美容師はプライドが高いから給料が低いし稼げないんだよ!

どうも。元社畜美容師のizuruです!

 

今回は美容師のプライドについて見て行きたいと思います。

 

美容師ってプライド高いですよね。

 

ハンパなく高いですよね。

 

僕の見解から言わせて貰うなら、プライドが高いから給料や収入が低いんだと思います。

 

よく美容師って、給料低いとか自分の時間がないとか色んなコトを言う人が多いですが、それって結局自分のプライドが邪魔しているんですよと言いたいですね。

 

僕も美容師時代は負けず嫌いだったのでかなりプライド高い部類に入っていたと思いますが、今考えると当時僕もかなり給料が低かったしそれこそ手取りで月収23万とかの世界でした。

 

なんで自分はこんなに毎日頑張っているのに、給料が低いんだろうと思っていましたが結局それって自分のプライドを守るために行動しなかったツケが全てそこに集約されていた事に気付きました。

 

それからと言うもの、自分はこのままの生活環境では人生豊かになれないと思ったので、今までのプライドは全て捨て美容師以外から収入を得る行動をとった訳です。

 

つまり、プライドを捨ててゼロになったんですね。

プライドは自己防衛のための単なる見栄


美容師って多くの人がカウンセリングや施術が終わるフィニッシュの時に、お客さんから注文をつけられたりやり直しを告げられると、あからさまに嫌そうな態度を取る美容師とそうではない美容師がいます。

 

僕も美容師を辞めてから、色んな美容室に髪を切りにいく時がありますが明らかに態度がデカい美容師もいれば、カウンセリングから丁寧にこちらの要望を聞いてくれて最後まで気分よく施術をしてくれた人もいます。

 

これは、安い店だからとか高い店だからと言うことではなく値段関係なしにこのような2極化になります。

 

僕も正直、美容師時代には自分の技術は長年の労力と時間を惜しみなく投資してきた結晶だと思っていたのでプライドをもって仕事をしていました。

 

自分ではそのプライドを傷つけられたお客さんにも、なるべく顔には出さず淡々と仕事をするのが本当のプロだと思っていたので、当時はその態度がお客さんに出ていたかはわかりませんが自分にとっていわゆる「嫌なお客さん」にはやはり心の片隅で避けていたのかもしれません。

 

でも美容師ってみんなそんなモノだろうと当時は思っていましたし、どんな美容師でも自分に合わないお客さんは存在するので、「向こうが自分の技術を理解しないだけ」と思っていました。

 

なので、美容師って基本自分のプライドを傷つけられたら見事に顔色を変えて「ムスッ」となる人が多いし、当時の僕もなるべくしないようには心がけていましたが、他人から見ればそう写っていたんだと思います。

 

多くの美容室に来るお客さんが、美容室ジプシーになっているのも自分の髪質やクセと性格を本当に理解してくれる美容師がいないからだと思います。

 

つまり、プライドが高過ぎる美容師が日本には多すぎてちょっと注文をつけ足しただけで、そもそもお金をもらっている事を忘れている人が本当に多いです。

 

これでは、お客さんは「やっぱり言うのやめておけば良かった」「もうこの人には頼まない」となるのは当然の成り行きです。

 

本質をたどれば、雇われている美容師なんてそもそも自分が経営者ではないのでお店の売り上げや集客のことなんて1ミリも考えていない訳であって、とにかく出勤さえしていれば決まった給料が貰えるマインドなので自分のプライドが前提にあって仕事をしている人が多いです。

 

だって、別に失客しようが売り上げが落ちようが経営者ではないので、自分のスタイルを押し通す訳です。

 

 

 

日本の美容師ってこんなんばっかですよ

 

 

 

僕は、美容師を辞めて自分で起業したからこそ外からの目線で今語っています。

 

確かに元美容師で美容師としての経験はありますが、今現在は全く美容師でもありませんのであくまで第三者的な目線で語っています。

 

この商売って、お客さんが店に来店してくれるから自分の技術や今までの経験を提供できるが前提にあるのに、なんでそこで「俺様」的な態度なんだよ。

 

確かに、中にはとんでもない事を言ってくる悪質なクレーマーも存在します。

 

これは僕も経験していますのでわかります。

 

でも、そうではないホントに普通のお客さんにも注文をつけられただけで、バックルームでああだこうだと嘆いている奴って本当に多いです。

 

常日頃からストレスが溜まっているのかもしれませんが、そんなに嫌なら美容師なんて辞めちまえばいいのにと僕は思います。

 

なんでそんな仕事をやってんの、と。

 

でも大半の美容師が生活がかかっているから辞めれないとか情けない事を言う訳です。

 

 

いやいや、さっきまでのプライドや俺様はどうしたの?

 

 

 

そこだろ、本領を発揮するところは!

 

 

そんなにストレスがたまり、自分のプライドを押し通したいんならいつまでも人に雇われている事なんかやめて自分で起業して自分の力で稼げるようになれと声を大にして言いたいです。

 

 

そこだろ、プライドを持つところは!

 

 

※関連記事

美容師の講習会や無料のクソセミナーには参加するな!時間の無駄だから!


給料が低いとか稼げないとか言っている美容師はプライドが高いからだ!


結局、雇われている場合でも自分で店を経営している場合でも、収入が低いと言っている美容師は全てにおいてプライドがあるからです。

 

そもそもビジネスって「価値」「価値」の交換です。

 

これ以外でもこれ以下でもありません。

 

顧客が求めているニーズに対して、「価値」を提供する。

 

その対価として「お金」を頂く。

 

つまり、顧客は問題や悩みを抱えている訳です。

 

自分の髪質がスゴいクセ毛だったり、自分の体がスゴい太っていて痩せたかったり、自分の顔にシミがあって取り除きたかったり、このように人間何かしら必ずコンプレックスや悩みを抱えているものです。

 

そんな悩みをいち早く解決して上げれる商品やサービスを提供して、その対価としてお代を頂く。

 

これがビジネスの原理原則です。

 

稼げない人や収入が低い人は、この「価値」を顧客に提供できていないから自分の収入が低い訳です。

 

つまり言い換えれば、自分は悩みや問題を抱えている人達に価値を提供できていない人間なんだと自覚する必要があると言う訳です。

 

多くの人がこの自覚ができていません。

 

なぜならプライドや見栄が邪魔して、それを認めようとしないからです。

 

 

ハッキリ言ってこんなの愚か以外ないですよ

 

 

良くあるパターンが、低料金サロンの安売りチェーンにいる雇われ美容師が工場の流れ作業のような仕事をしているのになぜかやたらプライドだけは鬼のように高いと言うこと。

 

今までは、店のブランド力や集客力で顧客が来店しているのが当たり前の風景だった訳ですが、自分が経営者になって起業すればそんなものは全てゼロになる訳です。

 

どんなビジネスでもそうですが、自分で独立してビジネスを立ち上げれば常に顧客の目線にたって、過去の自分に対する成功体験や栄光と言うプライドをどこまでゼロにリセットできるかが人生を上手く起動に乗せるかの別れ道だと思います。

 

※関連記事

⇒時代遅れの価値観や考え方は100%貧乏になるから今すぐ捨てろ!


美容師は思考重視ではなく暗記重視だからマインドが低い人が多い


もう、ハッキリと言いますね。

 

 

美容師って学力がない世間知らずが多すぎです

 

 

僕も中卒なので、学力なんて全くありません。

 

なので、技術職の美容師になった訳です。

 

しかし、今ではPC1台あれば最高月収300万円稼ぐ起業家として生活しています。

 

別にこれは自慢しているとかそんなレベルの低いお話をしているんではありません。

 

本当に美容師を辞めて良かったと思っています。

 

僕が美容師を辞めたのも、元々収入が低いとか労働時間が長いとか根本的な部分はあったんですが、何よりも美容師のままでは思考の部分がホントにヤバくなると思ったからです。

 

どう言うことかと言うと、美容師ってホントに洗脳されてる人が多いんです。

 

だからそんな環境にいたら、自分はドンドン人生の底部に居続けてしまうと思ったからです。

 

基本、美容師って技術や接客のスキルを店の経営者やオーナーから教えてもらうので全てが「暗記」なのです。

 

これはソフトバンクの孫さんも言っていましたが、

 

日本人はとにかく「暗記重視」で「思考重視」ではない。

天秤に掛けた時に暗記に比重を置くのではなく思考の方に比重を置くべき。

 

と言っていました。

 

つまり、今までずっとオーナーから教えてもらった事をそのまま暗記して自分で考える思考よりもマニュアルに沿ってただやっているだけと言う美容師が量産されてきている訳です。

 

これは美容師だけに限らず、サラリーマンでも全く同じ事が言えます。

 

確かに日本の教育自体が、暗記重視の教育なのでそんな人間が量産されるのは致し方ないのかも知れませんが、そうは言っても美容師の場合はホントに美容業界しか知らない人がかなり多いのも事実です。

 

外の世界を知らないと言うか・・・

 

なので美容師ってやたら、旅行が趣味とか、アートが趣味とか、ファッションが趣味とか、休日には美術館巡りが趣味とか言う人多くないですか?

 

でも、これみんな先輩美容師とかオーナーに洗脳されていることに気付いた方がいいです。

 

そもそも美容師って収入がバカほど低いのに、流暢に旅行なんか行ける訳ないだろうと。

 

どこかで自分はわかっているんだけど、みんな周りがそうやっているから何となく自分も流されてしまう。

 

こんな美容師ばっかですよ。

 

そして、元々プライドが高いのでわかっていても認めない。

 

挙句の果てに人のせいにする。

 

スタッフのせいにする。

 

何ならお客さんのせいにする。

 

絶対自分は曲げない。

 

別に美容師だけに限った話ではないですが、プライドをゼロにしないと結局全部自分にはね返ってきて人生損をするケースが圧倒的に多いと言う事ですね。

 

ビジネス、人間関係、ライフスタイル、全ての面において。

 

人にはそれぞれ生き方があるし、今の生き方がベストだと思えたらそれでいいと個人的には思います。

 

なので、どんなにこの仕事で社畜のように働いている美容師を見ても自分がその生き方に満足して幸せを感じているのであれば否定はしません。

 

ただ、僕自身元美容師として長年経験をしてきてホントにリアルで見た中でも美容師と言う仕事は社会の底辺に位置する職業だと思っているので、僕は僕なりに今後も自分が経験してきた事を素直に発信して行きたいと思います。

 

 

PS,

僕も13年間いろんな形態の美容室で働いて来ましたが、やはり低賃金や長時間労働に嫌気が差して美容師を辞めました。

 

今の時代は個人でも自分1人で稼げる力を身に付ければ、圧倒的に自由で豊かに生活ができますしストレスとは無縁なライフスタイルを築く事もできます。

 

今現在の僕の生活はまさにそんな感じで、美容師を辞めてからと言うものPC1台で起業して自分の好きな時間に起きて自分の好きな時間に寝ると言った誰にも干渉される事のない生活基盤を築く事ができました。

 

もしあなたが僕のような自分1人でも稼ぐ力を身に付け、自分の好きな事だけをして生きて行きたいと思われるんでしたら、今なら無料でPC1台で稼いで行ける教科書をプレゼントしていますので、ご興味があれば下記をクリックして今すぐ手に取ってみて下さい。

今すぐ画像をクリック!

Related Posts

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください