ネットで稼ぐ仕組みができれば仕事で働くのがバカらしくなる

こんにちは。元社畜美容師のizuruです!

 

今回は、インターネットで稼げる様になれば本業などの仕事で真面目に働くのがバカらしくなる事についてお話しして行きたいと思います。

 

リアルなどの労働で1日1万円の日給を手にしようと思えば、時給1000円の仕事を10時間こなさなくてはいけませんね。

 

そこから、1日の食事代やお酒代などを引いたなら大体8000円ぐらいが手元に残る感じでしょうか?そして仕事が終われば「あ~今日も疲れたな~」と言って一杯のビールを飲みながら1日が終わって行く感じです。

 

これらを永遠と、1週間繰り返し又1週間繰り返してと続くのが世間一般の働き方だと思います。

 

そもそも、サラリーマンの人であれば週に2回、サービス業の人であれば週に1回しかない貴重な休みでも自分の体を休める事だけに時間を取られて行く人生に相当なストレスを感じている人も世の中には沢山いらっしゃいます。

 

決められた有給など取ろうものなら、会社の上司や同僚などから突き刺さる様な冷たい目線で攻撃され、普通に「今日は体調が悪いので休ませて貰います」などの事でも悪者扱いされる世の中です。

 

全く持って理不尽な世の中になってしまったものです。

 

いつから、こんな世の中になってしまったのか・・・?

 

しかしながら、元から資産家や親が企業の社長などを努めていて生まれ持ってからのお金持ちと言う人間もいる訳です。彼らは毎日必死になってやっと手にできた1万円の労働など全くせずとも優雅に暮らし、自分の人生を豊かに彩る事が可能な訳です。

 

ハッキリ言って、日本て超格差社会です。

 

基本僕達って、クソ真面目に仕事をして働く事がもはや当たり前の習慣で生きていると思いますし、働かないとお金を生み出せないと思い込んでいる訳ですから・・・

 

しかし、労働以外でもお金を生み出す事が可能な事をあなたが知っていれば話は別です。

ネットで稼げる仕組みができればクソ真面目に働くのがバカらしくなる


初めに言って置きたい事がありすが、1日14時間も職場に拘束され所詮経営者を儲けさせるためだけに月給25万円と言うお金を貰うだけの生活なんて僕には到底耐えられません。

 

僕が、美容師をやっていた頃は正にこの状態だったので今思うとゾッとします(^_^;)

 

基本的に僕の考え方は、雇われて上司などから指図を受ける事や、自分が頑張って働いた分の対価を全うに受ける事が出来ない環境に身をおく事に疑問を感じていた人間なので、早くその場から出たかった訳です。

 

とは言っても、ほぼ40歳まで雇われていた訳ですから気付くのが遅いだろうと・・・(笑)

 

なので、結局のところ人間はお金を稼いで行かないと生きていけない訳ですから、「体」を使うのか「頭」を使うのかの2択しかない訳です。

 

時に、近年ではネットで稼ぎたいと言う人がサラリーマンなどをしながら副業で参入してきますが、多くの人が「せどり」や「オークション」「アフィリエイト」などのビジネスで始められる人が目立ちますね。

 

インターネットを使って稼ぐと言う事は、まだまだ世間では認知されていませんし、社会的証明も不十分なところが多いです。特に汗水垂らして必死で働くと言う事を毎日してきている人達からすれば全く持って理解出来ない世界なんだろうと思います。

 

どう見ても、自分の労働対価とは見合わない事をしているのにもかかわらず、給料日になると何故かホッとしている自分がいたり、今では殆ど働かなくても収入が入ってくる仕組みを作り自分の時間や友人などといつでも逢える環境を構築しても、やはりそのような汗水垂らして働いている人達からすれば胡散臭く見られる訳です。

 

僕が何故、ネットビジネスに参入して自由な人生を築きたかったのかは、僕のプロフィールに詳しく書いていますが、全ては労働環境がめちゃくちゃだったからです。

 

でも今思えば、この様なきっかけを作ってくれた訳ですから感謝している位です。

 

結局のところ、経済的自由や時間の自由を得る為には「雇われるか」「雇うか」の2択でしかないと言う事で、どちらの道に進むかは完全にあなた次第です。

 

考えなくても解ると思いますが、このどちらが人生を豊かに彩れるかは完全に後者です。

 

いつの時代も、大きなお金や権力、主導権を握るは人を動かす側、すなわち雇う側です。

 

僕も、今までずっと雇われる側にいましたので、あなたの気持ちは痛いほどよく解ります。しかし、この立場を死ぬまで永遠に継続していては何も残りませんし搾取されて人生が終わります。

 

僕はこの様な人生を考えただけで、あり得なかったですし自分の人生何だから自分の好きに生きる事を誓った訳です。そして今ではその目標が叶い労働をしなくても収入が得れる仕組みをネット上に構築して働くのがバカらしくなった訳です。

 

先程も言いましたが、結局のところ「雇われるか」「雇うか」だけの人生なので、考え方は非常にシンプルです。是非あなたも後者の方に入って自分の人生を彩って欲しいと思います。

 

⇒安定の為か幸せの為か?どっちで生きているんですか?


額に汗を流して何も考えずに真面目に働いてるやつはバカ!


これはホリエモン事、堀江貴文さんがメディアに対して発言していた言葉ですが、

額に汗を流して何も考えずに真面目に働いてるやつはバカ

と彼は語っています。

 

一見、かなり世間から批判を浴びそうな言葉だと思いますが、僕はこれを名言だと思っています。

 

彼の言っていることは、全く持って正論ですし何にも間違っていないと思います。

 

おそらく、多くの人は「バカ」と言う言葉に過剰な反応を示し彼を批判する人は批判すると思いますが、冷静になって考えたらこんな事は全くもって当たり前の事です。

 

要は、企業側は月給30万円の給料を払って100万円の生産性を生み出したいわけです。100万円の給料を払えば500万円の生産性を生みたい訳です。

 

経営者は、真面目な社員をどう上手く自分の利益に反映させるかを常に考えているので、ホリエモンが言う上記の事は、「真面目に働けば働く程あなたは搾取されて終わる」と言う事です。

 

真面目な人と一言で言っても色んなタイプがいますから、一概には言えませんが少なくとも上司や経営者の言う事はいかなる理不尽な事であろうとも「はい」と答えるいわゆる「イエスマン」を企業は常に育てているんです。

 

なので、結局のところこの様な事を「知っているか」「知らないか」だけの差だと僕は思っていて、「知っている」人は会社などの組織に頼らず自分の力で稼げる様になり、いずれこの様な搾取されて終わる環境に身をおくことなく自分で自由に稼いで行くんです。

 

⇒イエスマンになるな!安定と言う社畜になっていませんか?


ぶっちゃけて働いてもいないのに収入が入るのは理解出来ませんでした


要は、簡単に言うとどう言う人が稼げて自由が得られるのかと言うと、「思い立ったらすぐ行動できて、自分からリスクが取れる人」です。これに尽きます。

 

確かに、コツコツ真面目に上司の言われた事をひたすらやれる人は、安定して給料を貰う事が出来るでしょう。しかし、あくまでもその組織の中だけの関係なので、会社が業績悪化や人員削減などの事をしてきたらどうでしょうか?

 

もちろんあなたにも影響が出る可能な無きにしもあらずです。

 

リストラまでは行かなかったとしても、「給料が下る」「労働時間が増える」などの考慮は無にかしら発生しても全くおかしくない時代です。

 

実際に、僕も美容師時代は客数が減ったからと言っていつもの給料から下がった事も何回もありましたし、いきなり来月から営業時間が30分早まるなどの事もありました。

 

営業時間が早まったからと言っても、僕達の給料には全く反映されません。

 

こんな事がいつ何処であるかが解らないのが会社だと思います。

 

基本的に普通の個人だと、資本力も営業力なども限られる訳ですから、確かにそう簡単に稼ぐ事は容易な事ではないかも知れません。

 

組織の中で大きな資本力を活かし、ただ漠然と真面目に働いてくれて、とっぴょうしも無いことをやらなければそう言う人は企業の中で生涯として数千万円分の価値を会社に提供している事になります。

 

そして、そのような人達は安い給料で働き続けます。

 

結局は「知っている」か「知らないか」

是非あなたも今の環境に満足していないのであれば、「知っている」側に立ちましょう。

 

PS、

僕は現在、インターネットビジネスで稼げるようになり自由な生活を実現できる様になりましたが、まだまだこの世界は自分で自立して稼いで行く事に対して思いが薄い方が多いので、ちゃんと自分自身の将来やビジョンと言うものを明確にして、これからも自分1人の力でも稼いでいけるスキルや知識を向上して行きたいと思います。

 

もしあなたが、僕の様な自由にストレスなどとは無縁の人生を送りたいと言う考え方を持っていらっしゃるのであれば、今なら無料でインターネットビジネスで稼いで行ける教科書をプレゼントしていますので、ご興味があれば下記をクリックして今すぐ手に取ってみて下さいね。

 

今ならネットビジネス初心者さんが稼げる様になるまでのルートを示したパスポートを完全無料でメルマガ読者さん限定で絶賛プレゼント中!!

今すぐこちらをクリック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です