自分が満たされなければ人に優しくなれないのが人間の本質

どうも。元社畜美容師のizurです!

 

今回は、人間の本質は「自分が満たされていなければ決して人には優しくなれない」と言う原理についてお話しして行きたいと思います。

 

基本的に人間の心理には、まず「自分が満たされていなければならない」と言う原理原則があります。

 

これは上部だけと言う事ではなく、ちゃんと自分のライフスタイルからビジネスまでが一貫して充実していなければならないと言う事です。

 

そうでなければ、とてもあなたの周りの家族や恋人、友人などに感謝が出来なくなります。

 

ではどうすれば人に優しくなれたり、感謝ができる様になるのか?

 

それはまず、自分自身を満たす事が最重要だと言う事です。

自分が満たされていなければどうなるのか?


基本人は、必ず誰しもが「コンフォートゾーン」と言って、「自分自身のあるべき姿」だとか、「自分の居場所はここ」だ、と言う居心地のいい空間を必ず設定します。

 

これを「コンフォートゾーン」と言うんですが、このゾーンにいつまでも留まっていたいのが人間の本質です。

 

なぜ、このゾーンに留まっていたいのかと言うと人は「安心」したいからです。

 

安心できたら、人は「感謝のスパイラル」に入っていきます。

 

逆に、自分が満たされていない人は感謝のスパイラルではなく、「貶すスパイラル」の思考が強いです。

 

要は相手の事を貶す人と言うのは、普段から周りの環境が悪いからとか上手く行かないのは相手が悪いからと言う判断をします。

 

自分が未熟だと思わずに、必ず「相手が悪い」と言う思考を持っています。

 

「不平不満」「誰かに勝たないと行けないと言う競争意識」「何々が足りないから」「誰かから奪うと言う破壊的な思考」この様な考え方を持っているのは、結局誰かが自分にはない才能や魅力と言うものを目の当たりにすると、嫉妬したりそれを奪いたくなる心理になるのが人間の本質なんです。

 

そこで、不平不満が出るんです。

 

逆に、相手がこの様な才能を持っていなくて自分の方が優れていると感じた時には、優越感に浸ってしまうと言う事はまさにこの事です。

 

結局、自分が満たされていない主な原因はいつも何かしら相手と競争している自分が何処かにいて、そしてそれらをいつも相手と比較して比べている自分が必ずいるはずです。

 

自分の胸に手をあててみて下さい。

 

以前の僕もそうでした。

 

前職は美容師だったので、そりゃ、競争が激しい訳ですよ(^_^;)

 

店の中のスタッフ全員がライバルですからね。

 

そんなスタッフ達に打ち勝って行かないと自分の給料も上がらないし、自分の居場所も無くなる訳です。そんな環境にいると「奪う」とか「勝つ」と言う潜在意識に知らぬ間に変化して行って、いつの間にか洗脳されている自分に気付く訳です。

 

なので、いつも心は他人と比較している訳です。

 

これはサラリーマンなどのあらゆるビジネスにも言える事です。

 

結局、人と比較して競争している・・・、しかも、もがきながら毎日を乗り切っている・・・

 

でも、満たされない・・・

 

どうですか?

 

大体当たっていませんか・・・?

 

⇒好きな事を仕事にする前にまずは稼がないとそれらは実現しない!


どうすれば自分が満たされる様になるのか?


まず、冷静になり「自分は今満たされているのか?」と言う自己分析が必要です。

 

例えば、ちょっとした事でキレやすい人は要注意です。

 

スーパーのレジなどで並ぶ際にも、イライラしたりあからさまに顔に出る人、病院の処方で長時間待たされるとイライラする人、これらの人は特に注意が必要です。

 

ちょっとした事で、イライラしたり顔に出る人は明らかに自分が満たされていません。

 

要は、それらの人は自己愛が強かったり経済的不自由な理由が多いです。

 

自己愛が強い人は、「思いやり」の気持ちより自分中心に物事が回らないとそこでイライラが出てしまうタイプと言えます。

 

つまり「自分が一番好き」な人ですから、自己責任と言う思考ではなく人に依存し人が自分の為に何かをやってくれなかったら極端に気分を害す、もれなく生きづらい人だと言えるでしょう。

 

経済的不自由な人も、これらの事に当てはまり生活が厳しいから生活に余裕のある人を見ると嫉妬したりけなしたりするのです。

 

結論から言えば、自分の心が満たされていない人と言うのは「自分の事しか考えていない」人だと言えます。

 

しかしながら、誰しもが今現状の暮らしに満足しているか?と問いかけたらおそらく大多数の人がNOと答えると思います。

 

何故なら、どんなにお金持ちの人や大富豪の家庭でも更なる上を目指し、もっと今より豊かに生きたいと常に思っているからです。

 

「満たされていない」と言うのは、今現在の生活に満足していないと言う事が言えます。

 

なので、「満たされていない」んです。

 

もっと家賃が下ればな・・・

もっとお金があればな・・・

もっと給料が上がればな・・・

もっと働きやすかったらな・・・

この様に全てが満足している人など1人もいないんじゃないでしょうか?

 

ではどうすれば満たされる様になるのか?

 

まずは、人間が求める3つの欲求を満たして下さい。

食べること

寝ること

安全であること

人間が生きて行く上でこれらの欲求は最低限の事であるがゆえ、この3つの欲求が自分の中で解決出来ていなければ「自分が満たされる」事は絶対にありません。

 

食べる事は、もはや説明するまでもないですが当然人間は食べないと死にます。

 

寝る事も、人間睡眠を十分に取れないと体調を崩していずれ死にます。

 

安全である事も、健康管理や調子がいい時の体調管理を維持しなければ病気になります。

 

これらの事は当たり前の事だと思いますが、毎日の仕事で夜な夜なの長時間労働だったりサービス残業だったりで現代人の欲求レベルは下り傾向にあります。

 

つまり、十分な食事や睡眠、体調管理などの安全欲求がちゃんと満たされているのか?と言われれば、かなり信憑性は薄いものです。

 

経済的不自由だからと言って、毎日カップラーメンやコンビニ弁当などで済ましていませんか?

 

毎日が忙しいからと行って、睡眠時間が3~4時間で壊れる様な生活をしていませんか?

 

この様な生活をしていると、いずれ体調を崩し安全欲求が崩壊してしまう最大の原因になってしまいます。

 

自分が満たされる為には、まず最低限の生活欲求を満たして心の余裕を持つ事が絶対条件です。是非心掛けて下さい。

 

⇒働く目的を見失うな!お金の奴隷になったら終わりだよマジで!


満たされた人生を歩む為には?


結論から言えば、なるべく競争意識を持たないと言う事です。

 

「コイツだけには負けたくないから」と言う競争意識が芽ばえるとそこに優越感や劣等感が生じてしまいます。

 

その人より、自分の方が勝っていると思えたら優越感に浸ったり、逆にその人より衰えていると感じたなら嫉妬したりしてしまい、最悪貶す事も出てくるでしょう。

 

結局そんな事を思っていても、自分には何のプラスにもならないですしハッキリ言って時間の無駄です。

 

ならば、人がどうとかではなく「自分がどうなりたいのか?」将来的に自分が望むビジョンは「こうなんだ」と言う事の方が100倍重要です。

 

ここだけは間違わないで下さい。

 

必ず、人がどうとかこうとかではなく自分が最終的に「どうなりたいのか?」が大事です。

 

結局、自分が満たされている人は充実したライフスタイルを送っています。

 

先入観など一切なく、常に未来思考でビジョンだけを見ています。

 

そのビジョンに向かって、ひたすら行動とチャレンジを繰り返し新たな価値を得ています。そしてその価値をマネタイズしてお金に変えている。

 

これらが、自分を満たす為のアイデンティティーの根源となり、常に挑戦と言う行動を繰り返してきた結果だと言う事です。

 

是非あなたも、自分に正直になり満たされた人生を歩み人に優しくなれるライフワークを送りましょう!

 

僕は現在、インターネットビジネスで稼げるようになり自由な生活を実現できる様になりましたが、まだまだこの世界は自分で自立して稼いで行く事に対して思いが薄い方が多いので、ちゃんと自分自身の将来やビジョンと言うものを明確にして、これからも自分1人の力でも稼いでいけるスキルや知識を向上して行きたいと思います。

 

もしあなたが、僕の様な自由にストレスなどとは無縁の人生を送りたいと言う考え方を持っていらっしゃるのであれば、今なら無料でインターネットビジネスで稼いで行ける教科書をプレゼントしていますので、ご興味があれば下記をクリックして今すぐ手に取ってみて下さいね。

 

自宅にいるだけの隙間時間で本業以上もの収入を得たい方へ動画講義80本以上、テキスト100本以上の圧倒的ボリュームです。経済的、時間的自由を目指しストレスフリーな人生を歩みたい方の為のネットビジネスビギナー用のコンテンツを期間限定で無料プレゼント中です!

今すぐ画像をクリック!

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください