ケンテリオ(コストコ社長)の年収や主婦が虜になる経営戦略がヤバい!

こんにちは。元社畜美容師のizuruです。

 

今回は起業家特集と言う事で紹介したい人物は、コストコホールセールジャパン代表取締役ケンテリオ氏です。

 

主婦が虜になると言われる小売卸売倉庫型チェーンを展開している会社なんですが、とにかく急成長を遂げていると業界でも話題になっています。

 

元々は、カナダ出身の会社で現在ではアメリカに本社を冓えています。日本に最初に上陸したのは1999年でそこから今では18店舗を構えるようになり、当分の会社の目標は2020までに店舗数を50店舗まで拡大する予定だと言います。

 

そんなコストコが何故、主婦の間で爆発的に人気を集めメディアに注目されているのか?

 

今回はジャパン支社の代表取締役でもあるケンテリオ氏の経営戦略から年収などを見て、自営業の人や個人起業家の人達にも応用が効くポイントなどを見て行きたいと思います。

コストコホールセールジャパンって何なの?


結論から言えば、倉庫型の小売業で北から南までの出店を今や急ピッチで展開しているチェーン店です。

 

基本的には、日本スタイルで経営しているのではなく外資系のチェーン店と言う事もありやはりアメリカ式の経営スタイルで売上を伸ばしています。

出典http://gigazine.net

その本質は、徹底した商品管理や品質保持にあると思います。

 

コストコは小売業の最大のリスクとなる「在庫」を徹底して管理し、そこからの仕入れなども貪欲に低く抑えながら可能な限り低料金で商品を提供しています。

 

今ではコストコは、日本に進出してきて14年目を迎えるので仕入れ先などの取引業者との信頼関係も暑く、販売されている商品の90%以上は直接的にメーカーを通しているんだそうです。

 

代表取締役のケンテリオ氏は、

当社は真の卸売業であり、中小事業者への重要な販路になる

 

と言うコンセプトの元を理念に置いて経営を行っていますので、コストコと提携してビジネスの取引をすると数々のメリットがあるのだと言います。

 

その中でもコストコは外資系の会社なので、提携パートナーを結ぶと海外の支店などに自社の商品を販売できるメリットや、商品配送のコスト削減などにも力を入れているらしく、そのカテゴリーにおいてもインプレッションが図れるのだとケンテリオ氏は語っています。


ケンテリオ氏ってどんな人?


出身はカナダ生まれの人で1958年誕生です。おそらく現在の年齢は59歳でしょう。

 

1995年にコストコホールセールのカナダ支社に入社され、3年後の1998年にコストコの日本進出と同時にジャパン支社の運営部長に就任されます。

出典http://women.japantimes.co.jp

2006年には、コストコカナダ支社東地区運営副社長に就任しそこから2009年にはコストコジャパン代表取締役に就任されています。

 

まさにコストコ一筋で活躍されてきた訳ですが、常日頃からケンテリオ氏はユーザーに還元する事を意識してビジネスに取り組んでいるようで、とにかくどんなシーンにおいても「シンプルイズベスト」と言う事をモットーにして最高の商品を低価格で販売するのがコストコ流なのです。

 

シンプルに、「ユーザーに還元する」と言う発想が経費などの節約に活かしきれており、結果的に在庫オーバーなどのリスクヘッジを常日頃から徹底し、そこから得た利益をお客さんに還元していると言う非常にシンプルではあるが、そこが出来ていない企業が日本式だと言えるのかも知れません。

 

ケンテリオ氏も常々、

常に経費を節約し、その分を会員の皆様に還元していこう

と語っています。


コストコホールセールは主婦が何故虜になるのか!?


コストコは基本的に会員制の小売店で、メンバーになる必要があります。

 

このメンバー会員には様々な利点があり、芸能人などにもメンバー会員などになっている人も多数存在していてかなりのリピーターを獲得しています。

 

土日の週末にでもなれば、地元の家族連れや主婦層などでごった返す店舗が殆どで、日本系のスーパーやショッピングモールなどでは販売されていない外資系の商品が多数あり、多くの品揃えが主婦層に人気があるのです。

 

その他にも、季節によって限定された魅力的な商品やコストコだけのオリジナル品なども多数ありまさに主婦の「テーマパーク」とも言われています(^_^;)

 

多くの主婦層が口を揃えて語るのは、外資系の店舗なので国内にはない物が買える事と、外国に来たかの様な「非日常的な空間」が魅了的なんだとか。

 

この辺が、今のニーズに合った経営戦略なのと同時に、しっかりと家庭の金銭を握っている主婦層にちゃんとダイレクトに訴求する見せ方をしているからだと思います。

 

⇒山口絵理子(起業家)の年収や山崎大祐との関係とマインドがハンパない!


ケンテリオの経営戦略は自営業や起業家にも応用が効く!


基本的にケンテリオ氏の経営戦略は、常にユーザー視点にあります。

 

メンバー会員などの利点も、年会費として年に4000円が必要になりますが、それ以上にメリットとしてコストコの「お買い物ツアー」などに参加できたり、「返品」がいつでも可能と言う事。

 

しかも、飲みかけや食べかけの商品ですら返品してくれると言いますから、普通のスーパーでは有り得ない事ですよね(^_^;)

 

その他にも、有効期限である1年以内に解約すれば全て年会費が返金してくれると言うメリットもあります。

 

この様な、メンバー会員で無ければ受けることが出来ないメリットがあり1年間で4000円以上の価値提供をしっかりと行っているからこそ多くの主婦が虜になるのです。

 

ケンテリオ氏は、店舗経営の中でも最も重要視しているポイントが幾つかあります。その中でもコストコはいくつかのポテンシャルがあるのです。

 

例えば、

  • 店を構える面積は最低でも7000坪以上
  • 商圏条件は半径10キロの中に人口50万人以上
  • 駐車場設備は最低でも800台以上
  • 購入借地は40年以上
  • 車通りが多い場所

コストコはこの様な条件を、最低でも1店舗の中に掲げておりこれらが徹底されている管理が今の急成長を遂げている要因なのでは無いでしょうか。

 

⇒ビジネスの成功を遠ざけるドリームキラーには絶対注意せよ!


ケンテリオの年収がヤバい!


ここでケンテリオ氏の年収などが気になりますが、コストコのもう一つの利点が働く側に柔らかい対応をしているなど第一印象に感じましたね。

 

日本の企業はブラックが多いと言われていますが、やはりそこはさすが外資系だと思います。

 

コストコは全くの素人であろうが、社員であろうが、パートやバイトであろうが全ての賃金は「時給制」にしているんです。

 

スタートが時給1200円からと言いますから、日本の企業の最低賃金と比べると500円ぐらい差があります。

 

日本の企業とかになると、殆どが最低賃金などで設定して安い給料でいかに長く働いて貰うかに終点を置いていますが、コストコは働く側に取って優しい利点を設定しているんだなと言うのが印象的です。

 

社員などになれば、賃金は年俸制になるそうで毎日夜遅くまで残業する事が美学とされている日本企業とは違い、残業なども基本ないそうです。

 

この辺が、日本企業にはない海外思考の発想で今後は日本企業もこの様なスタイルになって行かなければ衰退していくのは避けられないと感じています。企業=働く側あってこそですからね。

 

では、成長著しいコストコのケンテリオ氏の稼ぎはいか程か見ていきたいと思います。

 

現在、コストコのメンバー会員が約3600万人とされています。つまり、3600万人×4000円=1440億円。年間の売上が全店舗で約14兆円。純利益が約3000億円。つまり利益の半分はメンバー会員からの利益と言う事です。

 

利益の1%でも、単純に3億円の役員報酬となる訳です(^_^;)

 

おそらくはそれぐらいの年収は十分あると思いますし、これからも伸びていく企業であるのは間違いないでしょうからケンテリオ氏の年収も今後アップしていく事はほぼ間違いないでしょう。

 

⇒給料を上げたいなら最短最速でビジネスモデルを変えろ!


最後に


コストコは基本的に、どんな人材であろうが平等つまりフェアに採用する形式を取っているので、実力や頑張り次第では性別や年齢に関係無く、キャリアアップを図れるシステムなんだそうです。

 

この発想はアメリカのダイバーシティのマインドを日本でも採用して、多くの雇用を生み出し不平不満のない企業を目指しているとの事。

 

日本企業の場合は、「平等」に人材を見ると言う事自体あまりなく、どちらかと言えば、上司や経営者は自分の好みの人材を評価し「イエスマン」を量産させている背景にあります。

 

⇒イエスマンになるな!安定と言う社畜になっていませんか?

やはりこの辺が外資系企業との差がまだまだあると思いますし、日本企業がブラックと呼ばれる要因の一つなのかも知れません。この様な社会全体と個人一人一人がwinーwinの関係になれる事がビジネスの本質ではないかと思います。

 

今回の、コストコやケンテリオ氏の発想は僕の様なネット起業家やリアルでの自営業者さん達にも応用できる重要なマインドになると思います。

 

今ならネットビジネス初心者さんが稼げる様になるまでのルートを示したパスポートを完全無料でメルマガ読者さん限定で絶賛プレゼント中!!

こちらをクリック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です