資格を取れば【稼げる】や【安定】は大間違い!その思考ヤバいですよ!

こんにちは。元社畜美容師のizuruです!

 

今回は、資格主義者のヤバい勘違いについてお話しして行きたいと思います。

 

世間一般では、「資格」と言う言葉を耳にすれば正当化されて優位性があるものだと認識されていますが、実は資格にこだわる人程将来ワーキングプアに陥りやすい罠があります。

 

特に今の時代は、低賃金、長時間労働が当たり前の時代になっていますので、共働きがもはや主流になっていて介護の資格だったり医療の資格だったり、はたまた美容師の資格なんか取って働きに出る主婦の方も目立ちます。

 

一般的には、高レベルな資格とされている弁護士や司法書士、税理士の資格も昔から取っておけば「将来安泰」などと言われいた時期がありましたが、今の時代にそのような事は全く持って当てはまりません。

 

ではなぜ、資格にこだわる人は逆にヤバいのか?

 

今回は資格主義者が陥りやすい間違いや、資格にこだわり続ける人のリスクに付いてピックアップして行きたいと思います。

【稼ぎたい】や【安定】を求めて資格に走るのは危険です


今の生活から少しでも収入や所得を増やたいと思っている人は多いですよね。

 

その他にも、将来が不安だから安定した仕事につきたいとか、資格を取れば手当がつくから給料が増えると言った事もあると思います。

ただ、ここで冷静になって考えて欲しいのが本当にその資格必要ですか?と言う事です。

 

中には、家計が苦しいのでこれから資格を取って働きに行けば少しでも足しになると言って、安易に投資をして資格を取ろうとする人が最近では急増しています。

 

では、そもそも何故資格を取ろうとするのか・・・?

 

  • 資格を取れば、給料が上がる
  • 資格を取れば、安定した職につける
  • 資格を取れば、優位になる

 

給料が上がる・・・?、安定した職につける・・・?優位になる・・・?

 

ここで、更に冷静になって考えて欲しいのが、これらの事って皆雇われ先の企業やお店に属して利益を上げる為に頑張るって事ですよね・・・?

 

確かに、世の中はサラリーマン世帯が殆どなので「雇われて働く」と言う事が強く根付いてしまって、自分が働いた分の対価を貰うのは当然の事です。

 

所属している会社やお店の利益の為に、一生懸命働いて貢献するのは大変素晴らしい事ですし一生懸命働いて給料を上げて貰うのも一つの方法かも知れません。

 

それを否定するつもりは全くありません。

 

しかし、それらは雇う側であっての話です。

 

⇒プライドを捨てられない人はビジネスで成功しない!


資格=雇われる為の資格


資格を取れば圧倒的なメリットが得られるのかと言われれば、ハッキリ言ってそんな事はほぼほぼありません。

 

確かに、雇われて働くと言う事は採用になった翌日から賃金が発生しますから、即収入に繋がります。しかし、その代わりあなたは大事な「時間」と「労力」と言うものを雇う側へ提供し続け無ければいけません。

つまりは、「時間」と「労力」を犠牲にしている限りあなたはずっと自由を得る事が出来ない上に、今まで頑張って投資をしてやっとの思いで得た資格の費用対効果はどれ位なのか、考えた事がありますか?

 

資格を取れば給料が上がる・・・?

 

なんて事は、もはや「机上の空論」に過ぎなくあなたが雇い主の利益の為に必死になって働いても、精々数千円から数万円程度の昇給または賞与しか出ないのでは無いでしょうか?

 

つまりは、結論から言えば資格なんて物は雇われる為の建前上のものであり、過去に「資格=将来安泰」などのイメージが未だに根付いているので、そのイメージだけで世の中の人は惑わされているだけだと思います。


弁護士ですら食べて行くだけで必死


国家資格の中でも、最難関で高レベルの弁護士ですら今では食べて行くだけで必死の状態が続いています。

 

バブル全盛の時代では、弁護士など憧れの職業で常に上位をキープしていたビジネスですが、今は全く逆転し資格を取って自分で独立してもほぼほぼ食べて行ける方はそうはいません。

 

弁護士も、昔と違って資格を取ろうとする人が増え専門学校などに行きそこから高い授業料などを払って投資をし、時間を掛けて猛勉強してやっと取れるかどうかの資格です。

 

しかも、やっと取れて独立しても弁護士人口が日本では急増していますので、市場は飽和状態で年収が400万も満たない弁護士が量産されています。

 

最高レベルの弁護士ですら、そんな状態なのですから他の資格がいかに厳しいものなのかは想像できると思います。

 

収入に関係なく、本当にその仕事をやりたくて資格を取るならいいと思いますが、家計の為に収入目当ての資格主義は結局雇われて働く事を前提とした考え方なので、どんなにあなたが有益な資格を持っていても収入のベースは対して期待できるものではないと言う事を理解して置かなければ行けません。

 

つまりは、雇われは所詮雇われです。それ以上はありません。

 

幾ら頑張って、その企業の役職やポストなどを狙っても結局は経営者にコントロールされてる訳ですからどんなに頑張ってもそれはあなたが評価できるものではなく、全ては雇う側が評価するんです。

 

要は、奴隷と同じです。

 

⇒イエスマンになるな!安定と言う社畜になっていませんか?


資格があるのに【勿体無い】は本当に危険です!


僕は、美容師を長年続けて来た訳ですが、辞める時によく同僚や先輩からせっかく美容師免許を持っているのに「勿体無い」と言う事をよく言われました。

 

「管理美容師免許」と言う美容師免許とは違う専門性の資格も持っていたので、尚更強く言われました。

 

でも、僕は何のお構いも無しに13年間続けていた美容師を辞めました。逆によく13年もやっていたなと今だから言えますが・・・(笑)

 

世の中の殆どの方は、資格を持っているからそれをどうにか活かす方向に持っていきます。しかし、その考え方が非常にリスキーで、

 

  • 美容師免許をせっかく持っているから、美容師を続ける・・・?
  • 保育士免許をせっかく持っているから、保育士を続ける・・・?
  • 介護士資格をせっかく持っているから、介護士を続ける・・・?

 

「せっかく」って何ですか・・・?

 

先程も言った様に、資格なんてその仕事ができるだけのパスポートに過ぎません。

 

自分がやっている今のその仕事に、経済的不自由や時間的不自由を感じていないのであれば、継続して続けてもいいと思いますが、そうでないならばその資格を持っていても何らメリットなどないのです。

 

逆に言えば、「せっかく」などと言える価値のあるものではもはやありません。

 

少しでも自分のスキルアップや、経験の為に資格を取って学ぶのはマイナスでは決してありませんので、それは素晴らしい事だと思いますが、そもそもその資格を取って将来豊かになりたいと思って取った資格が、今となっては全く収入に結び付かない、時間的自由がない、では全く意味がない物と化している状態です。

 

なので、「資格」と言う罠にはまるのだけは自分の人生を犠牲にする可能性が大いにありますので、資格主義者に陥ってしまっている方は本当に今すぐに考え方を変えて、正しい方向で歩んで欲しいと思います。

 

僕は現在、インターネットビジネスで稼げるようになり自由な生活を実現できる様になりましたが、まだまだこの世界は自分で自立して稼いで行く事に対して思いが薄い方が多いので、ちゃんと自分自身の将来やビジョンと言うものを明確にして、これからも自分1人の力でも稼いでいけるスキルや知識を向上して行きたいと思います。

 

もしあなたが、僕の様な自由にストレスなどとは無縁の人生を送りたいと言う考え方を持っていらっしゃるのであれば、今なら無料でインターネットビジネスで稼いで行ける教科書をプレゼントしていますので、ご興味があれば下記をクリックして今すぐ手に取ってみて下さいね。

 

今ならネットビジネス初心者さんが稼げる様になるまでのルートを示したパスポートを完全無料でメルマガ読者さん限定で絶賛プレゼント中!!

こちらをクリック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です