美容師が髪切った後お客さんに【後ろ触ってみて】と言う奴はゲス野郎!

どうも!元社畜美容師のizuruです!

 

今回は美容室などに行った時に、担当美容師からカットをしてもらった後に「後ろ触って貰っていいですか?」とあなたは聞かれた事がありませんか?

 

僕は元美容師でしたが、美容師をやっていた時からライバル店や新規でオープンした美容室などによく好奇心でカットなどに行っていました。

 

その時に、ほぼ100%と言っていいぐらいにカットをし終わった段階で「後ろの髪触って貰っていいですか?」と聞かれていました。

 

あなたもカットをしに行って、この様なことは必ず1回位は言われた事があると思います。

 

そこでですが、あなたは何と答えていますか?

 

ちなみに僕はですが、「はい。OKです」とほぼ100%の確率で答えています。

 

が・・・!

 

明らかに、仕上がりが納得出来ていなくても、明らかに長さが短くなりすぎていても、明らかに量感がスキすぎていてもです!

 

では何故、「はい。OKです」だと思いますか・・・?

 

おそらくあなたも、「後ろ触ってみて下さい」と言われれば、「すご~い!!!軽くなった~!!!」などとアホみたいなテンションでもしかしたら答えていませんか?

 

でも、それ本心ですか・・・?

カットし終わった後に「後の髪触って貰っていいですか?」と言う美容師はゲス野郎!


そもそも僕も美容師だったので、何となくそのような事を言う意味は解ります。

「後ろの髪触って貰っていいですか?」は元々、バックの髪の毛の量感を梳いたので、希望通り軽くなったかの確認をする為です。

 

しかし、ここで希望通りではなく量感が思っている以上にスキすぎていたり、長さが短すぎたりしたケースではどうでしょうか?

 

って言うか、ぶっちゃけそのような場合が殆どだと思いますよ。

 

僕はお客さんの立場で、美容師でありながらよそのお店などにもよくカットをしに行っていたので、もちろん自分が美容師をやっていると言う事は隠して行っていましたが、今まで行った美容室の殆どが最初に伝えた希望の長さや量感の調整などとは程遠い仕上がりでした。

 

なので、自分がお客さん目線でよその美容室にカットに行っていたので、自分がそう思うと言う事は自然にお客さんも同じ事を思っている事なんじゃないかなと思います。

 

案の定、お客さんの声も

えwwごめんなさいわかんないですwwww」って言ったら「僕も分かんないですけどツヤツヤになってません??www」って言われてクソガバだなと思った。

 

もうちょいすいてほしいときの言い出しづらさったらない

 

触ってみてくださいって言うからとりあえず触ってそれなりの反応してたのに、あっもう少し切るんでもういいですか?って言われた時のやるせなさ…

 

鏡もたされて後ろ見せられるのもどう反応していいのかわからん

と、かなり本音の意見が多いんです。

 

こんな事にも気付かないお馬鹿な美容師は、「すご~い!!!軽くなった~!!!」などと、

 

梳いたんだから軽いのは当たり前でしょ?

 

と言いたくなるような、アホな言葉に惑わされてエゴを全面に出している美容師が多すぎますね(特に男性美容師)(^_^;)

 

そんな中でも、解っている美容師も少数派ではありますがちゃんといてます。

それで、正解です。
鏡越しで、美容師さんが満足げな顔を
してると思います。

と、全うな意見を言ってくれる美容師も中にはいてるものです。

 

僕も元美容師でしたから、言いたくなる気持ちは解ります。

しかし、殆どのお客さんがそれを言われたところで、カットをし終わった状態なので仕上がりが希望通りではなかった場合、「時既に遅し」状態ですし、そもそも上記の様な事を思っているお客さんが殆どなので、この様な事を行っても無意味です。

 

ちなみに、僕が美容師だった頃はお客さんに対してこの様な事は殆ど言った記憶がありません。何故なら切った後なのでそもそも元の状態に戻す事は物理的に不可能ですし、ヘアスタイルと言うのは全体のバランスやフォルム(形)で初めて成り立つものです。

 

後ろの形や量感だけで成り立つものでもないですし、後ろの髪の毛だけを後から手直ししてそこだけ量感を減らしたり長さを変えたりしても、全体のバランスが崩れるだけですからね。

 

本当のプロなら、そんな事は聞かず、1つのヘアスタイルが完成した形をお客さんに確認して貰う事が最重要だと僕は思っていたので、「後の髪の毛触って貰っていいですか?」なんて事は殆ど聞いた事が無かったですね。

 

僕から言わせて貰えれば、こんな事を聞く時点でナンセンスですし、ゲス野郎ですよ。


なんで日本の男性美容師ってエゴが多いの?


まあ~、「すご~い!!!軽くなった~!!!」などと言ってる様なお客さんなどに、「自分のテクニックは凄い」などと過信して過大評価しているお馬鹿美容師が日本には本当に多いです。

 

特に、男性美容師にこの手のタイプが多いですが、そもそも男性美容師って女性の本当のオシャレを理解している人ってそうはいないですからね。

 

それで、美容師って言う肩書きを自慢げにしている人が多すぎるんですよ。

 

女の子の本当のオシャレも理解していないのに、何が美容師だってね(^^)

 

要は、男の人と女の人がすれ違う時の心理状態と言うのは、オシャレに関する時なんです。女の子が恋人などを作ると性格が明るくなり、オシャレに敏感になりますよね?

 

この時の女の子の心理状態と言うのは、その恋人に「もっと愛されたい」や「もっと好きでいて欲しい」と言う心理状態が働き、恋人に嫌われない様にや他の女性に目移りしない様に努力をしているんです。

 

にも関わらず、男性美容師の多くはエゴが強い為、自分のしたい髪型をそんな女の子の髪型に反映させているケースが多いんですね。

 

男性美容師の多くは、「オレのカットって上手いから」「オレのテクニックが一番だから」と言う自己満に浸っている人が殆どなので、そのような本当に女性が求めている心理状態に悲しいかな気づいていません。

 

それどころか、自分の恋人などにもオシャレをしてくれば、他の異性の為のオシャレだと勘違いしてそのオシャレ自体を否定する男性が多いのも事実です。


あまりにも女性の本当の気持ちを解っていないゲス美容師が多すぎる!


基本的には男性の場合、今流行りのファッションやオシャレを楽しむ女性より、落ち着いた感じで清掃な感じの女性を好む心理状態なのです。

 

なので、派手めで最先端のファッションなどを好む女性より、あまり派手目ではなくTPOを意識した大人な感じの女性を好むのはこの為です。

しかし、女性は全くこの逆で、異性からオシャレに関して「気づいて欲しい」「察して欲しい」と言う感情が芽生えますから、髪型もこれと同じで長さを変えてスタイル自体を変えた時や量感を減らして軽くしたときなどは、異性に気づいて欲しいものなんです。

 

しかし、男性の場合はこの事に気付かない人もいれば、気付ていてもわざと言わない人などもいて根本的に女性とは真逆の発想です。

 

イベントなどの記念日などもそうでしょう。

 

女性の場合は、この様な誕生日や記念日などのイベント事を大事にする人が多い分、男性の場合は「めんどくさい」と言った事が大半です。

 

自分の誕生日や結婚記念日などを、好きな恋人などと一緒に祝いたいと言う女性が世の中に多いとは対象的にめんどくさい男性はそこまでイベントなどに重要性を置いていないのはこの為ですね。

 

要は、基本的には女性相手の仕事である美容師は、女性の本当の心理状態などにも側面した思考を持つ事が重要で、特に異性である男性美容師は、上辺だけのテクニックや接客ではこれからはもはや通用しない時代ではないかなと思います。

 

是非、今回のお話を参考にして頂けたら幸いです。

 

僕は現在、インターネットビジネスで稼げるようになり自由な生活を実現できる様になりましたが、まだまだこの世界は自分で自立して稼いで行く事に対して思いが薄い方が多いので、ちゃんと自分自身の将来やビジョンと言うものを明確にして、これからも自分1人の力でも稼いでいけるスキルや知識を向上して行きたいと思います。

 

もしあなたが、僕の様な自由にストレスなどとは無縁の人生を送りたいと言う考え方を持っていらっしゃるのであれば、今なら無料でインターネットビジネスで稼いで行ける教科書をプレゼントしていますので、ご興味があれば下記をクリックして今すぐ手に取ってみて下さいね。

 

今ならネットビジネス初心者さんが稼げる様になるまでのルートを示したパスポートを完全無料でメルマガ読者さん限定で絶賛プレゼント中!!

こちらを今すぐクリック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です