アドセンス狩りを回避!広告表示を自分の許可サイトのみに表示する方法を解説

こんにちは。izuruです。

 

今回は、Googleアドセンスで収益を挙げている方にとっては避けて通れないとも言われているアドセンス狩りと言う事について見解していきたいと思います。

 

アドセンス狩りとは、広告収入などで多くのアクセスを集めて稼いでそうなサイトを見つけてはGoogleの規約(ポリシー)違反になるような事を第三者が嫌がらせの様に攻撃してくると言うものです。ではこのアドセンス狩りの基本知識と対処法を動画を使って解説していきたいと思います。

 

なぜ、この様な事をしてくるのかと言うと「稼いでいる=嫉妬や妬み」と言う事が人間の心理上起こり、悪意があることを前提にした過剰な不正クリックや規約違反になる場所にアドセンスコードを勝手に貼り付けてしまうと言う理不尽な行為が少数派ではありますが存在します。

 

なので、アドセンス運営を行っている方やこれからサイト運営などを行っていく方は必ず最初の設定時にこれらの不正から守るべき知識を最低限身に付けて置くことを強くおススメします。

その1クリック率が不自然であればすぐにGoogleに報告しましょう


まず、アドセンス狩りの対処法としましては広告を何回も連打するような不正クリックの回避と広告事態を自分の許可したサイト以外には転載させないと言う2つのパターンがあります。

 

不正クリックの回避ですが、これは残念ながら完全に対処することは極めて困難と言えます。なぜなら広告をクリックするのは検索ユーザーでありその中に少数派の不正クリックを行う様な人間が紛れている事を特定することは不可能に近い事です。

 

なので、結論から言えば不正クリックを完全に防止するには広告事態の配信をストップするしか方法がないと言っても過言ではありません。広告の配信を止めてしまうとアドセンス広告で収益を得ていた訳ですから、それ以降の収益は一切出なくなります。

 

従って、不正クリックの唯一の対処法が「クリック率が異常なほど上昇していれば、Googleに報告する」と言う事になります。つまりアドセンスのクリック率(CTR)は通常1%前後ですからアナリティクスなどのアクセス解析を普段からチェックしておき、異常なほどの数値(3~4%)などの数値が出ていたら第三者がアドセンス広告を不正にクリックしている可能性があります。なのでその様な時はすぐにGoogle側に報告して身の潔白を証明しましょう。

⇒不正クリック通報フォーム


その2アドセンス広告を自分の許可サイトのみに設定する


もう一つの対処法としてアドセンス広告を自分の許可サイトのみに設定できる機能がアドセンスには備わっています。アドセンス狩りを行う第三者はあなたの広告コードを不正に入手し勝手にコピーしてアドセンス規約違反になる場所に広告を転載する攻撃を仕掛けて来ます。

 

例えば、アダルトサイトや暴力的なコンテンツ、著作権を侵害しているコンテンツなどの規約違反になる様な場所にわざと広告を設置して、あなたのアドセンスアカウントを剥奪する狙いがあります。

なので、これらの攻撃から自分のサイト守る対処法としまして自分が許可したサイトのみに広告を設置出来る様にしておきましょう。

 

普段から気を付けるべきことはこの様な妬まれる事や嫉妬心から攻撃をしてくる第三者に対して、検索ユーザーから好かれるコンテンツや有益な情報を提供すると言う事をやはり僕たちは根底におかなければ行けないと言う事に尽きるのだと思いますね。

 

攻撃をされてからでは遅いので、必ず最初の段階でこの様な対策は行っておきましょう。

 

今ならネットビジネス初心者さんが稼げる様になるまでのルートを示したパスポートを完全無料でメルマガ読者さん限定で絶賛プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です