記事作成の外注化を行う上で質の高いライターを選ぶべきポイントと注意点

どうも。izuruです。

 

今回は、ブログ記事を外注化してライターさんに記事を書いて貰う時の選び方や注意すべきポイントなどを解説していきたいと思います。

 

記事の外注化は非常に効率がよくあなたの時間をフルに活用できる方法の一つとしてネットビジネスでは多くの起業家さんたちが有効活用している手段だと言えます。

 

初めて外注を掛けて募集する初心者の方にとっては、始めは難しそうと感じる方が多いですがコツさえ掴めば簡単な事なので、積極的に活用してどんどんと記事を投入していきサイトを育てて行きましょう。

ライターを雇う際に注意すべきポイントは?


まず募集をかけるサービス機関として有名どころなのが、

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • シュフティー

と言ったクラウドソーシングサービスなどがあります。この様な機関に登録をして、記事を書いて貰うライターさんに募集をかけあなたがいいなと思ったライターさんを採用すると言うのが基本的な流れになります。

 

ただ、初めて外注化を行う人などはどのような基準で判断すればいいのか解らない人も多いと思いますので、まずは注意すべきポイントなどをまとめました。


最初のファーストコンタクトで違和感を持ったらやめるべき


まず、あなたが募集時に作業内容やメッセージなどをライターさん側に提出していると思いますが、その募集に対してライター側が応募を掛けて着た時に一番見ないと行けないところは、最初のファーストコンタクトです。

 

これは、良いライターさんつまり質の高いライターかどうかを見分ける重要な部分です。例えば、あなたが応募の内容に必要最低限の事を記載してくださいと最初の募集項目に書いていたとします。

 

「簡単な自己紹介」「1日における可能な作業時間」「記事作成に関する意気込み」などを最低限記載してくださいとあるのにもかかわらず、これらを記載せず応募してくるライターさんは、やめた方が良いかも知れません。(全員が全員そうではないですが・・・)

 

この様に、応募の記載事項に不備がある場合は少なくとも僕はそのようなライターさんとは契約しません。何故なら発注者であるこちらが最低限の事を提示しているのにも関わらず、これらを素直にやってくれないと言う事は今後の作業に悪影響が出てしまう可能性が大です。

 

なので、ライターさんとの最初のやり取り(ファーストコンタクト)が非常に重要なポイントになります。


コミュニケーション能力が最低限備わっているか?


プロのライターさんほど、レベルの高いコミュニケーション能力を持っているとされていますが、これは別にライター業界だけに言える事ではなく、どんなビジネスにも当てはまる事だと思います。

 

コミュニケーション能力がある人は、いくら初心者のライターさんであろうともこちらの教育次第では、プロ並のライターに化ける可能性も秘めています。

 

と言うのも、たとえ最初はあまり内容が良く無い記事でもコミュニケーションがしっかり取れる人は向上する余地も十分あり、逆にコミュニケーションが取れない人や意思の疎通ができない人はこちらが最低限の教育を行ってもコミュニケーションのスキルだけは早期に渡って改善できるスキルではありませんので、この様なライターさんは見送った方がいいですし、最初の応募時の段階でこのコミュニケーションのやり取りなどもチェックしておいた方がいいですね。


テスト記事などを提出してもらいまずはライターの能力を確認する


上記のような項目を満たし、あなたがいいなと思ったライターさんでもいきなり採用と言う事はしないで、まずはテスト記事やサンプル記事を書いて貰いライターさんの能力を見極める必要があります。

 

つまり、最低限書いて欲しい内容や書き漏れがないかどうかのチェックを行います。

 

たまに、自己紹介や意気込み、ライター歴などを詳しく書いて「頑張ります!!」的な事を応募時に提出してくるライターさんなどもいるのですが、いざ肝心な記事を提出して貰ったら中身が非常に薄い記事や、タイトルとは関係のない記事などを提出してくるライターさんなどもいてるので、最初の時点でしっかりとテスト記事を書いて貰い能力を見極める必要があります。


レスポンスは理想的か?


応募時のメール返信が早いか?、テスト記事の納品が早いか?、と言う事も非常に重要なポイントです。この様な返信や納品が遅いと契約後の作業で支障が出る可能性が大です。

 

例えば、こちらが連絡メールを送っても返信が非常に遅く数日経ってからとか、最悪の場合ですと返信事態がないとか、記事の納品が連絡なしで遅れるとか、この様なレスポンスが理想的でないとそもそも効率を目指して外注化をしているのに、これでは逆に効率が悪くなり前代未聞です。

 

なので、効率よくブログに記事を投入していくにはレスポンスの早さは非常に重要なポイントになりますので、質の高いライターを選ぶべき項目としてしっかり意識しておきましょう。


テスト記事の選ぶべきポイント


ライターさんから応募があれば、必ずテスト記事を提出して貰いましょう。その中でもしっかりと見極める項目がありここはシビアに判断しないと契約後にビジネスパートナーとしてふさわしくないと言う事になってしまいます。

 

  • 文字数は最低限達しているか
  • 納期が守れるか
  • コピペしていないか
  • 教育すれば改善できるレベルかどうか
  • 誤字や脱字などの見直しができているか
  • タイトルのリサーチ力はあるか

 

これらの項目は必要最低限のポイントですので、必ずテスト記事を提出して貰った段階でチェックをする様にして下さい。中には引用を多様して文字数を稼いだり、文字数だけを埋める「ノルマ」的な発想で記事を書いてくるライターさんなどもいてますので注意が必要です。

 

あくまでも記事やコンテンツはユーザーにとって「価値」のあるものが大前提ですので、「価値」が無ければ意味がないと言う事を念頭に入れて外注化を図っていきましょう。

 

今ならネットビジネス初心者さんが稼げる様になるまでのルートを示したパスポートを完全無料でメルマガ読者さん限定で絶賛プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です