美容師に昼飯や休憩など期待するな!食生活が狂ってる!

こんにちは。元社畜美容師のizuruです!

 

今回は美容師のお昼ご飯や休憩時間に関して見て行きたいと思います。

 

まあ、美容師の人ならば昼飯もロクに食べれないことや休憩時間すらまともにない事などはすでにご理解頂いている事だと思いますが、これが至って普通だと思っている美容師さんはぶっちゃけてどうなんでしょうか?

 

中には10分や15分で昼飯を食べないといけないお店などもあり、こんな環境で仕事をしていたら将来的に自分の体を蝕む原因にもなりかなりリスキーな人生を辿ることになります。

 

今はまだ若いから頑張れている20代~30代の美容師たちには中々響かない事かもしれませんが30代後半に来れば必ず体にガタが来て、腰痛や肩こりなどの症状が重くなり体が言う事を聞いてくれない事になってしまいます。

 

特に美容師はただでさえ腰痛や肩こり、カットのしすぎなどによる腱鞘炎などの事が職業病になりますからね。

美容師にもはや昼食や休憩などあってないようなもの


信じられない事かもしれませんが、僕が勤めていたお店には、1日の休憩時間がトータルで40分しかありませんでした。

 

1日の労働時間が12時間ある中でその内にたった40分しか休憩時間がない環境などまさに狂っています。

 

僕は、そんな環境でも平然と仕事をしていた店のスタッフ達を見てハッキリと言いますが

 

 

 

コイツら頭おかしいんじゃねーのか!?

 

 

 

と思っていました。

 

一日の休憩時間が1時間もないような職場など、いい加減ブラックの極みですしそんな環境で当たり前のように振る舞って永遠と立ちっぱなしで働き続ける日本の労働状況はマジでヤバいと思いました。

 

特に僕がいた店は昼飯の時間は20分しかなかったので、ゆっくり落ち着いて食べる事もできずにただ流し込むと言う感じの食べ方になり当然こんな事を毎日繰り返していたら栄養のバランスもヘッタくりも無いわけです。

 

基本、美容師と言う職業にゆっくり昼飯を食べれる前提などなく殆どが休憩時間の短さや、お客さんが集中して忙し過ぎてやっと食べれるのは午後3時を回った時とかです。

 

でもね、こんな時間にお昼ご飯を食っても全然旨くもないし、すでにお腹が好きすぎたピークは過ぎてもはや気分が悪いんですよ。

 

中には、このようなことになると前提を計算して朝の出勤時からガツガツ食べてるスタッフもいましたが、どう考えても大半の人が朝からガッつくことはできないし、そんな時間から食っても旨くもないだろうと・・・

 

なので、そもそも休憩時間が限られているので殆どの美容師がコンビニおにぎりやカップラーメンでササッと済ます最悪な食生活になっています。

 

しかも中にはヤバいスタッフがいて、昼飯を食べない事が美学と捉えて勘違していることすら気づかない。

 

おそらく本人の中では、「休憩も取れない美容師は売れっ子の証」みたいなマインドになって働き続けてる訳ですが、そんなとんでもない間違いすら自分で気づけないこの業界は本当にバカの集まりなんだなとつくづく思っていました。

 

つまり、昼飯も食わない、休憩も取らないの1日12時間労働な訳です。

 

こんな状態で、体が続く訳ないだろうと。

 

こんな事小学生でも解る話ですし、美容師のような肉体労働ではまず体が資本だろうと。

 

そんな自分の体の将来がどうなろうとも、目の前のお客さんにただ夢中になって働き続ける美容師って一体なんなのか?

 

「休憩少な過ぎするよね?」と同僚に言っても「もう慣れた・・・」の一言で終了。

 

いやいや。「そこ慣れたらかなりヤバいよアンタ・・・」と心の奥底で思うのが精一杯だった僕の当時でもあります。

 

まあ、こんな労働環境を改善していく気がないような奴等ばかりですからこの先も美容師業界はハードでシビアな現場になりますね。

 

※関連記事

⇒若者よ!美容師はやめとけ!そして美容学校は時間と金の無駄だから行くな!


美容師に休憩など期待するな!1日40分とかクソみたいな扱いだぞ!


こんな事、現場で働いている美容師さん達に言ってもスルーする人が殆どでしょうが、一応労働基準法と言う物をちゃんと理解して欲しいと経営者やオーナーに言いたいですね。

 

国が定めている1日の休憩時間は、一応「1日6時間~8時間であれば最低45分間の休憩を取らないといけない」と定められています。

 

つまり、美容室の営業時間が1日6時間~8時間と言うことなどあり得ないので、8時間を超えるとそこから「最低60分の休憩時間を取らないといけない」と定められています。

 

もうこの時点で軽く違反していますし、どう見たってブラックなのが理解できると思います。

 

日本の美容室の殆どが、1日の内に60分以上休憩時間がある美容室などそもそもないですし、大半が昼休憩20分、その他の休憩が10分、合計30分~40分程度ではないでしょうか?

 

もうね、こんな条件でなんでそこまで張り切って働き続けられるの?と僕なら思ってしまいます。

 

いくら頑張ってもそれって、経営者が儲かる仕組みになっているんですよ。

 

歩合が付くとか言っても、たかが10%とか20%とかですよ。

 

必死こいで、月に100万売り上げたとしてもたった10万とか20万とかですよ。

 

そんな意味不明な報酬なのに、なんでそこまで自分の体やメンタルを犠牲にしてまでお店に人生を捧げてるの!?と思います。

 

今あなたが現場で働く美容師で、労働条件に不満があるのであればいい加減目を冷ましましょう。

 

あなたが毎日必死こいで働いてる労働力は、所詮経営者やオーナーの贅沢や優雅なライフスタイルのために消化している事を。

 

そしてそれらは、お店の集客広告費であるホットペッパーに食われて、自転車操業のスパイラルに利用されている事をちゃんと理解しましょう。

 

そして、意味不明なセミナーや講習会にも注意して下さい。

 

やっとの週一日の貴重なあなたの休みの日に、訳の解らないセミナーや講習会に駆り立てられるのは本当に無意味です。

 

よく考えてみて下さい。

 

経営者やオーナーと言うのは、自分が儲かる事を最優先に考える立場です。

 

当たり前ですよね。

 

儲からなければ店は潰れてしまいますからね。

 

なので、儲かる事を最優先に考えてる経営者はお店の従業員である美容師に対して、お店のカラーに合うような技術や接客を従業員に身につけさせる訳です。

 

工場勤務の従業員や会社のサラリーマンでもそうですよね?

 

ちゃんと入社する前や入社後にも社員に対して作業に関する事を教育して、業務を促します。

 

美容師も全く同じです。

 

これ、殆どの美容師が自分が独立した時に使えるノウハウだと勘違いしていますが、そんなもの使えないですからね。

 

あくまで、その店のカラーに合うようなセミナーや講習会ですから自分が独立して店舗を構えた時には自分のオリジナルのカラーがある訳ですからまたノウハウは変わる訳です。

 

貴重な休みの日に経営者の儲かる投資に繋がる事をあなたが協力していたら、あなたの人生の貴重な時間がドンドン奪われていくだけです。

 

経営者の顔をおだてるとか、参加しないと気まずいからとかそんな理由だけで参加しているなら時間の無駄以外何者でもないので今すぐにやめるべきです。

 

断れば、自分の居場所が無くなるとか、経営者から嫌われるんであれば所詮そんな店やオーナーに自分の貴重な人生の時間を捧げる価値もないので今すぐにそんな店はやめたほうがいいですね。

 

断言します。

 

※関連記事

⇒業務委託美容師の将来や今後の給料はますます稼げない!デメリットだらけ!


美容師の食生活が狂ってる!いい加減タイマー持って昼飯食うな!


もう既に過酷な美容師の労働環境は理解できたと思いますが、タイマーを持って昼飯を食う美容師も多いですよね。

 

まあ、これは店の決まりだからしょうがないですが、いい加減これやめません?

 

 

なんでタイマーなんか持って、昼飯を食わないといけねーんだよと。

 

 

まさに時間に追われている間がハンパない。

 

こんな事をしているから、常に時間を気にしてコンビニおにぎり1個とか、ヨーグルトだけとか、スニッカーズとかご飯とも言い難いような食生活になってしまう訳です。

そりゃ、栄養も偏り機敏な動作もできなくなってしまうはずです。

 

ただでさえ美容師は低賃金なので、お金をケチって栄養ある物を食べようとしない傾向にあります。

 

であるので、1日の栄養補給のタイミングでもあるお昼ご飯は美容師にとって非常に重要なことだともっと現場を管理している店長などの管理者や経営者がしっかりと把握するべきです。

 

美容師と言う仕事は肉体的にも精神的にも相当なエネルギーを消費するビジネスモデルです。

 

美容師にガリガリの痩せ型が多いのは、このような労働環境の影響から来ているのは間違いないですし、それを維持していくための影響補給のポイントもちゃんと提供するシステムを構築していかないと資本である「健康」と言う文字は今後美容師にはないでしょう。

 

 

PS,

僕も13年間いろんな形態の美容室で働いて来ましたが、やはり低賃金や長時間労働に嫌気が差して美容師を辞めました。

 

今の時代は個人でも自分1人で稼げる力を身に付ければ、圧倒的に自由で豊かに生活ができますしストレスとは無縁なライフスタイルを築く事もできます。

 

今現在の僕の生活はまさにそんな感じで、美容師を辞めてからと言うものPC1台で起業して自分の好きな時間に起きて自分の好きな時間に寝ると言った誰にも干渉される事のない生活基盤を築く事ができました。

 

もしあなたが僕のような自分1人でも稼ぐ力を身に付け、自分の好きな事だけをして生きて行きたいと思われるんでしたら、今なら無料でPC1台で稼いで行ける教科書をプレゼントしていますので、ご興味があれば下記をクリックして今すぐ手に取ってみて下さい。

今すぐ画像をクリック!

Related Posts

Related Posts

2件のコメント

  1. こんにちは
    現在2年目、高卒、通信教育で通いながらアシスタントとして働いています。
    正直、たった2年しか働いていない私でも今の労働環境に嫌気がさしています。私の会社は4店舗あり、うち2店舗は2人で営業していますので、まともに休憩にも入れない状況です。
    休憩に入れたとしても30分。10時間、練習会やミーティングなども含めて14時間ぶっ通しで働いてそれでも月収16万。嫌気がさしたのレベルではありません。
    そして現在辞めようと考え親を説得している状態です。やはり国家資格ということもあり親は資格が取れるまではやれという考えです
    ですが、このまま続けて意味があるようには思えず、むしろ今でこそ悪くなっている体をさらに悪化させなければならないとしか思えません。どのように言ったら納得して貰えるのか…何かいい方法はないものでしょうか
    長文失礼致しました

    1. こんにちは。はじめましてizuruです。

      メッセージありがとうございます。

      大変な環境でお仕事されているんですね。

      まず、大前提にみさきさんがどのような将来を
      歩んで行きたいのか?が重要だと思います。

      たった1度しかない人生を、
      「親が言うから」とか「周りの目があるから」とかに
      惑わされているなら、僕は「ちょっと違うんじゃないかな」
      と思います。

      自分の人生を自分で決めれない人生なんて、
      価値がないと思いますし、
      親が「資格だけでも取っておきなさい」と言う意味も僕には
      分かりません。

      資格を取っても美容師を「続ける」前提になる訳ですし、
      みさきさんは「辞めたい」と思っているのに資格だけ
      取っても全く意味ないと僕は思います。

      要は、「自分が何をして楽しく生きて行きたいのか?」
      がすべての本質になるので、
      そこだけを考えればいいと思います。

      難しく考えずに、
      本当に自分がしたい事をやって生きて行けばいいと
      思います。

      そのためには、
      まず稼げるようにならないとそれは実現しません。

      僕も、美容師を辞めて今はPC1台で自由な
      生活ができるようになりましたが、
      全ては雇われずに自分の力で稼げる力を身に付けたから
      だと思います。

      もし、
      みさきさんが自分の好きな事をやって
      ストレスなどとは無縁なライフスタイルを
      送りたいとお考えであれば一度僕のメルマガを
      読んでみてください。

      きっとお力になれると思います。

      今後ともよろしくおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください