クローラーを理解してSEOと検索エンジンの仕組みに強くなろう!

どうも。izuruです。

 

今回は、SEO対策の一環としてネットビジネスなどのサイト運営を行って行くには検索エンジンのクローラーを少なからず理解しておくことが重要になります。

 

何故なら、サイト運営に置いて検索エンジンからの集客は今や欠かせないものとなっており、いかに自分のコンテンツが上位表示されるかされないかでビジネスの収益が大きく変わるからです。

 

その中でも「クローラー」と呼ばれる検索エンジンのロボットの役割や構造事態の仕組みをより理解しておくことによって、必ず今後のビジネス展開などで大きく役に立つ事は間違いありませんのでここでしっかりとクローラーの基礎知識を身に付けておきましょう。

そもそもクローラーってなに?


クローラーとは、検索エンジンに反映されるウェブサイトなどの画像や文章などをデータ化するプログラムの事で、簡単に言いますと検索エンジン内にある無数のウェブページを巡回してデータベースを自動で収集するロボットの事ですね。

 

現在では、GoogleやYahooと言った大手IT企業がこのクローラーと呼ばれるロボット型の検索エンジンを使用しており、人の数より多いと言われているウェブサイトを日々巡回して監視しています。

 

サイト運営者は、このクローラーに自分のコンテンツをいち早く読み取ってもらう為に「Google Search Console」の導入やプラグインの「Google XML Sitemaps」などを駆使しているんですね。

 

⇒Google search consoleの導入方法と解説【Simplicity編】

⇒Google XML sitemapsの導入方法と登録の仕方を解説


検索エンジンの仕組みとは?


サイト運営などを行う上で、検索エンジンの仕組みを理解して置くことはとても重要なことであり、SEOに直結する事です。今やSEO対策なしにサイト集客はあり得ないと言っても過言ではなく、その大半が検索エンジンからの媒体になっているからです。

 

「検索エンジンを制する者は集客を制する」とも言われているぐらいですから、仕組みを理解する事はサイト運営の効率化にも繋がり飛躍的にアクセスを集める事ができるきっかけにもなります。

 

クローラーが検索エンジンに行う作業は多く分けて次の3点です。

  • ページの情報収集を行い解析する
  • リンクをたどる
  • ウェブページにたどり着く

クローラーはあらかじめ、Googleが保有している莫大なサーバーから情報を収集し検索ユーザーが知りたいキーワードを打ち込んだ瞬時に必要な情報を開示できるようにプログラムされており、僕たちサイト運営者はこのクローラーにコンテンツをくまなく発見してもらえる様に工夫をほどかして行かなければならないと言う事ですね。


インデックスとは?


クローラーから、収集されたコンテンツを分類する作業が「インデックス」と言います。正式には「インデクシング」と言いますがこのインデックスするスピードが遅ければ検索エンジンに自分のコンテンツが反映される速度も落ち、収益に影響をもたらします。

特にトレンドアフィリエイトなどの、速報ニュースや芸能人の話題、流行りを追っかけるビジネスの場合はどうしてもインデックススピードと言うものが求められ、速度が遅いと今現在旬になっているものや話題のネタのアクセスを取り逃がす事になってしまい話題が去った後でインデックスされても時すでに遅しと言う事になってしまいます。

 

特に、サイト立ち上げ時はコンテンツ量が少ないですしアクセスが集まっていないのでサイト自体の評価も低くインデックスして検索エンジンに反映されるまで2~3日掛かる事も珍しくありません。

 

なので最初の初期段階では記事を毎日更新しGoogleから評価される事が重要な事になり、評価され始めたら徐々にインデックススピードも早くなっていくと言う事ですね。


アルゴリズムとは?


アルゴリズムとは、ウェブページの評価基準を表す言葉で簡単に言いますと、インデックスされた自分のコンテンツがアルゴリズムの評価基準によって検索結果が順位付けされると言う事です。

 

このアルゴリズムがコンテンツを評価する時に、検索エンジンの順位付けをスムーズに行える様に一旦ウェブ上の情報はデータベースに格納されます。検索エンジンの最大の目的は検索ユーザーにいかに価値のあるコンテンツを提供するかなので、その期待に答えるためにはアルゴリズムの内部も日々進化していると言う事ですね。

 

つまりアルゴリズムは、決して公開される事はなくその内部事情はGoogleしか知りえない情報なのです。近年ではSEO専門業者と言うものまで存在しておりこのアルゴリズムを公にしてしまうと、その様な専門業者が金銭的な取引によって検索結果の上位に価値のないコンテンツを表示させる可能性もあるため、Googleは絶対にアルゴリズムの情報を外に漏らす事はないのです。


最後に


僕たちサイト運営者は、いかにユーザービリティーと検索エンジンのアルゴリズムを意識してコンテンツ制作を行うことの重要性があるかと言う事ですね。

 

「リンク切れ」があるコンテンツなどでもクローラーがそのコンテンツの情報を把握しにくいと言う事もあり、この様な小さな事でも検索結果の順位を下げてしまう原因になりますので、日頃から意識して取り組んで行きたいものですね。

 

今ならネットビジネス初心者さんが稼げる様になるまでのルートを示したパスポートを完全無料でメルマガ読者さん限定で絶賛プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です