クソ上司はとにかく逆手に取れ!まともに相手にするな!

どうも。元社畜美容師のizuruです!

 

今回はクソ上司やアホ上司は逆手に取れと言う事について着目していきます。

 

クソ上司にも色んなタイプがあり、意味もなく理不尽なタイプとただただ厳しいだけのタイプがいると思いますが、その反面部下想いの上司も少数派ではありますが存在するのも事実です。

 

しかし、それでも変な上司と言うのは嫌がらせかの様に日々僕達の行動を否定して、自分の社会的立場を利用し徹底的に追い込んでくるものです。

 

今回は、そんなクソ上司に対する対策や逆に逆手に取って精神的に楽になれる方法を見て行きたいと思います。

クソ上司の感情を上手く使え!


毎日毎日、日々のお仕事ご苦労様です。

ほんと疲れますよね。

 

特に、クソ上司などにイチャモンを付けられた時やどう考えても達成不可能なノルマを突きつけられた時には、かなりのストレスや精神的に参ってしまうものです。

自分の中では、あまりネガティブな要素を考えていてはストレスを抱えるだけなので、あまり深く考えない様にしているつもりでも、ふと嫌でも考えてしまうものだと思います。

 

そこでですが、逆にクソ上司の感情を逆手に取る事をオススメします。

 

どう言う事かと言うと、あなたがクソ上司に色々言われている時は感情を支配されている状態なので、これを逆にあなたが感情をコントロールしてしまえばいいんです。

 

結局、あなたがどれだけクソ上司に文句やキツイ事を言われて孤立しても、その環境に打ち勝たなければ行けない訳ですから、それであれば支配される様な状態ではなくこちらが心の中だけでも支配する側に立ち主導権を握る様にすればいいのです。

 

業務上は、クソ上司の方が立場が上ですが心の中に上下もクソもありません。

 

クソ上司のほとんが、業務上の事だけで罵倒をしてきたり、怒りをむき出しにしてくる事がそもそもの根本的な原因ではなく職場以外での家庭内の事や、クソ上司自身の感情を押し殺し我慢していたものが一気に吹き出したと言う事が大半なので、まあ~ほとんがあなたの事だけで怒り狂っている訳ではないんですよね。

 

⇒イエスマンになるな!安定と言う社畜になっていませんか?


アドラーの心理学でクソ上司の感情を上手く使え!


とは言っても、1日中そんなクソ上司と一緒に仕事をすること自体ストレスを抱えると思いますし、僕もこれらが原因で美容師から脱出しましたからね(^_^;)

とにもかくにも、クソ上司の感情を揺さ振り上手く使うには、心理学者のアドラーの法則が非常に参考になります。

 

基本的にクソ上司は、自分が発した発言に対して自分の取るべき態度やその後の行動が変わるとされていますので、このことに関してもアドラーは以下の様に語っています。

 

共同体感覚が発達している人は、自分の利益のためだけに行動するのではなく、自分の行動がより大きな共同体のためにもなるように行動する。なぜなら、人間は社会という網の目の中に組み込まれているからである。それに対して、共同体感覚が未熟な人は、自分の行動の結末や影響を予測することをやめて、自分の利益だけしか目に入らないようにする。

つまりですが、本当に組織や会社の利益になる事であると理解している上司などは、自分の利益の為だけに行動するのではなく、会社全体のバランスや事情を考えて行動すると言う事です。

 

しかしながら、そんな事は何も解っていないクソ上司などは自分の利益が第一と言う思考なので、自分の立場や利益が損なわれると察知すれば必要以上に自分より社会的立場が下な部下などに責任を押し付けたり、己の身の守ろうとする心理が働くのです。

 

これによって、仕事場におけるクソ上司の罵声には、上司自身への喝の意味合いも含まれていると思うようにして、必要に応じてあなたが仕事の目的に向かって一歩踏み出す、または退くきっかけが見つかるかもしれないと捉えてみましょう。

 

要は、そんなアホな上司の感情をこちらが支配して逆手に取ればこちらの気分も少しは晴れてストレスから軽減できるのです。

 

⇒アホな上司ほど器が小さく保身ばかりなのはなぜなのか?


実は感情のコントロールは企業にも頻繁に使われている!


普通の中小企業や大企業などでも、感情のコントロール術は頻繁に使われているものです。

 

例えば会社が大きくなればなるほど大企業へと発展していくわけですが、大きくなればなるほど外的要因からのリスクが大きくなります。

 

今やインターネットは避けて通れない時代になっていますので、ハッカーからのサイバーテロやデータベースの改ざんなどからの侵入などによる被害からのリスクは当然大企業になればなるほどセキュリティーなどの対策はしています。

 

問題はその対策なんですが、ここでハッカーなどに対して感情的なコントロールをしてこちら側が主導権を握り、セキュリティーをしているケースがほとんどです。

 

基本的にハッカーが何の目的で攻撃してくるのかをたどれば、「お金」以外ないと思います。

 

そのお金を得ようと思えば、「時間」が掛かる事や「めんどくさい」などと言った事が出てくれば、当然ハッカーもそんなものには手を出して来ません。

 

要は、結果をすぐに求めるハッカーの様な性格は「辛抱」や「我慢」と言った事が基本無いため、最初からこの様な感情を逆手に取り、リスクを無くしたり又は減らしたりしているのが企業の戦略だと言えます。

 

この様に、職場の上司などだけではなく一般企業にも多く感情のコントロールは使われているので、是非あなたも人間関係などで悩まれているんでしたら上手く活用して頂ければいいと思います。

 

僕は現在、インターネットビジネスで稼げるようになり自由な生活を実現できる様になりましたが、まだまだこの世界は自分で自立して稼いで行く事に対して思いが薄い方が多いので、ちゃんと自分自身の将来やビジョンと言うものを明確にして、これからも自分1人の力でも稼いでいけるスキルや知識を向上して行きたいと思います。

 

もしあなたが、僕の様な自由にストレスなどとは無縁の人生を送りたいと言う考え方を持っていらっしゃるのであれば、今なら無料でインターネットビジネスで稼いで行ける教科書をプレゼントしていますので、ご興味があれば下記をクリックして今すぐ手に取ってみて下さいね。

 

今ならネットビジネス初心者さんが稼げる様になるまでのルートを示したパスポートを完全無料でメルマガ読者さん限定で絶賛プレゼント中!!

今すぐこちらをクリック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です