美容室経営はリピート(集客)が命!なのに技術やテクニックに走るバカが多すぎる!

こんにちは。元社畜美容師のizuruです!

 

今回のテーマは「美容室経営はリピート(集客)が命!」と言うお話をして行きたいと思います。

 

もう読んで時の如くですが、美容室経営は集客やリピートが大前提です。

 

にもかかわらず、多くの美容室では技術の向上や商品開発などに時間と労力をかけています。

 

もちろん、技術の向上や接客スキル、商品開発などのノウハウなどは美容師であれば必ず学ぶ必要があります。

 

しかしそれらのスキルはスタイリストであれば最低限あって「当たり前」です。

 

その「当たり前」にこだわって多くの時間や労力をかけてはいけません。

 

美容室で働いているスタッフ(美容師)などを見ているとやたらに技術や接客スキルを高めようとしている傾向が強いですが、いくら飛び級の技術や接客スキルを持っていても目の前にお客さんがいなかったらただの宝の持ち腐れです。

 

ではなぜ、多くの美容師は集客(リピート客)より技術向上に走ってしまうのか?

 

今回はその罠に迫ってみたいと思います。

美容師がリピート(集客)より技術向上に走るのは経営者がそうさしている


多くの美容室が技術向上や接客スキルをスタッフに求めて、日々お客さんに笑顔になって帰って貰うと言う事をコンセプトにしているお店は多いと思います。

 

別に将来独立や海外で活躍したいと言う希望がなく、ずっと今のお店で雇われでもいいと言う美容師であればこのお話は無意味なものになってしまいますが、そうではなく将来独立して自分のお店を持ちたい。

 

さらに言うなら、海外で活躍したいと思っている美容師なら技術向上ばかりに走るんではなく、絶対に集客(リピート)スキルを高めておかないといけないです。

 

先程も言いましたが、いくら並外れた技術やテクニックを持っていても目の前にお客さんがいなかったら、全く無意味です。

 

にもかかわらず、多くの美容師たちは集客よりも技術向上に走ってしまう罠にハマります。

 

僕も長年美容師として現場で働いてきたので、本当に技術向上ばかりに目が向いていました。

 

しかし、自分で起業してビジネスを立ち上げた瞬間から考え方が全く変わりました。

 

これは、テクニックやノウハウももちろん大事なんですがそれ以上にやらないといけないことは「集客」なのです。

 

美容師と言うビジネスだけではなく、どんなビジネスでも言えることですがビジネスは「集客」が命です。

 

何度も言いますが、目の前にお客さんがいなければ話になりません。

 

ではなぜ多くの美容師は技術向上に走るのか?

 

これにはお店の経営者が深く関係しています。

 

多くの美容室経営者などは、スタッフに技術向上や接客ノウハウは指導するんですが、集客(リピート)ノウハウは指導しません。

 

指導しませんと言うより、「教え方を知らない」と言った方が適切な表現だと思います。

 

よく小規模の町店や、中規模な美容室で経営者やオーナーがスタッフに対して技術マニュアルや接客マニュアルが完備されてそれを1つ1つクリアしていくと、お客さんに入れたり昇給したりするシステムが多いと思います。

 

しかし、この中に「集客」マニュアルと言うものはほぼ存在しません。

 

僕も美容師をやっていた頃は、合計で4店舗周りましたがすべてのお店で技術マニュアルはあるものの、集客マニュアルと言ったものは全くありませんでした。

 

つまり、現代の日本の美容室の教育指導と言うのはひたすら技術向上などのスキルしか美容師に教育していないのです。

 

これは言うなら経営者やオーナーがちゃんと自店の教育マニュアルに「集客」と言うものを落し込んでいないせいです。

 

なので、多くの美容師は「技術があれば自分の店を持てる」と言う罠にハマり集客ノウハウがないうちに独立して結果失敗していく訳です。

 

ぶっちゃけ、美容室経営だけでなくどんなビジネスにおいても必ず先に来るのが絶対に「集客」であり、技術向上まかりに目が向いてはいけません。

 

 

 

経営者(オーナー)はアナタに独立してほしくないのです!

 

 

 

なので、そもそもお店に集客マニュアルがないのです。

 

美容師の場合、技術はできて当たり前です。

 

当たり前のことにこだわって時間と労力をかけていたらダメです。

 

一番大事な要素は「集客」なのです。

 

技術スキル=2集客スキル=8ぐらいの割合でないと経営は必ず行き詰まります。

 

本来、美容師はこうあるべきです。

 

技術スキル=8集客スキル=2の美容師になってはいけないです。

 

 

※関連記事

時代遅れの価値観や考え方は100%貧乏になるから今すぐ捨てろ!


そもそもなぜ美容室は軒並み潰れるのか?


今の時代、空きテナントがあれば美容室か歯医者と言う時代になっています。

 

それほどこの業界は飽和して、店舗の入れ替えが激しいです。

 

美容室が潰れてはまた新しい美容室が入り、潰れては入りの繰り返しです。

 

ではなぜこのような現象が起きるのか?

 

それは、

 

 

 

「集客」ノウハウがないからです。

 

 

 

つまり、多くのお客さんを集めてリピートする事ができなくなったから美容室は潰れる訳です。

 

これ以外ありません。

 

大手低料金サロンのチェーン店などは薄利多売形式なので、大量生産大量仕入れでコストを安くする事ができるのでいわゆる「安売り」が可能なのです。

 

それによって、大量広告などを打ち「集客」に時間と労力をかけています。

 

なので、多くの新規客などを安売りをメインにした広告で集める事ができ、そこから売上を上げている訳です。

 

しかし、個人経営の美容室や中小サロンには大量生産大量仕入れと言う事ができません。

 

これによって、「集客」にかかるコストが高くなり大手のように大量に見込み客を集める事ができません。

 

なので、個人経営のような美容室では絶対に「リピート」が重要になってくる訳です。

 

小さな個人美容室で大手のような薄利多売形式の経営を行うと必ず行き詰まります。

 

小さいからこそ、大手には真似のできない事をやらないといけない訳です。

 

そのためには、「手間暇」を掛けることです。

 

大手は「手間暇」かかる事を絶対にしてきません。

 

なぜなら、「大量生産、大量仕入れ」の「薄利多売」だからです。

 

基本的に個人経営は次のリスクが必ず存在する事を理解しておかないといけません。

 

・自分の体調が崩れて入院したら店が機能しない

・忙しい時にスタッフに休まれたらかなりのダメージを葬る

・広告や募集にコストをかけれない

・単価を低くすればするほど利益が圧迫される

・お店のキャパや商圏で売上に限界がある

 

このようなことを全く考えないで多くの美容師は独立開業します。

 

独立開業するのは簡単です。誰でもできます。

 

 

 

お金さえあれば。

 

 

 

しかし、技術ができるスキルと集客させるスキルは全くの別スキルです。

 

※関連記事

お金持ちになりたければ美容師は辞めろ!


リピートにはまず価値を無料で提供すべき!


これはリアルビジネスだけに言える事ではなく僕が行っているネットビジネスにも全く共通することです。

 

見込み客にリピート客として今後お付き合いしていくには、先に「価値」を与える必要があります。

 

「ギブ・アンド・テイク」と言う法則がありますが、これは相手に先に与えて返報性の法則で帰ってくると言う原理です。

 

つまり、「ギブ=与える」と言うことです。

 

先に価値を提供すれば後でその価値の対価として返ってくると言うことです。

 

なので、まずは「ギブ・ギブ・ギブ」なのです。

 

逆に「テイク=奪う」ことしか考えていない人は、間違いなくビジネスで成功できません。

 

これはプライベートでも同じです。

 

いつも自分の見返りしか考えていないような人には人間付き合いたくないですし、そもそもそのような人は相手に何かを期待しているので他者責任思考なのです。

 

見返りだけを求める人に、何かを返してくれる人はいません。

 

このような人に成功の2文字は存在しない訳です。

 

では、ギブ・アンド・テイクをビジネスで活かすにはスーパーマーケットの「試食コーナー」がいい例です。

 

試食とは、相手に先に食べて貰う=ギブです。

 

そして、その商品が美味しいと感じて貰えたら買ってくれる訳です。

 

これを個人経営美容室では絶対に活かすべきです。

 

例えば、お試しで新規客にはカットやパーマを無料にするとかです。

 

これが大手には絶対に真似のできないことなのです。

 

もちろん無料でも、有料の時のように「手間暇」かけて価値を提供する。

 

これで見込み客が価値を感じてくれたら、100%リピートする訳です。

 

先に相手に価値を提供する。そしてその価値を後から頂く。

 

これがリピート集客になる大原則なのです。


集客とリピートもまた違う切り口が必要


集客はうまくいっているけど、リピートしないと言うようなことも多く耳にします。

 

中には集客は完璧にできていたのになぜか潰れてしまったと言うことも珍しくありません。

 

ではなぜそのような現象が起きるのか?

 

それは圧倒的な「リピート」のなさです。

 

特に個人美容室では大手とは真逆の経営ですので、集客=リピートに直結しないと命取りになります。

 

せっかく集客しているのに、そのほとんどがリピート客にならなければ常に新規客を獲得しないと経営が成り立たない「自転車操業」になってしまいます。

 

大手チェーン店は大量広告が可能なので、リピートにならなくても圧倒的な資金力で集客できます。

 

しかし、個人美容室では広告にコストをかけれないので集客=リピートが命なのです。

 

美容室は待ちの商売と言われていますが、これは大間違いです。

 

今の時代は圧倒的低コストでブログを立ち上げたり、SNSからのフェイスブックやツイッター、ユーチューブなどで動画を公開して情報発信ができる時代です。

 

SNSやユーチューブなどに関しては無料でできるツールです。

 

このようなものでも、非常に強いネット上の広告になる訳です。

 

今の時代はチラシやフリーペーパーよりも、圧倒的にネット集客に力を入れるべき時代です。

 

すでに今の時代は美容師でもマーケッターであるべきだと僕は思っています。

 

世界的有名なマーケッターのダン・ケネディも、

 

起業家や経営者はマーケッターだ。
商品を作ったり、営業したり、発送したり、梱包したりするな!
そんなことをしていたら大成はしないし、一生自由になれない働き方だ!

 

と語っています。

 

是非、今後の美容師も「常識」と言うやつに凝り固まっていたらダメです。

 

全く新しい切り口での美容師像を開拓していきましょう。

 

 

PS,

僕は現在、インターネットビジネスで稼げるようになり自由な生活を実現できる様になりましたが、まだまだこの世界は自分で自立して稼いで行く事に対して思いが薄い方が多いので、ちゃんと自分自身の将来やビジョンと言うものを明確にして、これからも自分1人の力でも稼いでいけるスキルや知識を発信して行きたいと思います。

 

もしあなたが、僕の様な自由にストレスなどとは無縁の人生を送りたいと言う考え方を持っていらっしゃるのであれば、今なら無料でインターネットビジネスで稼いで行ける教科書をプレゼントしていますので、ご興味があれば下記をクリックして今すぐ手に取ってみて下さい。

今すぐ画像をクリック!

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください