アドセンスアカウントが停止になる絶対やってはいけない7つのNG項目

どうも。izuruです。

 

今回は、Googleアドセンスでサイト運営を行い収益を得ている方にとっては絶対に避けては通れないアドセンス規約(ポリシー)違反について解説して行きたいと思います。

 

今では、スマホユーザー向けにアドセンス広告がレスポンシブ対応していたり広告のクリック率向上などの対策が各個人でも頻繁に行われる様になっており、より一層収益に直結されやすい環境になっているのは事実ですがその裏では何よりも絶対に抑えておかなくてはいけない事が「アドセンスポリシー」です。

 

Googleアドセンスは、Google社が提供している広告配信サービスでありGoogleと言うビジネスブランドに直結して影響しているため、サイト運営者側は健全かつ安全な運営を行っていく必要があり、収益を得たいからと言って自分勝手な運営は許可されていません。そこで今回はポリシー違反になる絶対にやってはいけないNGな7つの項目をまとめました。

アドセンス規約(ポリシー)とは?


Googleアドセンスには、絶対に守らなければならない規約(ポリシー)と言うものがありサイト運営者がユーザーに有益なコンテンツを提供する為に健全なやり方で運営を行っているかどうかをGoogleが取り締まると言う事です。

 

このアドセンスポリシーに違反した場合は、Googleから「ペナルティー」と言う処分が課せられかなり厳しい処置を受けてしまいます。ペナルティーには次の2つの方法が基本的に課せられます。

 

一つ目は、Googleのアドセンスチームからの目視による警告的な「手動ペナルティー」です。これはサイトのコンテンツ事態が検索結果の圏外に飛ばされたり、アドセンス広告の配信停止を受けるペナルティーでGoogleからメールが届き迅速に行動しGoogleの指示に従わなければなりません。

 

この手動ペナルティーの場合は違反している箇所を修正し再リクエストの申請を出せばコンテンツの検索圏内復帰や広告配信が復活する例もあります。

 

二つ目は、悪質なポリシー違反と判断され一発で「アカウント停止」になるペナルティーです。サッカーで例えたら一発レッドカードと言う事になりさすがにこれはジ・エンドと言う事になります。

 

一発でアカウント剥奪になればそれ以降は二度とアカウントを取得する事は出来なくなり、最も重たいペナルティーになります。なので、これからの7つの項目は絶対に厳守する必要があります。


アダルトコンテンツは絶対にNG


アドセンス広告を設置する場所に、アダルトコンテンツは絶対にNGです。アドセンスポリシーの中では最も厳しい監視がされていると言われている項目で、例え意図的に行っていないとしても認められていません。

 

例えば、自分はこれぐらい大丈夫だろうと考えていても基準を決めるのはGoogle側なので露出が多い画像や動画の使用は絶対に避ける様にして下さい。普段の生活で何気に見るアイドルやグラビアの胸元やヘソ出し、水着、ミニスカートのコンテンツなども避ける様にして下さい。

 

男性の上半身裸や水着、それらを連想させる文言(エッチやバスト、カップ)などの使い回しも避けた方がいいでしょう。

 

サイト運営者側は、一体どこまでがNGでどこまでがOKなのか?と言う事が抽象的で解らないと言う声が多いようですが、僕はNGな基準として、「子供に見せても問題がない」と言う基準で判断していました。

 

つまり家族全員でお茶の間で見ていても問題がない様なコンテンツであればOKだろうと言う判断基準にしていましたので、どこまでがNGなのか解らないと言う方はこの基準で対応してみて下さい。


著作権侵害のコンテンツは絶対にNG


著作権を侵害しているコンテンツの中に広告を設置することは絶対にNGです。例えば、著作権を侵害している画像や動画を自分のブログに設置してその中にアドセンス広告を設置すると言う事は厳しく規制されています。

 

その他にも他サイトから記事の内容を完コピしたり、過剰なリライト(自分の言葉で書き直す事)はコピーコンテンツとして認識され手動ペナルティーの対象になり、悪質であれば一発でアカウント剥奪と言う事もありますので、出来るだけ著作権フリーの画像や公式動画を使用する様にして下さい。


自己クリックは絶対にNG


自分で広告をクリックしたり、他人にクリックをお願いする事も絶対にNGです。ちなみに友達とかにクリックをお願いしても必ずGoogleにバレます。そこまでGoogleのアルゴリズムは凄いと言う事です。

自分のブログに広告が設置されると、本当に正常に動いているのかとクリックしたくなりますがこれも絶対にやってはいけません。

 

クリックを誘導する様な文言もNGで、「クリックお願いします」や「ポチッとお願いします」などの事は絶対にNGです。他にも「アドセンス狩り」と言うものがあり他人である第三者が不正にクリックをしまくると言う嫌がらせもありますので、注意が必要です。

 

⇒アドセンス狩りを回避!広告表示を自分の許可サイトのみに表示する方法を解説


広告表示が明確でない場合はNG


アドセンス広告の上には絶対に広告の表示をする必要があり、これをしていないとペナルティーの対象になります。とは言え自分で勝手に表示していいのものではなく、ちゃんとアドセンスには次の様な表示をするように義務化されています。

  • スポンサードリンク
  • スポンサーリンク
  • Sponsored Link
  • 広告

この4つの文言以外は使用してはいけません。


広告でコンテンツが押し下げられて見えないサイトレイアウトはNG


アドセンス広告で、ファーストビューでのブログのコンテンツが押し下げられていて全く見えないサイトレイアウトはNGとされています。

 

どう言うことかと言いますと、ファーストビューつまりブログを開いた時にスクロールしない最初の画面にアドセンス広告が画面いっぱいに占領されていてコンテンツが広告によって押し下げられているレイアウトはポリシー違反になります。要は、コンテンツをしっかりとユーザーに見せなさいと言う事です。

 

この様に、ユーザーがブログに訪問してきた時に下にスクロールしないとコンテンツが見えない位置にアドセンス広告を設置する事は禁止されていますので、しっかりと理解しておく必要があります。


 サイドバーなどの追尾ゾーンに広告を配置するのは絶対にNG


ワードプレスなどのテンプレート(simplicity)などはサイドバーに追尾エリアと言う機能がありそこのエリアにアドセンス広告を設置する事は絶対にNGです。アドセンス以外の広告でしたらOKの物もあるのですが、アドセンス広告は絶対に禁止されています。

 

追尾エリアと言うのは、画面を下にスクロールしても永遠とついて来るコンテンツの事で個人的は目ざわりでうっとうしいです(笑)


アドセンスポリシーに違反しているコンテンツへの発リンクや内部リンクもNG


例えば、アダルトサイトや著作権侵害コンテンツへの発リンク(リンクを飛ばす事)内部リンク(自分のサイト間でリンクを飛ばす事)もNGです。これは、自分では気付かない内に違反しているケースがほとんどなので外部に発リンクする時や、自分のコンテンツを内部リンクでつなぐ時などはもう一度確認して適切なコンテンツなのか注意が必要ですね。


最後に


⇒細かい内容はこちらを参考にして下さい。

この様に、アドセンス広告はかなり規制が厳しい事で有名ですが規約をしっかりと守っていれば、収益性が非常に高い広告なのでちゃんとメリットもあります。なので、ユーザー目線に立ったサイト運営を行いしっかりと規約を守り健全な運営を確立していけば運営者側も収益に直結しますので、この様な規約はしっかりと理解して守っていきたいですね。

 

今ならネットビジネス初心者さんが稼げる様になるまでのルートを示したパスポートを完全無料でメルマガ読者さん限定で絶賛プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です