トレンドアフィリエイトは飽和して稼げない?パレートの法則でライバル不在を理解しよう!

どうも。izuruです。

 

今回は、トレンドアフィリエイトは飽和して稼げないと言う事を僕はよく耳にするんですが、果たして本当に稼げないのかと言うテーマについて見て行きたいと思います。

 

トレンドアフィリエイトが業界的に流行り出したのがここ6~7年の間で初心者でも稼げる手法として多くの実践者の方が取り組んで来ました。、一時期はGoogleのアップデートなどによってサイトやブログが検索結果の圏外に飛ばされたり、キーワードの乱用などによってペナルティーの対象になったりと稼いでいたサイト運営者がこの様なGoogleの厳しい措置によってアドセンス広告の配信が止められ、収益を全く生み出せない事例も起こりました。

 

そんなこともあり、最近のトレンドアフィリエイト実践者の多くのサイトやブログを拝見してもこの様なペナルティーのリスクを回避する最低限の知識を得ている方が多くなって来ており、昔の様な「何でも間でもキーワードを盛り込む」事や「明らかなキーワードだけを狙ったタイトル付け」と言うのは少なくなって来ていると思います。

 

これによって、再びまた注目されはじめて来ており本業以外から収入を得れる手段としてトレンドアフィリエイト実践者もここ近年増え続ける傾向があり、それに従いライバルの数も増えて稼ぐ事が難しくなるのではないかと言う声も多いようです。

 

なので今回はトレンドアフィリエイトの今後の動向や本当にライバルが多すぎて飽和して稼げないのか?と言う事について見解していきたいと思います。

パレートの法則を理解する事によってライバルはほとんどいない


パレートの法則とは、マーケティングやビジネスの間でもよく使われる考え方で「8:2の法則」「80:20の法則」とも言われています。元々は1897年にイタリアの経済学者ヴィルフレド・パレート氏が生み出した哲学であり、全体の2割が残りの8割の数値を導き出していると言う法則です。

要は、これをビジネス論で置き換えた時に売り上げの8割は売れている2割の商品から成り立っていると言う事です。他にも売り上げの8割は2割の固定客から成り立っていると言う事であり、全ての出来事は「8:2」と言う法則から導き出されているんですね。

 

例えば、これをトレンドアフィリエイトの様なネットビジネスで例えたらどうでしょうか?少数派の2割が残りの大多数の8割を占めると言うのがパレートの法則ですから、あなたのブログ記事の2割が収益全体の8割を占めていると言うことになります。

 

つまり、本当に収益を出している記事なんて言うのは実際のところ2割ぐらいしかないと言う事で考え方を少し柔軟にするだけでライバルが多いから稼げないと言うのは全くのデタラメと僕は解釈しています。

 

結論から言えば、パレートの法則のしっかりと理解すればライバルなんてそもそもほとんどいないと言う事が当たり前の様に導き出されます。例えば、トレンドアフィリエイト実践者が100人いたとします。ここでパレートの法則で例えると稼げない人達が80人で稼げる人達が20人と言う事になり、この20人の中に入らないと稼げる要にはなりませんからまずこの20人の中に入ると言う事です。

 

残りの80人と言うのは、そもそも「適当に作業をこなしている人」「ちょっと副業で稼げたらいいな」的なマインドで実践している人たちなので、この様な人たちの中にいては幾らどれだけ作業をしても稼げないと言う事になります。

 

なので稼げる様になるには大多数派がやっている事ではなく少数派がやっている事をしなければなりません。

 

つまり、このパレートの法則を知れば100人いたはずのライバルがたった20人しか本当はいないと言う事がわかります。このように稼げる要になるにはどこを目指せばいいのか?と言う事が理解出来ると思います。


トレンドアフィリエイトは本当に飽和しているのか?


よく、多くのトレンドアフィリエイト実践者や経験者の方が「もうトレンドは飽和してる」「ライバルが多すぎて稼げない」「今更トレンド?」と言う事をよく言われますが、これは僕から言わせてもらえれば全くもって間違いです。

 

何を根拠にこの様な事を言っているのかは分かりませんが、結論から言えばトレンドアフィリエイトが飽和すると言う事事態あり得ない事何ですね。

その根拠を今からお話していきたいと思います。確かに参入障壁が低いので多くの方が参入してきて実践をされますが、そのほとんどは途中でドロップアウトしてやめて行きます。つまり実践者も多いが挫折者もその分だけ要ると言う事です。

 

ネットビジネスは95%が月収5000円すら稼げないと言うデータがありますがそのほとんどはスキルやノウハウと言う事ではなく、「諦める」と言うマインド的な部分でやめていく人がほとんどなんです。

 

なので、気がついたらほとんどやめられている人達が大半なのでライバルがいつの間にかいなくなっていたと言う事がまず大一点に挙げられます。次に実践して行きある程度稼げる様になればさらにライバルが減ると言う事です。

 

トレンドアフィリエイト事態も年々進化しており、ノウハウや教材なんかも古い物を使用して実践している方や独学でやっている方も多く存在します。

 

なので、早く結果を出している人はしっかりと今の時代にマッチするノウハウを学びライバルよりも一歩先に進み早期に渡って稼いでいますし、一度稼ぎ出せればその中から更にライバルは減ると言う事です。

 

次に、トレンドアフィリエイトはトレンドや話題になるネタを扱っていきますので基本的に飽和などあり得ないんですね。つまり、この先時代が「流行り」や「新しい物」「芸能」や「ニュース」などが生まれなければ飽和と言う事は起こるかもしれません。

 

しかし、この様な「トレンド」が今後無くなると言う事などあり得ない事ですよね?僕たちの普段の生活から「新しい商品」や「流行り物」「速報ニュース」や「芸能人の話題」と言うものは切っても切れない関係でありこの世の中からこれらのものが消えて無くなると言う事は物理的に考えてあり得ない事です。

 

従って、この様なネタを扱うトレンドアフィリエイトは常に新しい話題のネタをキャッチしてそれらをキーワードとして盛り込み記事にしていくビジネスですから、常に新しいネタが誕生してそれを追っかける以上飽和なんてあり得ないんですね。

 

検索結果にトレンドサイトが数多く存在しますが、それらを見てライバルが多いと言うのはこれも違った考え方です。ライバルが多く感じてしまうのは、ライバルと同じようなタイトルで同じような内容の記事を書いているからライバルが多いと感じてしまうのだと思います。

 

パレートの法則でもありましたが、人と違う事をしないと稼げないと言う事ですから検索結果に数多く並んでいる様な記事を書いてもダメと言う事です。

 

要は、「ライバル達が書いていない様な記事を書き、ユーザーに有益な情報を書く」と言う事を徹底して行けば必ずあなたはライバルより一歩抜け出す事が出来ます。つまり、検索結果に同じような記事ばかりが並んでユーザー目線に立っていない事をするのではなくユーザーが満足できて答えがすぐに出てくる様な記事にしないと行けないと言う事ですね。

 

稼げるコンテンツの本質はこの様な事をしっかりと理解すると言う事が基本になりますから、ライバルだらけで稼げないと言うのは全くの間違いですし根本的な事が理解出来れば本当のライバルなんてごく少数であると言う事です。

 

なので地道に継続して諦めなければ必ず稼げる様になりますので是非頑張っていきましょう!

 

今ならネットビジネス初心者さんが稼げる様になるまでのルートを示したパスポートを完全無料でメルマガ読者さん限定で絶賛プレゼント中!!

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です