美容師の技術の差が上手い下手とか言ってる奴はバカ!相性だよ!

どうも。元社畜美容師のizuruです!

 

今回は美容師の技術(テクニック)についてお話しして行きたいと思います。

 

よくいますよね。あの人の技術は上手い下手などの事を言う同業者の美容師って。でもねこの思考は完全に間違いですね。

 

そもそも、何と誰を比較して「上手い」とか「下手」と言う基準を出しているのか・・・?

 

そんな事を言っているあなたのテクニックはじゃあどうなの・・・?ってなりますよね。

 

美容師とお客さんの関係って、個人間の関係なのでお店はハッキリ言って全く関係ありません。

 

お客さんは、あなた(美容師)に施術してほしいからその美容師が勤めているお店に行っているだけで、美容室とお客さんと言う関係ではないんですよね。

 

殆どの美容師はここの本質を理解していませんね。

 

要は、結局のところ美容室と言うお店は美容室がお客さんの頭を施術するだけの「箱」と言う事で、お客さんに一番影響を与えているのは技術を提供する美容師と言う事です。

 

そこに、関係ない他の同業者の美容師があの人の技術は上手いとか下手だとか、そんな事全く関係ないですし無意味です。

 

なぜ、日本の美容師って同業者同士で叩きあったり、攻撃し合ったりするのか僕には全く理解出来ませんね。

美容師の技術の差が上手い下手とか言ってる奴はバカ!


今でこそ低料金サロンが台頭して、値下げ合戦などが展開して安い美容室に足を運ぶお客さんも増えましたが、そうは言っても結局は自分の髪質や骨格などをちゃんと把握して施術してくれる美容師を探しているはずです。

 

そこに「安いから」とか「高いから」と言う概念はなく、安売りサロンに足を運んでいても心の奥底では綺麗に仕上げて欲しいと言う欲望が必ず誰でもあるものです。

 

よく、いい美容師の見分け方などでこの様な事がネット上でも言われていますね。

美容師の経歴やプロフィールを必ず見る

そのお店の店長など責任者を指名しろ

希望するスタイルを一度施術したことがある

このお店で一番カットの上手い人を指名しろ

口コミを見ろ

ハッキリ言いますが、こんな事信用している奴はアホですね。

 

ぶっちゃけ、美容師の技術やテクニックなんて普通のスタイリストにでもなれば差は殆どありません。

 

カリスマなどと言われて活躍している人たちは、「見せ方」が上手なんです。それプラス広告費を投下して自分のブランディングを高めている戦略をとっているんです。

 

これは、ビジネスの世界で言うマーケティング戦略で技術どうこうと言うより「見せ方」で9割型その人に施術してもらったら価値があるのかそうでないのかが決まっている訳です。

 

確かに、プロですからテクニックや技術は素人ではありません。ただ彼らには莫大な広告費によってブランディングが構築されていますから自分でオリジナルの「なんちゃらカット」とか「なんちゃらパーマ」を生み出し、そこで自分の技術を宣伝している訳です。

 

なので、やっている技術は普通の町店に勤めている雇われ美容師となんら遜色はありません。

 

要はお客さんとの相性です。

 

技術が上手いとか下手とか、そこまで関係するものではないと思いますし、そもそも全てのお客さんとマッチする美容師などこの世にいませんからね。

 

日本の雇われ美容師はお金について考えるべき!働き方を見直そう!


そもそも上手い下手の基準を勝手に判断するな!


これ、よく美容室経営者や店長と言った現場の管理者がよくありがちな事です。

 

あの子の技術は上手いけど、あの子はまだまだ・・・

 

みたいな事って、僕が美容師をやって居た頃によくある現象だったんですが、これってどういう事なのかなって思っていました。

 

お客さんが、「この美容師さんは上手い」「この美容師さんは下手」と言う事を判断するのであれば話は解ります。何故なら、価値提供しているのは美容師とお客さんな訳ですから、自分の価値と見合うのか?それとも見合わないのか?の判断はお客さんが行います。

 

なので、価値に対してお金を払うのはお客さんな訳ですから「この人上手い」とか「この人下手」と言う判断は全てお客さんが判断する権利があると言う訳です。

 

そこに、全く関係ない第三者が入って来て「この子は上手い」とか「この子は下手」とか意味不明ですよね?

 

そもそも何を基準に判断しているの・・・?

ハサミの持ち方?

ハサミの入れ方?

角度?方向?接客?

業界では、「ベーシックに忠実になれ」とか「ストロークカットは演出だ」とか「セニングはあまり使うな」とか、色んな事が言われていますよね?

 

あのね。結論から言えばぶっちゃけてそんなものどうでもいいですよ。

 

最初の原点に帰れって思っちゃいますね。

 

あなた達の仕事は何なんですか?と言う事です。

 

技術やテクニックなどの表向きな小手先な事ばかりを追い求めるのがあなた達の仕事なんですか?と言いたいですね。

 

お客さんに価値を提供して、その対価を受け取る事なんじゃないんですか?

 

その対価を多く受け取れるかで、お店の経営やスタッフの生活や人生を支えて行かなくてはいけないんじゃないんですか?なのに、技術が上手いとか下手とか経営に全く関係ない事をやっている事に多くの美容師や経営者は気付くべきです。

 

⇒スタッフがすぐ辞める美容室ほどバカの集まり!いい加減気づけ!

ハッキリ言いますが、マーケティングで一番やってはいけない事が小手先のテクニックや技術だけに走る事です。

 

結局は、どんなサービス業やお客さん相手の商売であってもテクニックや技術はそもそも前提としてあるものなので、そこに注力していてはダメだと言う事です。

 

ラーメン屋さんが、ラーメンを作れなかったらどんなに集客しても売上はゼロですよね?なのでラーメンと言う技術は作れてもはや当たり前の話です。そこに無駄な時間を掛けてはいけないと言う事ですね。

 

結局、お客さんに沢山の対価を貰おうと思えば、小手先の技術などではなくやはり相性です。

 

そもそも、美容師の技術なんて本気で学ぼうと思えば短期間で得る事ができますし、誰でも訓練をすればカットなんて出来る様になります。

 

後は、自分の独自性を出してオリジナリティーの感性をいかにお客さんに表現出来るかだけなので、そこに「上手い」「下手」の概念など全く持ってない訳です。

 

今の時代で、まだそんな事を言っている美容師はただのバカです。

 

美容師の価値は、技術ありきではなく「相性」がその殆どのフェーズを占める事を今の美容師は是非頭の中に入れていて欲しいと思います。

 

PS,

僕は現在、インターネットビジネスで稼げるようになり自由な生活を実現できる様になりましたが、まだまだこの世界は自分で自立して稼いで行く事に対して思いが薄い方が多いので、ちゃんと自分自身の将来やビジョンと言うものを明確にして、これからも自分1人の力でも稼いでいけるスキルや知識を向上して行きたいと思います。

 

もしあなたが、僕の様な自由にストレスなどとは無縁の人生を送りたいと言う考え方を持っていらっしゃるのであれば、今なら無料でインターネットビジネスで稼いで行ける教科書をプレゼントしていますので、ご興味があれば下記をクリックして今すぐ手に取ってみて下さいね。

 

今ならネットビジネス初心者さんが稼げる様になるまでのルートを示したパスポートを完全無料でメルマガ読者さん限定で絶賛プレゼント中!!

今すぐこちらをクリック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です