自由を得たいなら他人から嫌われる勇気を持て!他者と比較するな!

こんにちは。元社畜美容師のizuruです!

 

今回は「自由を得たいなら他人から嫌われる勇気を持て!」と言う事に焦点をあててみたいと思います。

 

あなたは、自分の人生について深く考えた事がありますか?

 

レールに乗っただけの人生や、既に決められた道をただひたすら追い掛けて行く人生など様々な生き方があると思います。

 

世の中の人達は僕も含めて基本、他者から褒められたり認められたりすると非常に嬉しいはずです。ただ1つだけここで注意しないといけない事があまり他者から褒められたり認められてばかりいると、他人のための枠だけに生きる事を意味します。

 

たとえ、その場では認められて気分が良くなっても、また「褒められたい」「認めて貰いたい」と言った心理状態が働き、他人の為の行動を取る様になってしまいます。

 

つまり、相手に「依存」した行動を自分が気付かずに取っている事になり、それらはあまり良い事ではありませんね。別に僕達は他人に褒められたり認められる為に人生を歩んでいる訳ではないはずです。

 

それに比例して、他者もあなたに褒められたり認めて貰う為に生きている訳ではありませんよね?

 

なので、「褒められる」と言う事はその場では嬉しくて気分が気持ち良くなると思いますが、実は他者依存に陥りやすい性質も持っている事を忘れてはいけないですね。

そもそも自由とは何なのか?


よく、「自由人」とか「天然」と言う言葉が出てきますが、職場などの環境で集団で同じ事に向かって仕事をする様なケースではよくこれらの人は嫌われる性質があります。

単刀直入に言いますが、僕から言わせて貰うと「嫌われるのは相手が我慢ばかりしているだけのヒガミ」だと思っています。

 

別に、どうでも良い様な事は気にせずに、人生1人1人が自由に楽しく過ごせたらそれでいいじゃんと思います。この様な生き方の方が全うな人生だと思いますよ。

 

そもそも「自由」とは何か?と問われた時に、「雇われて無い事」「縛られていない事」「組織に属して無い事」「自分で自立している事」などが挙げられますが、世の中の人達はこれらを人生の理想として生きているはずです。

 

にもかかわらず、世の中の人達に「あなたは今自由でしょうか?」と問いかけたらほとんどの人は「自由ではない」と答えるはずです。

 

不思議なものです。

 

人は、理想として掲げているものがあるのにもかかわらず、世の中のほとんどの人達がそれを達成できずにいる訳ですからね。

 

ではなぜ人は自由になれないのか?

 

  • 雇われているから・・・?
  • 嫁や子供がいて食わせて行かないと行けないから・・・?
  • 簡単に仕事を辞めれないから・・・?
  • 会社に依存してでも給料が無かったら生きて行けないから・・・?
  • 子供の育児や子育てがあるから・・・?

ぶっちゃけて言いますが、本気で「自由」を得たいなら

 

捨てれるものは捨てましょう!

 

と言う事です。

 

こんな事を言うと批判を受けるかもしれませんが、否定している訳ではありません。よくよく原点に帰って考えて欲しいのです。

 

そもそも、オギャーと生まれた時には人間皆1人1人自由なんです。

 

別に、誰かがあなたの手に見えない手錠を掛けて自由を奪っている訳でも何でもありません。つまりは誰しもがそもそも自由なはずなのに、自らの手で自由から遠ざけているだけなんです。

 

毎日夜遅くまで仕事に打ち込み、自分の時間など週に2回しかない休日だけの環境や、子供が産まれた為に自分の時間など全く無になってしまった主婦の方。

 

自分が持った家庭の為に、その家庭を守り抜くと言う選択をしているのは、紛れも無くあなた自身です。しかし、自由も欲しいし愛する家庭も欲しい、これも欲しい、あれも欲しいとなるとそれ相当の「覚悟」が必要だと言う事です。

 

日本人は特に「みんなと一緒」が大好きな人種ですから、組織に属していることが「安定」とか「幸せ」と言う言葉に直結しがちです。

 

しかし、本質は完全に真逆なんです。

 

自由を得たければ、そもそも人間は自由と言う名のものとに生まれてきている訳ですから、むしろ今自分の体に染み付いている余計なものを捨てていくと言う考え方を持つとかなり気分が楽になるはずです。

 

⇒【働かざる者食うべからず】は古いしおかしいし大間違い!!


自由を得たければ嫌われる勇気を持て!


そうは言っても、人間嫌われる事に敏感に反応しますよね(^_^;)

「嫌われたくない」「1人は寂しい」「失いたくない」これらの心理的要因が働きおそらくあなたもこれらの事に敏感ではないでしょうか?

 

しかしながら、これらの事になりたくないからと言って、素の自分を隠し猫を被る様な生き方は本心な生き方とは言えません。

 

心理学者のアドラーはこの様な事を語っています。

自由とは、他者から嫌われることである

たった一言ですが、かなりの名言です。

 

別に猫なんか被らなくても、素の自分を出したところであなたから離れずに今までの関係性を築く事は十分にできます。むしろその程度で離れて行くような人間関係であればそんな奴は相手にしなくてもいいですし所詮薄っぺらい奴です。

 

そんな奴を相手にしていたら逆にあなたの有益な時間が奪われるだけですので、絶対にそんなしょうもない奴は相手にしないで下さい!

 

よく、「人の為に生きる事は良い事だ」と言う事を聞きますが、これはかなり間違っていると僕は思います。って言うか「人の為に生きているほどお人好しな人間などいない」と言った方が正解でしょう。

 

よく考えて下さい。

 

人の為に生きるって事は完全に「依存」していますよ。

 

自分の生き方を完全に相手からコントロールされてる状態ですから、これ程危険な生き方はないですよ。こんな事を言ってる奴はほんとゲス野郎ですよ。

 

⇒経済的自由になりお金持ちになりたければ貯金はするな!


ありのままのあなたでいいんだよ!


これはアドラーも言っていますが、基本的に他人から依存した生き方はするなと愚直に語っています。

 

また、他者の味方に自分自身を合わせる必要性も全くないと語っています。つまり、ありのままの自分を出して本来人間があるべき姿である自由奔放に生きる事が大事と言う事です。

 

他人から承認を求める行動や、認められたいが為に自分の自由を奪われていたら前代未聞です。この様な事にならない為にも、自分の自由を貫き「嫌われる勇気」を持つことがとても重要です。

 

とは言っても、世の中の人達は嫌われたくないからと直ぐに相手に合わせたり、上司の命令だから理不尽な事でも従わなければいけないと言う事に流されてしまい、根本的に波長があっていないにもかかわらず、自分自身を「自己犠牲」しています。

 

これらの事は、本当に自分の人生を台無しにしていますし、時間も無駄にしています。しかし、これらの結果は自分の為ではなく他者に合わせてしまった結果以外何者でもありません。

 

アドラーも、

他者からの承認を求め、他者からの評価ばかり気にしていると、最終的には他者の人生を生きることになってしまう

と語っています。

 

本当に自由を手に入れている人とは、誰が何と言おうが誰に反対されようが、自分の信念を貫き通し最後までやりきっている人です。

 

僕達の人生や大事な時間を決めるのは、生まれてきた環境でも無ければ天才的なスキルや能力でもありません。自由を手に入れる為に自分が「変われるか」「変われないか」だけの違いだと僕は思っています。

 

あなたの人生は、何の為にあるのか?誰の為にあるのか?自分の為なのか?他人の為なのか?家族の為なのか?もう一度再確認していただいて、自分の人生をより良い方向へ導いて欲しいと思います。

 

僕は現在、インターネットビジネスで稼げるようになり自由な生活を実現できる様になりましたが、まだまだこの世界は自分で自立して稼いで行く事に対して思いが薄い方が多いので、ちゃんと自分自身の将来やビジョンと言うものを明確にして、これからも自分1人の力でも稼いでいけるスキルや知識を向上して行きたいと思います。

 

もしあなたが、僕の様な自由にストレスなどとは無縁の人生を送りたいと言う考え方を持っていらっしゃるのであれば、今なら無料でインターネットビジネスで稼いで行ける教科書をプレゼントしていますので、ご興味があれば下記をクリックして今すぐ手に取ってみて下さいね。

 

今ならネットビジネス初心者さんが稼げる様になるまでのルートを示したパスポートを完全無料でメルマガ読者さん限定で絶賛プレゼント中!!

今すぐこちらをクリック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です