Google Analyticsの初心者が取りあえず覚えておくべき4つの事

どうも。izuruです。

 

今回は、「Google Analytics」の使い方で初心者の方が取りあえず覚えていた方がいい4つの事について解説していきたいと思います。Google AnalyticsはGoogleが無料で提供している高性能なWEBアクセス解析ツールです。ネットビジネスなどでサイト運営を行っていく上では、絶対に欠かすことは出来ないツールの一つと言えるでしょう。

 

ただ、初心者の方にとっては「全く意味が解らない」と言う方も多いのではないでしょうか?実際に僕も初めて見た瞬間に拒否反応を起こすぐらい意味が解らなかったのを鮮明に覚えています(笑)そこで初心者の方にはまずはこれだけ覚えていれば、取りあえず大丈夫と言う項目だけをまとめました。

 

Google Analyticsの導入がまだの方はこちらから

⇒アクセス解析Google Analyticsの導入と管理者除外設定[Simplicity編]

初心者が取りあえず覚えておくべき4つの事


サイト運営を行って行く上ではこの4つの事を最低限理解しておいたほうがいいでしょう。いきなり全てを覚える必要は全くありませんので、取りあえずこの4つだけを理解しておけば自分のサイト運営に役立ちます。

 

なので、その他の機能に関しては実践していくうちに徐々に理解出来てきますので最初の段階ではこの4つだけで全然問題ありません。

アクセス解析 「ユーザー」⇒「サマリー」をクリック
記事のアクセス解析 「行動」⇒「サイトコンテンツ」⇒「すべてのページ」をクリック
リアルタイム解析 「リアルタイム」⇒「サマリー」をクリック
流入キーワード解析 「集客」⇒「キャンペーン」⇒「オーガニック検索キーワード」をクリック

 

  • 「アクセス解析」=日付けや月単位でアクセスが解析できます
  • 「記事のアクセス解析」=記事毎のアクセスが解析できます
  • 「リアルタイム解析」=リアルタイム(今現在)のアクセスが解析できます
  • 「流入キーワード解析」=どのようなキーワードでアクセスが集まっているのかが解析できます

Google Analyticsで使用する用語


Google Analyticsでは、これからネットビジネスで頻繁に使用していく用語と言うものが出てきます。初心者の方にとっては「さっぱりなんのこっちゃ?」と思うかも知れませんが、これも慣れて来れば徐々に解かってきますので安心して下さい。ここではその用語を見ていきたいと思います。

 


セッション


セッションとは、ユーザーがサイトを訪問しページを見だして最終的に離脱(ページを離れる)するまでサイト内を動き回った数値の事です。

 

ユーザーが自分のサイトにアクセスし訪れてきたらセッション数が1となります。ただここでサイト内の他の記事やコンテンツを読んで違うページに移行したとしてもセッション数は1のままです。基本的にセッション数の増加はユーザーがサイトに30分以上滞在した時や、一度離脱して30分以上経過した時です。


ユーザー


これは分かりやすくそのままの「ユーザー数」と言う事になります。ただこれは特定のユーザーを指しているのでなく、ブラウザなどの機能によって変わると言う事です。

 

例えば、「1ユーザー=1ブラウザ」と理解して頂ければ分かりやすいと思いますが同じユーザーが違うブラウザでサイトを訪問した時はAnalyticsの指標が変わっていますので同じユーザーでもユーザー数は2と言う事になります。


ページビュー数


いわゆる「PV数」と言う事です。サイト運営などのネットビジネスでは一番頻繁に使われる用語ではないでしょうか。簡単に解釈するとユーザーが自分のサイトにアクセスし記事やコンテンツなどを閲覧した回数です。

 

ユーザーがサイト内の記事を3回見たら3PVと言う事になります。トレンドアフィリエイトなどではとにかくこのページビュー数を伸ばす事が収益に直結します。


ページセッション


1セッション当たりの平均的なページビュー数です。ページビュー数をセッション数で割った数値と言う事です。


平均セッション時間


1セッションあたりの平均滞在時間の数値です。Googleのアルゴリズムではこのコンテンツ内の滞在時間が長いサイトほど評価の対象になりますので、ユーザーにとって有益な情報を提供する事によって滞在時間が長くなると言う事です。しっかりと普段からここを意識してコンテンツを作成して行きましょう。


直帰率


ユーザーがサイトに訪問し、離脱した数値の事です。サイト運営者からすればこの数値の増加だけは避けなければいけない項目です。すべてのユーザーが1ページだけで離脱したら「離脱率100%」になり、2ページで離脱したら「離脱率50%」と言う事になります。離脱率の改善が滞在時間の増加に繋がります。


新規セッション率


初めて自分のサイトに訪問してくれたユーザーのセッション数の事です。リアルビジネスでも同じですが、やはり新規の獲得が集客に繋がりますしリピーターを生むと言う事ですね。


最後に


これだけ見ると、覚える事が多いな~と初心者の方は思われるかもしれませんが、ここでの項目はすぐに理解出来る事なのでそれほど苦にする事はほとんどないでしょう。

 

Analyticsでの解析はこれからサイト運営を行って行く上では重要なデータとなりますのでまずはこれらの簡単な項目だけを覚えて置けば全く問題ありませんので、安心して実践していって下さい。

 

今ならネットビジネス初心者さんが稼げる様になるまでのルートを示したパスポートを完全無料でメルマガ読者さん限定で絶賛プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です