働く目的を見失うな!お金の奴隷になったら終わりだよマジで!

こんにちは。元社畜美容師のizuruです!

 

今回は「働く目的を見失うな!」「お金の奴隷になったら終わり」と言う事をお話しして行きたいと思います。

 

日本人は特に、「お金依存症」に陥っていると言っても過言ではありません。

 

僕も美容師時代は、正にこの状態で少ない給料からコツコツお金を貯金していました。

 

しかし、元々のビジネスモデルが低賃金長時間労働の象徴とも言うべき美容師ですから、コツコツ真面目に貯金などしても一向にお金はたまりません。

 

多くの人はこの「お金」の為に仕事をしています。

 

僅かな給料やボーナスを宛にし、毎日同じ道を通勤し毎日上司から言われた事をこなす。そして時には夜遅くまで残業して時にはやっとの休日でも出勤しないといけない労働環境。

 

それ、完全に働く目的を見失しなっていませんか・・・?

定年まで本気でこんな生活を続けるつもりですか?


今のやっている仕事が「本気で好きでたまらない」と言うのであれば否定はしませんが、この様に思える人が世の中に何人いるでしょうか?

 

確かに、今やっている仕事を本気で極める、もしくは生涯これで食べて行くと決めているならそれは素晴らしい事だと思います。

 

しかし世の中の殆どの95%以上は、お金の為つまり生活の為にやむおえず働いていると思います。言い方を変えれば嫌々働いていると言った現状でしょう。

 

僕も正に美容師時代は、嫌々働いていました。好きで始めた仕事にもかかわらず。

 

もしあなたに、一生食べて行けるだけの財産や資産があるのならおそらく今すぐ仕事など辞めてゆっくりと生活を送るんではないでしょうか?

 

ここで一番重要なのは、今現在あなたは何の為に働いているのか?と言う事をもう一度自分の胸に手を当てて聞いてみて下さい。

 

おそらく、「お金の為」とは少なくとも言えないと思います。

 

何故なら、「お金の為」だけに今まで労働してきたのか?と問われればあなたはおそらくNOと答えると思います。「お金の為」だけではなく、食って行かなければならないので「お金を稼ぐ」と言う選択になっていると思います。つまり、

 

手段が目的になっています。

 

これが正に「負のスパイラル」と言う事です。

 

お金の為だけに毎日最低12時間以上働き、やっと業務が終わって自宅に帰れば食事をしてお風呂に入って寝るだけの生活。

 

そして、翌朝起きたらまた同じ事の繰り返し。

 

全否定はしません。

 

ただ、目的と手段が代わる事だけは絶対に避けなければ行けません。これが理解出来なけば一生負のスパイラルから抜け出す事はできませんし、ワーキングプアからも脱する事は出来ないと言う事です。

 

帰って寝るだけの人生や休日疲れて何もできない奴はこれを知れ!


働く目的を見失うと人格まで変わる


お金を稼ぐ為だけが目的となってしまっている人は、もはや会社に魂を抜かれている状態だと言えます。

 

お金の為だけに自分の大事な時間の全てを費やし、本来楽しめる人生のはずが自分の好きな事や趣味にも没頭できないような事では、一体何の為に生まれてきたのかすら疑問に思います。

 

「こんな生活を早く脱したい」、「こんな生き地獄の様な仕事からは解放されたい」多くのサラリーマンやサービス業をされている方ならこの様な事を思っているのは当然だと思います。

 

しかし現状は、今の仕事で1日の大半は拘束されるので考える時間や余裕すらない。なので今の仕事を続けるしか方法はない。これでは正に負のスパイラルです。

 

スパイラル状態の環境が何年も何十年も続けば、人間は人格が変わり完全に会社に尽くすロボットが量産されて行きます。

 

基本的に人間が豊かになれる要素は、ヒト、モノ、カネです。

 

この資源をどう自分の元に還元されるかが、人生を豊かに彩るキーなんです。

 

普段から思考停止状態に陥って、考える事すら拒否してしまっては人間そこで成長なく止まってしまいます。何かチャレンジするのが怖い、何かに投資するのがリスク、起業なんてまっぴら、この様な事を自分のマインドに持っていたら100%今の苦しい状態から抜け出す事は不可能です。

 

世の中に「失敗」などありません。

 

あるのは「成功」か「学習」しかないんです。

 

新しい事にチャレンジして上手く行かなった時でも、それらは必ず人生のうちの「経験」となります。その経験こそが次のチャレンジに必ず活きてきます。

 

ただひたむきに、目の前の仕事を淡々とこなす。確かに素晴らしい事です。しかしあなたが今の生活や暮らしに満足していなければそれらは全く無意味なんです。

 

お金の為だけに生きるのであれば、宝くじやパチンコのようなギャンブルでもお金を得る事ができる訳ですからそのような方法で目的は得れます。

 

しかし、この様な博打的な人生を歩み全てを運任せの様な事をしてもそんなものは全く継続性がありません。僕はお金が全てだとは言いませんが、お金だけの為に生きるのは「お金至上主義」になると思います。

 

⇒自分で稼ぐ力を身に付ける事は社会のあらゆる義務から解放される


何(what)よりもどうやって(how)の方が圧倒的に重要


僕はこの世に「天職」などないと思っています。

 

何故なら、人間の心は必ず「飽き」が来るからです。

 

基本的に人は痛みを避けて快楽を得たい生き物で、同じ事を生まれた時から死ぬまで継続してやり続ける事は苦痛でしかありません。

 

要は、快楽を得たいと言う心理より圧倒的に痛みを避けたいと言う心理の方が先に働きます。つまり、同じ仕事を長年ずっと継続してやり続ける事は苦痛以外何者でもない訳です。

 

それを、自分はこの仕事が天職だ!と言える人がこの世にどれだけいるのか?と言う事です。

 

これは実際に、研究の結果が出ていますが人間は「お金の為に働くより、無償で働いた方が有益なアイデアが産まれる」と言う研究結果が既に証明されています。

 

よく、仕事に夢中になりすぎて「自分は一生懸命努力しているのに報われない」と言う事を言う人がいますが、これは全く持って間違っています。

 

そもそも、「努力をすれば報われる」と言う概念こそが大間違いで間違った努力をいくら一生懸命やっても結果は永遠に出ません。

 

会社の上司や、周りは「努力が足りないだけ」と言いますがそうではなく根本的に根っこの部分から間違った努力をしているケースが圧倒的に多いです。

 

日本の義務教育や、一般企業ではサラリーマンを量産させる教育をしてきていますので、「何を?」を重要視した傾向が強いです。

 

料理人になりたいから調理師学校に行く

美容師になりたいから美容学校に行く

弁護士になりたいから法律学校に行く

介護士になりたいから介護学校に行く

要は、雇われる前提でこれらの資格を取りに行き学ぶ事をしている訳です。

 

確かに就職すれば、毎月の給料はちゃんと働きさえすれば安定はするかも知れません。

 

しかし、最大のリスクは自分の体が壊れるまで永遠に定年まで働き続けないといけない事です。年功序列がまだ日本には根付いていますから年数と共に給料は上がって行くとは思います。

 

しかし、いきなり今の給料が格段に上がる訳がありませんし、上がったところで数万円程度です。この様な状態が定年まで続くと思うと、自分の体が動くのも年齢と共に限界が生じてきます。

 

将来あなたが描く「金持ち父さん」「貧乏父さん」の境目は、何を?(what)よりも、どうやって稼ぐか?(how)の方が圧倒的に重要だと言う事だと思います。

 

PS,

僕は現在、インターネットビジネスで稼げるようになり自由な生活を実現できる様になりましたが、まだまだこの世界は自分で自立して稼いで行く事に対して思いが薄い方が多いので、ちゃんと自分自身の将来やビジョンと言うものを明確にして、これからも自分1人の力でも稼いでいけるスキルや知識を向上して行きたいと思います。

 

もしあなたが、僕の様な自由にストレスなどとは無縁の人生を送りたいと言う考え方を持っていらっしゃるのであれば、今なら無料でインターネットビジネスで稼いで行ける教科書をプレゼントしていますので、ご興味があれば下記をクリックして今すぐ手に取ってみて下さいね。

 

自宅にいるだけの隙間時間で本業以上もの収入を得たい方へ動画講義80本以上、テキスト100本以上の圧倒的ボリュームです。経済的、時間的自由を目指しストレスフリーな人生を歩みたい方の為のネットビジネスビギナー用のコンテンツを期間限定で無料プレゼント中です!

今すぐ画像をクリック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です