美容師アシスタントの平均給料で貯金や人生設計している奴はバカ!

どうも。元社畜美容師のizuruです!

 

今回は美容師アシスタントの平均給料で貯金や人生設計している奴はバカと言うテーマでお話しして行きたいと思います。

 

美容師アシスタントの頃は、ぶっちゃけて食べて行くことすら困難な給料で生活しなければ行けない訳ですが、これが1人暮らしとかになると尚更です。

 

元々、手取りが圧倒的に少なく給料が低いとされるスタイリストの美容師ですが、アシスタントともなるとさらに貧乏なライフワークを送らないと行けません。

 

そんな低賃金の収入で毎月貯金や人生設計などを立てても、自分の収入を上げて行かないと全く将来的なビジョンは描く事はできないでしょう。

 

つまり、そんな少な過ぎる収入で毎月コツコツ数万円のお金を貯めたところで、あなたが理想とする目的には到達しないでしょう。

 

今回は、その辺を解説して行きたいと思います。

美容師アシスタントの給料で貯金や人生設計している奴はバカ!


例えば、1人暮らしなどをしている美容師アシスタントのケースで見ていきたいと思いますが、毎月の平均給料が14~17万位だと言われている現代のアシスタント。

 

そこから、家賃などで4~6万が飛び、食費、光熱費、スマホなどの通信費、美容師であるがゆえに衣装などのファッション代なども掛かってきます。

 

更に、スタイリストなどの成長過程に入って来ると、そこからハサミなどの道具代、練習用のウィッグなどが大量に必要になってきます。

 

もちろんこれらは全て自己負担です。

 

毎月の給料が10万前後の収入しか入って来ないのに、これだけの支出が必要になってくるので完全に収入より支出の方が上回っている状態になっています。

 

確かに、まだ実家から勤めているアシスタントなどは家賃などの生活費が掛かってこないのでマシかも知れませんが、1人暮らしなどをしているアシスタントなどは致命的な経済状況です。

 

これらは皆、昔のカリスマ美容師と呼ばれた者や今オーナーなどになって経営をしている美容師等は皆経験してきている事だと言いますが、これらの人たちが口を揃えて言う事が、

 

俺達の時代は、もっと給料が低かった

俺達の時代は、もっと厳しかった

 

こう言う事を必ず言います。

しかしながら、これらは時代が異なった訳ですから同じ事を今の時代でもする必要など1ミリもありません。

 

給料や年収を上げて行かないと、ビジネスモデル自体が稼げない「負のスパイラル」になりそのスパイラルから抜け出さないと、永遠に自分の給料を上げる事はできません。

 

これは美容師に当てはまっている事で、アシスタントだから給料が低いと思っているかも知れませんが、あなたが今後スタイリストなどに昇格しても、殆ど大差はないのが今の美容師業界の現状です。

 

日本全国のスタイリストの平均給料が22~27万円だと言われていますが、アシスタントの時と比べてどうでしょうか?

 

大差があると言っても、5~8万円位の差しかありません。

 

例え毎月安定して25万円の給料を貰っていても、年収で見れば300万円です。

 

ここから税金や保険などを引かれれば、手取りなど200万前後です。

 

年収が200万前後で、年を取れば取るほど現場で働けなくなる美容師のビジネスモデルは相当なリスクがあるがゆえに、自分の体が動けなくなればその時点で収入源が絶たれてしまうと言う事です。

 

こんなリスキーなビジョンの為に、まだショボいお金を毎月貯め込んで行こうとしますか?こんな環境でまだ人生設計などをしていこうとしますか?

 

⇒美容師に労働基準法は存在しない!いつまで続けるつもりなの?


あなたが思い描くビジョンはそこにはない


美容師のアシスタントなど、はっきり言ってしまえばオーナーに良いように利用される存在です。

 

本気で、手取り足取り教えてくれてあなたの事を1人前のスタイリストとして育ててくれる経営者やオーナーなどがどれだけいるでしょうか?

 

オーナーからすれば、アシスタントなど生産性がゼロで人件費だけが掛かる存在です。

 

ぶっちゃけて言えば、何処とも知らない人間が自分の店に応募してきてアシスタントとして働き、そこから技術や経営などを学んで行くことがスタイリストになるまでの道ですが、基本オーナーはいつ辞めるか解らない様なアシスタントに自分の人生を捧げる程、本気で教えてくれたりはしません。

 

そんな都合のいいオーナーなどいないと思っておいた方がいいでしょう。

 

上手く言葉でやる気を起こさせたり、モチベーションを上げてスタッフの行動向上を促せる美容室オーナーがいますが、これらは基本オーナーである自分の利益の為と思っていた方がいいでしょう。

 

あなたがもし、自分のビジョンを明確に持っているのであれば雇われている限りは一生実現しません。

 

何故なら、組織に入っている以上決定権は全てオーナーにあるからです。これが雇われの最大のデメリットと言っていいでしょう。

 

何にも自分のビジョンについて考えていないアホなアシスタントは、3年ならまだしも5年も6年もまだアシスタントと言う身分で働いています。

 

はっきり言って、僕から言わせて貰えばアホの真髄ですね。

 

5年も6年もアシスタントをやっていると言う事は、自分にはセンスがないんだと自覚すべきですし、そのまま継続して働いていても自分のビジョンなど100%達成できません。

 

て言うか、そんな人は自分のビジョンなど考えていない人が殆どです。

 

諦めない気持ちや継続力は確かに大事ですが、長年チャレンジした事に対して結果が出なければ他の選択肢も視野に入れる志向が重要です。

 

しかも、給料が人並みに得れない美容師などのビジネスモデルなどは尚更です。

 

まだ若いから自分は大丈夫などと思っていたら、その後に必ずしっぺ返しが来ます。

 

アシスタントやスタイリストに関係なく、「給料が上がらない」「時間が取れない」「精神的にきつい」など、この様な症状に陥っているのであれば、「美容師自体を辞める」と言う事も選択肢の1つです。

 

是非、自分の今の現状を分析してください。

 

⇒美容師の給料が安いから店長を目指す?夢の世界でスキップしてないか!?


美容師を辞めたいが辞めさせてくれないと言っている奴は一生成功できない!


よく、自分は美容師を辞めたいがオーナーが辞めさせてくれないと言う人がいますが、ぶっちゃけてこの様な人は間違いなく成功できません。

 

よくこの手の話を言う美容師は、「何故辞めたいのか?」と伺うと

独立して自分の店を持ちたいから

違うお店に移籍して自分の実力を試したいから

もっと給料のいいお店に移りたいから

この様な事を盛んに言います。

 

しかし、これらの事を本気で心の底から思い描いているんでしたら、既に行動に移していると思いませんか?

 

行動に移せない理由を、オーナーが辞めさせてくれないからとか何かにつけて言い訳しようとする人は何事にも「他責志向」なので、人に依存する傾向が強いです。

 

この様な志向の人は、「自己責任」と言うビジネスで結果を出す原理原則がないので、そもそも成功できる要素がないのです。

 

従って、いつまでも「辞めたいのにオーナーが辞めさせてくれない」と言った、一見自分が認められているかの様にも取れる事をいつまでも余韻に浸っているのです。

 

本気でチャレンジしたいのであれば、そんな事は一切関係なく辞めさせてくれないのではなく自分のビジョンを達成する為に敢えて辞めてトライすべきです。

 

そんな行動が取れる人だけが成功していくんです。

 

僕は現在、インターネットビジネスで稼げるようになり自由な生活を実現できる様になりましたが、まだまだこの世界は自分で自立して稼いで行く事に対して思いが薄い方が多いので、ちゃんと自分自身の将来やビジョンと言うものを明確にして、これからも自分1人の力でも稼いでいけるスキルや知識を向上して行きたいと思います。

 

もしあなたが、僕の様な自由にストレスなどとは無縁の人生を送りたいと言う考え方を持っていらっしゃるのであれば、今なら無料でインターネットビジネスで稼いで行ける教科書をプレゼントしていますので、ご興味があれば下記をクリックして今すぐ手に取ってみて下さいね。

 

自宅にいるだけの隙間時間で本業以上もの収入を得たい方へ動画講義80本以上、テキスト100本以上の圧倒的ボリュームです。経済的、時間的自由を目指しストレスフリーな人生を歩みたい方の為のネットビジネスビギナー用のコンテンツを期間限定で無料プレゼント中です!

今すぐ画像をクリック!

今すぐ画像をクリック!

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です