設置している事が考えられます。

初心者さんでよくありがちですが、稼ぎたい気持ちが全面に出てしまい記事の中に広告を貼りまくる人がいますが、これは返って逆効果です。

逆効果どころか、Googleから評価を下げて上位表示できていた記事も検索順位を下げてしまう原因になります。なので、バランスがよくクリック率も平均して維持できる「記事上」「記事中」「記事下」のバランスで配置していくのがベストだと思います。

アドセンスの平均クリック率が1%未満と言われていますので、この配置で広告を設置して行くと間違いなく1%未満かそれ以上のクリック率は見込めるでしょう。

クリック単価やクリック率を下げてしまう広告設置もあるので気をつけましょう


基本的にバランスのいい配置は上記のような配置ですが、逆にクリック単価やクリック率を下げてしまう設置の仕方もあるので注意が必要です。

記事の文章中に広告を設置するのはナンセンス。

そもそもユーザーは記事を読みながら下にスクロールしていくので、文章を読んでいる最中に広告には目が止まらない事がほとんどなのです。

ユーザーにとって興味がある文章や、有益な事が書かれている文章であれば尚更途中で広告をクリックすることはまずないでしょう。むしろウザがられるだけです。

なので、文章をすべて読み終えて情報を知り得る事ができた後で初めて広告をクリックしてくれる行動に出る訳なので、基本的にクリック単価やクリック率が高いのは「記事下」の広告になります。

記事が薄っぺらいとクリック単価も低いしクリック率も低い。。

検索ユーザーは何かを調べたくてあなたのサイトやブログにアクセスしてきます。解りやすく言えば、ユーザーは何か悩みや問題を抱えているのでそれを解決したいがために情報を求め検索窓に調べたいキーワードを打ち込む訳ですね。つまり、検索ユーザーはあなたに質問をしてるんです。

質問をしている訳ですから、我々発信者側はその答えを導いてあげる義務があると言うことですね。にもかかわらず、アクセスしてきたユーザーにとって全く情報が無いものや、内容が少ししか書いていないような薄っぺらいものだったらどうでしょうか?

 

僕であれば直ぐにその記事から離脱します。。

だって、読んでいても自分が求めている情報がないので面白くないし、他のサイトはいっぱいあるのでそちらにアクセスします。と、ユーザーもこのように思っているはずです。^^:

なので、結論から言えば内容が無く薄っぺらいコンテンツはそもそも最後までスクロールして貰えないので、広告に興味を引くことはまずないと言えます。あなたも一度ぐらいは経験あると思いますが、記事にアクセスしてバーッと下にスクロールして速終わり!なんて事ありますよね?

要は、それと同じですね。一番大事なのは、あなたが書いた記事タイトルからアクセスしてくれたユーザーの質問に対して「答え」を導き出す記事を訪問者に提供していく事です。

このような記事が量産できれば、必ずあなたのサイトのクリック単価やクリック率の低下は改善されるでしょう。その結果、漏れなく稼げるようになります。

広告と広告の距離が近すぎるとクリック単価やクリック率の低下に繋がる


これは単価やクリック率うんぬんの前に、アドセンスポリシーの違反項目に含まれていますので、広告と広告の距離が近すぎて設置している人は直ぐに距離を離してバランスを取ったほうがいいですね。

距離が近すぎると、記事を読んでいるユーザーにとって邪魔でしかなく不快感を与えストレスの原因になります。ストレスを感じてしまったユーザーは、その記事から直ぐにでも離脱する行動を取るので結果的に広告をクリックしてくれることはありません。

なので、自分が稼ぎたいエゴではなく全てはユーザーのために読みやすい記事で情報を提供していく。

と言う事がアドセンスで稼いでいく本質になりますので、絶対にここは押さえておきましょう。

記事やコンテンツの滞在時間が長いとクリック率が上がる


シンプルに言えば、滞在時間が少ないサイトは直ぐに離脱されている可能性が高いので、当然広告をクリックしてくれるユーザーも減ると言う事ですね。たまに僕のコンサル生でもいますが、アクセス(PV)が集まっているのにイマイチ収益が伸びないと言う悩みをよく聞きます。

これはまさに、クリック率が低いと言う事が考えられおそらくサイトの滞在時間が低かったり、記事の構成がクリックしたくなるようにレイアウトされていない事が考えられます。

サイトの滞在時間が長いと言うことは、検索ユーザー(訪問者)がじっくりと記事を読み興味を感じながら下にスクロールしていく訳ですから、そこから初めて広告に目が止まりクリックしてくれると言う事です。

つまり、最初にアクセスした段階でおもしろそうな記事なのかそうでないのかが判断され、興味を引かない記事であればその時点で離脱され広告まで到達しないと言うのが現状です。

ちなみに、最初にユーザーがその記事に興味を引き読むか読まないかを判断するまでには3秒と言われています。

その3秒間で、稼げるか稼げないかの命運が分かれるので自分のサイトはちゃんと情熱を持って運営していき、全てはユーザー目線で価値提供していきましょう。

PS.

izuru
izuru

副業からでもブログサイトを立ち上げ、アフィリエイトで収益化をしていきたい方は僕が無料でメール配信している『月収10万円アフィリエイト講座』にて詳しく収益化までの道のりを解説しております。

さらに、今だけの数量限定で資産ブログで稼ぐ初心者向けのテクニカルマニュアルを無料でプレゼントしておりますので、興味があれば今すぐにゲットしておいてください^^(100本を超える動画収録の圧倒的コンテンツ量です!)

■izuru:1977年2月2日生まれ:45歳元美容師

美容師特有の低賃金長時間労働や人間関係に嫌気がさし退職。

その後PC1台で起業し、現在はオンラインコミュニティ運営やブログを使ったWEBマーケティング(WP構築・収益に即したレイアウト・SEO・アクセス集客)を展開中。

コンサルティングなどにも力を入れており、PC1台からでも月収10万円~70万円以上の実績者(主婦・会社員・美容師・フリーランス)の方々を輩出中!

理念は『たった1台のPCからワンランク上の生き方をしよう!』で活動中。

好きなモノ→『焼き肉、お酒』

嫌いなモノ→『セロリ』

【実績】
■2016年ブログアフィリエイト副業で月収16万円達成
■2017年ブログアフィリエイト副業で月収38万円達成
■2017年13年間の美容師人生に終止符を打つ
■2018年サイトM&A月収300万円達成
■2018年情報発信 月収300万円達成
■2018年特化型サイトアフィリエイト月収60万円達成
■2019年ブログアフィリエイト累計収益1,300万円達成
■2019年情報発信 月収920万円達成
■2019年情報発信(自動化)月収120万円達成
■2020年情報発信(自動化)月収340万円達成
■2021年 年収2,000万円達成

こちらのコンテンツもよく見られています!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人izuru

元美容師

美容師特有の低賃金長時間労働や人間関係に嫌気がさし退職

 

その後PC1台で起業し現在はオンラインコミュニティ運営やブログを使ったWEBマーケティング(WP構築・収益に即したレイアウト・SEO・アクセス集客)を展開中!

 

コンサルティングなどにも力を入れておりPC1台で副業からでもブログから月収10万円~70万円以上稼ぐクライアントさんを多く輩出中!

 

理念は「たった1台のPCからワンランク上の生き方をしよう!」で活動中!

 

好きなモノ→「焼き肉、お酒」

苦手なモノ→「セロリ」

 

詳しいプロフィールはこちら!

実績

2017年ブログフィリエイト

副業で月収38万円達成

 

2017年13年間の美容師人生に

終止符を打つ

 

2018年サイトM&A月収300万円達成

 

2018年情報発信 月収300万円達成

 

2018年特化型サイトアフィリエイト

(全て外注)月収60万円達成

 

2019年ブログアフィリエイト

累計収益1300万円達成

 

2019年情報発信 月収920万円達成

 

2019年情報発信(自動化)

月収120万円達成

 

2020年情報発信(自動化)

月収340万円達成

 

2021年年収2,000万円達成

【無料】月収10万円メール講座

 

まずはブログから月収10万円を稼いでいくためのインターネットビジネス初心者向けの教科書【Neo Affiliate】と月収10万円ブログメール講座を無料でプレゼントしています!

 

動画&テキストは100を超える圧倒的ボリュームで、超有料級のコンテンツだと多くのトップアフィリエイターの方に称賛されています。

 

200本限定でメール講座登録者だけに今だけ無料で受け取る事ができます。お早めに!

 

教科書を受け取りizuruと一緒に頑張る!

ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログ 不労所得へ

 応援ありがとうございます!