いい加減残業はするな!非効率な仕事はやめろ!社畜大国日本がヤバ過ぎる!

どうも。元社畜美容師のizuruです!

 

今回は無駄な残業や非効率的な仕事の裏側には社畜大国日本の現状の側面について解説して行きたいと思います。

 

政府の働き方改革で残業は減りつつあるものの、未だに非効率な業務や長時間労働を繰り返している我が国ではありますが、これは日本人特有の教育論から来ているのもではないでしょうか。

 

僕も美容師をやっていた頃は、かなりこの手のことに嫌気が差していた人間の1人ですから結局会社や組織と言うものは仕事ができないもしくは遅い人材に対してできる人材がそのケツを拭かないといけない構図になっています。

 

ですので、仕事がテキパキできる人間からすると、さっさと業務を終わらして帰宅し自分の時間を有効活用する事だけに専念する訳です。

 

つまり、無駄な残業や非効率的な仕事など全く眼中にも無い訳で、そもそもここの思考が社畜と化している普通の社員とは次元が違うのです。

残業はもういい加減いいだろう。社畜大国日本がヤバ過ぎる!


今や始まったことではありませんが、メディアでも日本のサラリーマンの働き方などがクローズされていますが、未だに長期間労働や生産性のない残業が繰り広げられているのはなぜなのか?

 

僕も美容師時代には営業時間が終わっているのにもかかわらず、夜な夜なスタッフ同士で何でもない事をあーだこーだと話あっていたり技術レッスンなどでいわゆる残業を強いられていた過去があります。

 

でもこれって、今思い返せば全てが無駄なんですね。

 

その時はスタッフとのコミュニケーションを図るのは毎日のサロンワークでも大事とか、技術レッスンを営業時間が終わってからするのは当たり前とかそんなマインドでやっていましたが、実は生産性とか効率とかを意識するのであればそんな物は全てにおいて無意味です。

 

そもそも、営業時間が終わって退社時間が来ているのにそのまま引き続き従業員と話あっているとか意味不明です。

 

業務においての事やとても重要な事であればまだ話はわかりますが、どうでもいいようなプライベートの話を終電までしているとか僕から言わせれば狂っています。

 

技術レッスンにしても、何で営業時間が終わってからするのかと言う事です。

 

経営者側の論理からすれば、営業時間内はお客さんもいるから見栄えが良く無いと言う事を言いたいんだと思いますが、それならバックルームなどでやれば全くお客さんの目に触れる事もなければ暇な時間帯にもできる訳です。

 

それなのに業界的な風潮があるのか知りませんが、レッスンは必ず「営業時間が終わってから」と言うポリシーがあるようです。

 

こんな事をしているからいつまでたっても1人あたりの疲労度が蓄積されていき、生産性が上がらず労働時間がドンドン伸びていく訳です。

 

これサラリーマンの世界でも同じですよね。

 

日本ではなぜ残業や長時間労働が無くならない根本的な原因は、過去の年功序列制度の環境や「残業をしないとまともな給料がもらえない」と言った労働対価としての価値を教育してきた事です。

 

しかしながら、今現在の日本の働き方は残業をしたら賃金が発生するはずの事が、それさえも崩壊して「サービス残業」と言う言葉が出て来た訳です。

 

つまり、所定の勤務時間の他に残業をしているにもかかわらずタダ働きをしていると言うあり得ない事が平気で行われている現状で、中には会社に忠誠を誓って顧客や会社のためにサービス残業を当たり前かのように行う狂った社員も存在するほどです。

 

会社側の厳しいノルマや上司からの圧力により、仕事が終わっても自宅に会社の仕事を持ち込んで業務を夜な夜な行っている社員も多くいます。

 

 

まさに社畜大国です。

 

 

こんな精神状態やメンタルではとてもでは無いけど体が疲れきってしまい、貴重な休日にはぐったりと寝るだけの人生になってしまうでしょう。

 

しかし、体調を崩してからでは時すでに遅しですし、そのプロセスに行くまでの労働環境がいかに異常だったかと言う事を前提に働き方を見直す事が非常に重要です。


なぜ日本人は非効率的な仕事を率先してするのか?


今自分がやっている仕事がいかに非効率的な事をしているのか自分で自問して欲しいと思います。

 

もしあなたが、今やっている仕事が「生活のため」とお答えした時点でもはや

 

 

社畜です。

 

 

考えてみてください。

 

1日の内にあなたが会社にいる時間とその対価を。

 

人間はどんな人でも24時間365日の枠の時間しか持てません。

 

つまり、通勤するだけで片道2時間とか狂っていますし、給料を上げたいからとやみくもに残業に参加したりと、このような人生になってしまっているんであればそれは非効率的以外何者でもありません。

 

基本的に労働対価は、自分の時間を犠牲にして得る収入なのでそこに残業などの業務を詰め込めば詰め込むほどあなたにとっての人生が失われて行く訳です。

 

人生=時間ですからね。

 

さらに、時間が奪われると言う事はプライベートにも影響してしまい心の余裕や日頃のストレス解消などが全くできずに仕事とプライベートのバランスを崩しメンタル的にやられてしまいます。

 

今の経済状況は低賃金長時間労働と言う負のスパイラルにどっぷりハマッた働き方になっていますが、目の前の賃金欲しさに「休みを取らない」「残業して当たり前」と言う狂った価値観は絶対に捨てるべきです。

 

日本人特有だと思いますが、日本人て非効率な事をやってそれがはたかも仕事をした気になっている人が多いですが、これはとんでもない間違いです。

 

・とにかく汗かいて頑張る

・苦労は買ってでもしろ

・お客さんは神様である

・上司の命令は絶対である

 

日本人て、未だにこんな事を美学として捉えている傾向が強く会社によってはわざとこんな事を教育している企業すらあります。

 

別にこんな事をしなくても目の前の業務に対して効率的なメソッドがあるのであれば、それを素直にやればいい話です。

 

なんでわざわざ遠まわりしてまで非効率的な事を日本人はやろうとするのか?

 

そもそも、ちゃんと考えてやればものの数分で終わる事をマニュアル通りにやってしまった事で何時間もかけてしまう日本人の思考は相当ヤバいんじゃないかなと思います。

 

これはソフトバンクの孫さんも言っていましたが、

 

 

日本人は考える思考ではなく暗記する思考

 

 

だと言っています。

 

まさにその通りだと思います。

 

要は、ちょっと考えて頭をひねったら本来素晴らしいアイデアとか効率的な事がドンドン出てくるのに、それを全くしようともせず全ての業務が先行者からの暗記でやろうとする思考です。

 

つまり、マニュアル通りと言う事ですね。

 

これでは自分から「考えてやる」と言う事を放棄してしまって、マニュアルがないと自分1人の力ではビジネスとして稼いで行くことはできなくなってしまいます。

 

特にこれから独立して起業したい人や、何かお店をやって商売をしたい人には特にこのような考え方が必要になってきます。

 

別にこのまま一生雇われでも構わないと言う人には、このような考え方は無縁だと思いますが少なくとも本業以外から収入源を確保したいとか、もっと今以上に稼げる人間になりたいと思うのであれば自分から「考える」事を逃げていたらダメですね。

 

※関連記事

⇒バカな上司のストレスが限界だ!対処法や傾向と対策はこうしろ!


なぜ日本は社畜大国なのに雇われは気づかないのか?


日本は先進国なのにもかかわらず、その反面なぜ社畜大国なのか?

 

ヨーロッパ諸国の国々を見れば、ちゃんと会社で労働する時間と家族との団らんを楽しむための時間のバランスを整えている事を考えたら日本とはまさに異次元のレベルと言っていいでしょう。

 

終戦後の高度経済成長期からの日本を見れば、今の高齢者達が必死になって時間を切り売りしながら労働をする時代でした。それはそんな時代だったから「生きる」ために働いていた訳です。

 

しかし、時代がドンドン加速していき今やインターネットが当たり前に普及して、そこから働かずしても収入が得れる時代になった訳です。

 

例えば、ユーチューバーやブロガーのように個人でも自分のメディアを持つ事ができ、そこから企業や会社に属さなくてもお金を稼ぐ事ができるようになり、今まで雇われてストレスがたまり会社に行く事が嫌になった人間でもインターネットを活用して自由に稼ぐ事ができるようになって脱サラしたりしている訳です。

 

でも中々そのような事ができない人は、結局会社と言う組織に依存する傾向が強く「安定」を求めます。

 

しかし、僕がいつも言っていますが

 

 

 

真の安定とは会社に属することではありません。

 

 

 

むしろ会社に属していたらリスクと思っておかないといけません。

 

特に日本人は「集団」と言うグループに所属したがるもので、その集団でルールや規律を守り自分の存在価値を表現しようとします。

 

そして、その集団から放り出されることを嫌います。

 

なので、何とかその集団にしがみつこうと必死になり雇われいる会社がブラックであろうが何であろうがお構いなしに自分の貴重な時間を切り売りするのです。

 

「残業はするべき」「倒れるまで頑張るのが当たり前」このようなとんでもない価値観を一度持ってしまうと中々その環境から抜け出すことは容易ではありません。

 

ブラックな決まり事や規律をクソ真面目に守る傾向があるのが日本人特有ですから、これらが社畜から抜け出す事ができない最大の要因でもあります。

 

全く同じ仕事をしていても、「残業して帰宅」するのと「定時で終わらせて帰宅」するのとでは会社側は残業している従業員を評価する訳です。

 

この様な風潮とか過去の教育から来る腐った思考である限り、この国の社畜体質は何も変わらないと思います。

 

是非あなたはこの様な狂ったマゾヒストに支配されないようにしてください!

 

※関連記事

⇒【脱社畜】台風や地震(災害)でも会社に出勤させる会社はクソ!


個人でも稼げる仕組みを作ってさっさと社畜から脱出しよう!


まあ、日本の労働体質がいかに狂っているかはすでに承知している事かと思いますが、組織に属していたら個人ではなくチームとしてのまとまりや協調性が大事かと言う事が問われると思います。

 

でもね。ハッキリ言ってこんなこと

 

 

 

どうでもよくね?

 

 

 

って感じです。

 

結局、チームプレーだか何だか知りませんがそんな物は部下にややこしい仕事や面倒くさい事をして貰うための決まりでしかないです。

 

結局、上のモンだけが甘い汁を吸い、いい思いをするだけのルールでしかない訳です。

 

しかしながら、ここでも会社に忠誠を誓っちゃってるおバカな社員はそれを鵜呑みにしてバカ正直にそれをやっちゃうんですよね。

 

何なんですかね?

 

この日本人のクソ真面目な神経と言うか、自分に我慢してまで会社に気を使うこの執念と言うか・・・もうここまで来たら社畜もベテランの領域に達している訳ですから洗脳されているレベルです。

 

未だに日本の教育は「会社に就職すれば安定だ」と言う事を幼少期から教育していますが、そもそもこの国の指導方針がサラリーマンを量産する教育な訳ですから、そんな幻想にマインドを支配されていてはいけません。

 

毎日必死に働いても、せいぜい貰える給料なんて毎月25万前後です。

 

 

 

そんな人生のどこが「安定」なんでしょうか?

 

 

 

全く持って理解できません。

 

あなたの人生の目的は、会社に勤めてそんなクソみたいな給料を貰う事ではないはずです。

 

人生の最大の目的は、経済的豊かに生きて大切な家族や恋人との時間を共有する事だと思います。

 

そのために選択すべき事はこのまま会社の社畜として生きるか、自分で起業して個人でも稼げる力を身に付けるかの2つしかありません。

 

自分の力で稼げるようになれば、経済的自由や時間的自由が手に入ります。

 

つまり、ライフスタイルの全てを自分がコントロールしてデザインできるようになります。

 

今まで自分の収入や時間さえも支配されていた環境から、人間関係や住む場所さえも自分でコントロールできるようになります。

 

収入も自分で決める、大事な時間も自分で決める、嫌な人間関係とも決別して自分で決める、住む場所さえも自分で決める。

 

これからの時代の潮流に乗るんであれば、このような個人事業者としての「フリーエージェント」が今後はドンドン増えて行くことは間違いです。

 

もしあなたが、社畜のような生活に限界が来ているんでしたら1日でも早くフリーエージェントとしての準備をしておかれることをオススメします。

 

 

PS,

僕も13年間いろんな形態の美容室で働いて来ましたが、やはり低賃金や長時間労働に嫌気が差して美容師を辞めました。

 

今の時代は個人でも自分1人で稼げる力を身に付ければ、圧倒的に自由で豊かに生活ができますしストレスとは無縁なライフスタイルを築く事もできます。

 

今現在の僕の生活はまさにそんな感じで、美容師を辞めてからと言うものPC1台で起業して自分の好きな時間に起きて自分の好きな時間に寝ると言った誰にも干渉される事のない生活基盤を築く事ができました。

 

もしあなたが僕のような自分1人でも稼ぐ力を身に付け、自分の好きな事だけをして生きて行きたいと思われるんでしたら、今なら無料でPC1台で稼いで行ける教科書をプレゼントしていますので、ご興味があれば下記をクリックして今すぐ手に取ってみて下さい。

今すぐ画像をクリック!

Related Posts

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください