Fetch as Googleで自分の記事を検索エンジンに反映させる方法を解説

こんにちは。izuruです。

 

今回は、「GoogleSearchConsole」 の中の機能である「Fetch as Google」 を使っていち早く自分の書いた記事 を検索エンジン上に反映させる方法 を動画を使って解説していきたいと 思います。

「GoogleSearchConsole」をまだ 導入していない方はこちらから導入 しておいてください

Google search consoleの導入方法と解説【Simplicity編】

Fetch as Googleって何?


「GoogleSearchConsole」の中に ある機能の一つで、自分の書いた 記事は、書いてそのままほったら かしにしていても全くアクセスを 集めることが出来ません。要は、自分の書いた記事が「Goo gle」や「Yahoo」と言った検索エン ジン上に反映しなければ、せっかく 時間と労力を費やして書いた記事で も、存在しないのと同じなんですね。

 

なので、この「Fetch as Google」 を使えば自分の書いた記事を検索エ ンジン上にいち早くリクエストする 事ができ、多くのアクセスを集める 事が出来るのです。 そしてこの検索エンジン上に反 映させる作業のことを、   インデックスと言います。


インデックスさせるまでには数日かかることもある


基本的に検索エンジン上にインデ ックスさせるためには、クローラー と呼ばれるグーグルの監視ロボット が検索エンジン内で巡回しています。なので、「Fetch as Google」を 使いこのクローラーに自分の書い た記事をいち早く反映してもらえ るようにリクエストすると言う事 になります。

 

しかし、すぐにリクエストしても 中にはインデックスまでに2日~ 3日かかる事も珍しくなく、特に サイトやブログを構築した初期 段階と言うのはサイトパワーが 非常に弱いので、この様にイン デックスまでに数日かかる事も まれにあります。

 

このインデックススピードは、 サイトパワーによって分別され るものなので、一概に遅い早い の基準が確立されているもので はなく、あくまでクローラーが 判断しているものですから、その 真相はグーグルしか知り得ません。

 

なので、自分が数時間で反映される だろうと予測していても、実際には 数日かかったと言う事は僕も幾つか 経験していますので、その辺につい ての絶対と言うものはないので、 その辺は理解しておきましょう。


Fetch as Googleでリクエストできないときの対処法は?


まれにインデックスしても、エラー 表示が出る場合があります。  その時にこちらの表を参考にして 下さい。

完了 正常にリクエストが完了。
リダイレクトされました URLの入力間違えかサーバーのリダイレクト設定がされている。
一時期にアクセスできません クローラーのリクエストが集中している可能性がある。再度時間を置いてみよう。
見つかりませんでした サイトが見つからない。(404エラー)
エラー エラーでリクエスト事態ができなかった。再リクエストをかけよう。

 

今ならネットビジネス初心者さんが稼げる様になるまでのルートを示したパスポートを完全無料でメルマガ読者さん限定で絶賛プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です