アホな上司ほど器が小さく保身ばかりなのはなぜなのか?

どうも。izuruです。

 

今回は、アホな上司ほど器が小さいのはなぜなのか?と言うテーマでお話ししていきたいと思います。今の時代でこそ生産性や効率を求める企業が多くなり、社員のスキルや知識などの能力重視の働き方に変わって来ていますが、そうは言ってもまだ一昔前の様な年功序列な企業も未だに多くあり、その中でしか生きられない様な無能な上司なども多く存在します。

 

そんな職場の上司ほど、器が小さく優秀な社員にとっては非常に非効率になり労働が逆にやりにくくなってしまう最大の原因になります。

 

にもかかわらず、本人が全体の効率制を低下させているなんて夢にも思っていなく、むしろ社員に対して「キレやすく」「責任転換」すると言う最悪な結果をもたらします。

器が小さい上司の特徴


職場に、この様な上司が存在するだけで作業がやりにくくなり、優秀な社員も精神的にイライラし本来発揮できる能力の半分のスキルしか出せないことなんて多々ある事です。

 

「器が小さい」のを自分で自覚していない人間が、人の上に立ち指示や責任を請け負うポジションに就いている事事態、本来は大問題でありそのような人材にそのようなポジションを任せている会社も大問題なのです。

 

しかしながら、器が小さい上司ほど会社の役員などにペコペコゴマをする訳ですから、会社側からすればこの人材が器が小さく本当は無能な人材だと言うことに気付かない事も多いのです。

 

つまり、本当に優秀な社員がイキイキ働き、やる気に満ちて楽しく仕事に打ち込んでいる企業こそが毎年加速度的に成長して、しっかり価値を提供し利益を出していると言う事です。


器が小さい上司ほど仕事を教えようとしない


アホな上司や、器が小さい上司ほど部下に作業を教えようとはしません。これは僕が長年美容師をしていた経験から言える事ですが、どんな業種のビジネスでも言える事で優秀な部下に追い越されないか只々心配しているかのように仕事を正しく教えようとはしません。

 

これには、日本の年功序列の様な考え方が昔から教育されてきて、先に会社に入社した方がいわゆる「先輩」となり先輩が後輩より「デキる」のは当たり前とされてきました。

 

しかし、実力優先となった現代社会にレベルの低い上司なども多く存在し、そのような無能な上司は優秀な部下に短期間の間で追い越されています。

 

なので、優秀な部下に追い越されたくないが為に、効率のいいやり方などをわざと教えようとはぜずに逆に効率が悪いやり方を教えてたり、足を引っ張る様な事をする信じ難い上司なども存在します。

 

部下に効率的な作業を指導する事によって、どれだけの相乗効果が上がり生産性に直結する事も知らずに。


器が小さい上司ほどお客さんの高評価を部下に伝えようとはしない


ある日、優秀な社員にお客さんからお褒めの言葉を頂いたり、高評価などを得れば器の小さい上司はそれらを決して部下に伝えようとはしません。いわゆる嫉妬みたいなものですがこの単なる事がビジネス全体に大きな影響を及ぼす事をアホな上司ほど理解していません。

このちょっとした事が、部下のモチベーションを上げて眠っていた才能やセンスを最大限発揮するきっかけになり、社員一人一人の生産性が上がり収益性もアップするのです。逆に器の小さい上司ほど、この様な部下の成功体験は無視し部下の失敗談や短所だけを永遠と記憶に残すのです。


器が小さい上司ほど部下に責任転換する


基本的に器の小さい上司は、自分の上司や社長にはペコペコ愛想を振る舞い、部下には厳しい一面を持っています。つまり自分に甘く人に厳しいと言う側面ですが、「結果が出たのは俺のおかげ」=「失敗は部下が無能だから」と言う方程式を持っています。

 

しかも、信じられないアホな上司ほどその責任を部下に押し付けたりする人材まで存在し、僕も現場で美容師を長年経験してきましたからこの手の上司(店長)などにはウンザリさせられてきました。

 

部下の失敗や責任と言うのは現場の上司や責任者がそのケツを拭かなければいけない立場でありポジションであるわけです。

 

上手く行くとか、そのビジネスが成功するかを確信するまで責任の取る取らないをその瞬間まで決めているようでは、上司や責任者とはほど遠いポジションだと言う事です。それをしっかり理解して自分の器を解っている上司がこの世の中にどれだけいてるでしょうか?

 

「責任は俺が取るから思い切ってやれ」

 

と言う言葉を部下に掛けれる上司が日本にどれだけいてるでしょうか?こんな言葉を普通に掛けれる上司がいる会社こそが大きく成長し、部下からもリスペクトされる事ではないでしょうか。


器が小さい上司ほど常に割り勘


器が小さい上司ほど、絶対に部下の為にお金を出す事はしません。常に割り勘でしかも、お金を使ってしまいそうなお店や場所などに出向く事もしがめます。

 

本当に器が小さく真髄のような上司はお釣りまでしっかりと貰います。なので、この様な上司と長年付き合ってしまうとあなたまで影響を受けて器が小さくなり、いずれ部下からもリスペクトされなくなりますので、その辺は気を付けて下さい。

 

この様に、ビジネスから離れても立場上は上司であるがゆえに、部下の責任者と言う事を常に頭に入れて行動しなければ行けないのが上司と言うものです。部下の失敗は「自分の責任」と言う事を理解し、部下に対する健全な指導とビジネスの生産性を高めて日々行動してもらいたいものです。

 

僕は現在、インターネットビジネスで稼げるようになり自由な生活を実現できる様になりましたが、まだまだこの世界は自分で自立して稼いで行く事に対して思いが薄い方が多いので、ちゃんと自分自身の将来やビジョンと言うものを明確にして、これからも自分1人の力でも稼いでいけるスキルや知識を向上して行きたいと思います。

 

もしあなたが、僕の様な自由にストレスなどとは無縁の人生を送りたいと言う考え方を持っていらっしゃるのであれば、今なら無料でインターネットビジネスで稼いで行ける教科書をプレゼントしていますので、ご興味があれば下記をクリックして今すぐ手に取ってみて下さいね。

 

今ならネットビジネス初心者さんが稼げる様になるまでのルートを示したパスポートを完全無料でメルマガ読者さん限定で絶賛プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です