労働しないで自由に生きる事こそが正しい選択だ!

どうも。izuruです。

 

今回は、労働をしなくても自由に生きる事こそが正しい選択と言う事をお話ししていきたいと思います。

 

突然ですが、あなたは今現在雇われと言う立場で会社から給料を貰い生活をされていますか?

 

だとしたら、一般的なサラリーマンの平均月収は25万~30万ぐらいでは無いでしょうか。そんな一般的なサラリーマンの給料以上もの収入をほとんど働かずに稼ぐ事が出来たらどうですか?

 

もし、そんな事が可能ならばどんなに経済的、時間的自由を得れて豊かな人生を送れる事かと思いますよね。でも実際にそのようなほとんど働かずにサラリーマンの何倍もの収入を毎月得て自由に生活している人も世の中にはたくさんいます。

 

そのような人達は、いわゆる「経営者」「起業家」、「投資家」と呼ばれる人達で、一般的なサラリーマンの人達は毎月決まったショボい給料の中から生活をやりくりする反面、この様な人達は高級マンションや高級マイホームなどに住み好きなブランド物や外車などを乗り回しているのです。

 

この様に、いかに世間の格差が激しく不公平なのかがよくわかると思います。

 

しかし、この様な格差が広がってしまうのにはちゃんとした理由があるのです。

労働している人は国の教育に洗脳されているだけ


世間の常識の下で生きて行くには、いわゆる「学歴」「実績」などと言った事が最優先され、多くの世の中の人は「安定」と言う言葉を非常に好む性質があります。

 

典型的なのが、

  • いい高校に通い
  • いい大学に進学する
  • 有名大手企業に就職し
  • 会社で出世を目指し
  • 定年まで労働する
  • 老後は年金暮らし

と言った、国が決めた勝手なレールの上をひたすら正しいと思いこんで人々は自分の体の限界が来るまで労働しようとするのです。

 

しかし、実はこの様な事は国民一人一人幼少期の頃から国の義務教育や親からの教育によってはたかもこの様な誰が決めたのか解らないものを信じきって擦り込まれた勝手な価値観に過ぎません。

 

僕達は学生の頃から、この様な国が決めたレールの上に乗ってサラリーマンとして生きる事を既に生まれてきた時から教育され、自分で起業して稼ぐと言う事を選択できずただ洗脳されてきた訳です。

 

お国のトップから徹底的に組織の中に入る様に教育され、年功序列のシステムが一人一人の思考を支配していき、それが正しいと思わせるマインドに段々変化していくのです。

そして、上司と部下の関係が構築し部下は上司を絶対と言う存在に移り変わるのです。ここまで来れば完全に自分は正しい道を歩んでいるんだと言う潜在意識に変わり、後に疑う事もなく考えるのをやめてしまいます。

 

つまり、思考停止状態になるのです。

 

思考停止状態になってしまえば、周りが同じ道を歩んでいる方向に自分も歩む様になりむしろそれが正しいと思い込むしかなくなります。

 

冷静になって考えてみて下さい。

 

お国のトップだが何だが知りませんが、どこぞの他人が決めた勝手なルールに教育され、世の中の人達が自分の意志で雇われと言うサラリーマンの道を決定させられている訳です。

 

なので、サラリーマンが量産され毎日夜遅くまで必死になって働いても雀の涙ほどしかない給料で、その中から税金と言うお国の収入源をがっぽり無条件で持って行くのです。

 

これが、お国の本質でサラリーマンになって貰う為に教育しているのです。


労働しないで自由に生きる事こそが正しい選択!


そもそも会社経営者や店舗オーナーなどは、極力多くの労働時間で安い給料と生涯働いてくれる人を自分の都合でいいように使います。

 

長い労働時間の割には報酬が見合わない様な低賃金で、しかも文句の一つも言わない様な人材が一人でも欲しがっているんです。つまり国の教育から影響されている部分が多く一般的な雇われと言う立場の弱者からとことん利益を絞り取り、弱者の人生を支配していきます。

こうなってしまえば、雇われと言う弱者はどんどん「負のスパイラル」から抜け出す事は困難になっていき、益々権力者から収入源を完全にコントロールされてしまうでしょう。

 

しかし、この様な状況下で生活されている人でも一つだけ弱者から抜け出せる方法があります。

 

それは、起業して自分のビジネスモデルを持つ事です。

 

一般的にサラリーマンが脱サラして、自分の店舗を構えたり会社を立ち上げて起業したりする事をイメージすると思いますが、それはあまりにもリスキーです。

 

⇒給料を上げたいなら最短最速でビジネスモデルを変えろ!

 

リアルビジネスで起業するには初期投資が莫大過ぎて、失敗は許されません。

 

そんなリスキーなビジネスモデルに取り組むのであれば、リスクがなく無名の個人でも始められるビジネスモデルのほうが断然いいと思いませんか?

 

今やヨーロッパ諸国では、3人に1人の割合で無名の個人がフリーランスで起業していますし、世の中の経済的状況やこれからの日本の労働環境などを見れば一目瞭然での結果だと思います。

 

つまり、世界規模でも個人が起業し自由に稼いで自分のライフスタイルを確立すると言う事が徐々に当たり前になりつつあります。とは言えまだまだ世の中の大半が労働をしているシチュエーションですから、早く僕の様なPC1台でも稼げる様な知識やスキルを身に付け、自分ひとりの力でも自由に生きれる経済力を身に付けて頂きたいです。

 

本業をされている人には副業からでも始められる「インターネットビジネス」こそがやはりリスクもなく、比較的短期間で成果が出やすいです。

 

なので、社畜の様に会社に一生を捧げる人生などではなく収入を上げたいのであればビジネスモデルを変え、ほとんど労働をしなくても稼ぎ続けてくれる仕組みを構築し自由に生きていく事こそが正しい選択だと僕は思っています。

 

今ならネットビジネス初心者さんが稼げる様になるまでのルートを示したパスポートを完全無料でメルマガ読者さん限定で絶賛プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です